米倉涼子 沢口靖子に塩対応の真相!テレビ朝日で派閥抗争に発展?

エンタメ
米倉涼子

「ドクターX~外科医・大門未知子」(テレ朝系)で大門未知子に扮する米倉涼子がドラマ「科捜研の女」シリーズでお馴染みの沢口靖子を過剰にライバル視し、塩対応をとっているという。

そんな噂のさ中、局内で米倉涼子が沢口靖子を無視したという事件が起きたというニュースが飛び込んできた!

2人の対立は「視聴率女王」を巡る争いが背景にあり、テレビ朝日を巻き込んだ派閥抗争に発展しているという。

そちらも真相はどうなのか調査してみた。

米倉涼子 沢口靖子に塩対応の真相!

米倉涼子が沢口靖子にライバル心?

10月からスタートする「ドクターX」に臨み、米倉涼子が半端なく気合が入っているという。

その米倉が絶対に口にはしないものの密かにライバル視しているのがドラマ「科捜研の女」シリーズでお馴染みの沢口靖子だという。

かつ「科捜研」に圧勝していた視聴率がが今は逆の立場で、『科捜研の女』のスピンオフ映画『科捜研の女~劇場版~』(9月3日公開)が予想を上回る大ヒットを記録し、テレ朝局内でも最も数字を稼ぐ立場となっているからだ。

米倉はバラエティーでもドラマでも何かと理由をつけては沢口との共演を避けていると噂される。

世間のみならず、テレ朝局内でも『科捜研―』一色に染まる状況に苛立ちを隠せない様子であるという。

局内でのすれ違い:米倉涼子が沢口靖子を無視?

そんなさ中、伝えられた事件がこちらである。

「番宣のためにテレ朝を訪れた沢口が局内の廊下で米倉とすれ違った際、会釈をしたにもかかわらず、米倉に知らんぷりをされたというんです。本来なら10歳年下の米倉が先にあいさつをすべきなんです。沢口は口を開けて驚いていたそうです。この一件を聞き及んだ局内の沢口派が騒ぎ出したんです」(関係者)

引用元:niftyニュース

ただ、これが真相だとすると、確かに米倉は年上の先輩女優である沢口を無視したということになるのだが、この話には続きがある。

「廊下ですれ違ってトラブルになった、なんて話は聞いていない。仮に、出会ったとしても米倉は近眼で普段は眼鏡を掛けています。ドラマ前はコンタクトにするため、ギリギリまで裸眼でいるそうです。本当に気付かなかったのでは…と庇っています。いずれにせよ、沢口も米倉もお互い、いい印象を持っていないようです」(ドラマ関係者)

引用元:niftyニュース

局内の米倉派がフェイクニュースだと否定し、出てきたのが上記の話fである。

ただ、米倉と沢口の2人のピリピリモードが原因で、局内の出演者や制作会社を巻き込むバトルに発展する可能性があるという。

米倉涼子と沢口靖子のライバル関係がテレビ朝日で派閥抗争に発展?

米倉派と沢口派の派閥のバトルはもう始まっている!

局内のすれ違い事件は「沢口派」のスタッフが騒ぎ出したところから起きている。

対する「米倉は」のスタッフは「聞いてない」と応戦し、局内の派閥のバトルはもう始まっているとも言われる。

『科捜研―』には内藤剛志、金田明夫、佐々木蔵之介、若村麻由美、風間トオル、西田健、斉藤暁といった沢口ファミリーがチームとなり、東映のバックアップの下、ドラマを支えている。

沢口に何か起これば出演者や東映サイドが黙っていない。

しかも、東映はドラマ『相棒』も製作している。『科捜研―』とは縁戚関係にある。

チーム力では沢口派が上か?

対する『ドクターX』の陣容はどうか?

制作会社は数多くのヒットドラマを制作するザ・ワークスだ。

キャスティング力は抜群である。内田有紀や遠藤憲一、勝村政信、鈴木浩介、西田敏行、泉ピン子といった俳優陣を揃えている。今回、大門未知子の敵役として野村萬斎を抜擢し、話題になったばかりである。

もっとも、チーム力=絆という意味においては20年以上ドラマが続いている「科捜研」に軍配があがる。

いずれにしても、これから先、今回の「局内すれ違い事件」のようなささいなきっかけで大きなバトルに発展する危険性を秘めていると言える。

米倉涼子 沢口靖子に塩対応の真相!テレビ朝日で派閥抗争に発展? (まとめ)

「視聴率女王」を巡るライバル関係からか、米倉涼子の沢口靖子に対する塩対応(共演しない、避ける)が最近噂されていた。

局内のすれ違い事件で「米倉が沢口にあいさつしなかった」という1件がきっかけとなって、テレ朝局内で米倉派と沢口派のバトルに発展しかねない。

タイトルとURLをコピーしました