笹生優花のゴルフ経歴が早熟で驚愕!規格外の身体能力を生んだ訓練法とは?

スポーツ
笹生優花

全米女子ゴルフオープンで優勝した笹生優花選手の注目度が急上昇しています。

父の影響で8歳から受けた英才教育は早熟で驚愕のゴルフ経歴をもたらしたことを記事にまとめます。

また、笹生優花選手の規格外の進退能力を生んだ訓練法とはどのようなものだったのかを調査しまとめます。

笹生優花のゴルフ経歴が早熟で驚愕!

笹生優花選手は日本人の父とフィリピン人の母をもつハーフのプロゴルファーです。

ゴルフ環境の都合もあり、に品とフィリピンを言ったり来たりの生活を送りましたが、高校はジュニアゴルファー育成のコースをもっている日本の代々木高校のアスリートゴルフコースに在学していました。

在学中の2019年11月にプロテスト合格。2020年3月の卒業後も、これまでに世界16カ国以上でプレーし、プロゴルファーとして優秀な成績を残しています。

実績も輝かしく、2014年タイアマチュアオープン3位(13歳)、2016年ワールドジュニア選手権優勝(15歳)、

「IMGアカデミー世界ジュニアゴルフ選手権」(2016年、女子15-17歳の部)2位タイ、(2017年、女子15-18歳の部)2位等の成績を残す

このようにアマチュア時代の実績もさることながら、プロの試合にも早くから参戦して実績を残している。

今回の全米女子ゴルフオープンの優勝はフィリピンと日本で「新ヒーロー」の誕生と大騒ぎになっています。

笹生優花n規格外の身体能力を生んだ訓練法とは?

8歳でゴルフを始めた時から下半身強化のため、ランニングやラウンド中は両足首に重りをつけて鍛えたそうです。

これは父親の正和さんがTBS系ドラマ「柔道一直線」(69~71年)で主演の桜木健一が鉄ゲタを履いていたことに影響を受けたものだといいます。

「柔道一直線」自体はいまの若い人はどんな番組だったか知る由もないが、その時代テレビに出ていた訓練法が今の時代にも生かされているのは驚異です。

強い下半身をベースにソフトで柔らかな筋肉をつくる目的で鍛錬を積み重ねた結果、300ヤード近くまで飛ばせる豪快なショットで「女ウッズ」の異名を持つまでに成長したのです。

笹生優花のゴルフ経歴と訓練法(まとめ)

19歳のプロゴルファー笹生優花選手の早熟なゴルフ経歴と、女ウッズとまで言われる驚異的な身体能力を生んだ訓練法をまとめました。

タイトルとURLをコピーしました