May Jが嫌われる本当の理由が衝撃!消えた理由も現在の劣化もルーツは同じ?

エンタメ
May J

May Jさんがデビュー15周年を迎え4か月連続でデジタルシングルをリリースする。

映画「アナと雪の女王」主題歌から7年たち、歌唱力には定評があるのに、ずっと耐えることなく誹謗中傷・バッシングを受けたり、あからさまに「嫌い」と言われたりする事情は変わっていない。

May Jさんが嫌われる本当の理由を調べてみたら、衝撃の事実が分かった。

表舞台から消えた理由も劣化したといわれる現在の状況もルーツは同じだったのか、探索しtrみた。

May Jが嫌われる本当の理由が衝撃!

歌手・May J.が嫌われる『本当の理由』がコチラ・・・・

「May J.は歌唱力はあるのに、心がこもってないように聞こえちゃいます」

「上手いとは思う。でも、カリスマ性はないよね。下手でも、もう一度聞きたいって歌手はいるのに」

「歌は上手いと思うけど、その前に『私、歌上手いのよ。伝わるでしょ?』感が強すぎてなんか無理」

「歌手と言うより、カラオケ名人のイメージが強くて。あと華が無いのが最大の欠点」

「歌が上手い素人さんって感じ。全然歌が心に響いてこない」

引用元:厳選記事まとめ

質問にダイレクトに答えるサイトがあったので、答えを引用してみた。

May Jが嫌われる本当の理由が5行ほど書かれているが、本質は1つしかない。

それは、彼女の「歌がうまい」ということがプラス志向で好感をもたれていない、ということに尽きる。

つまり、歌えば歌うほど、反感をもたれたり、アンチの攻撃を受けて炎上する可能性を持っているということ。

それが何故かは正確に説明するのは難しく、「好き嫌い」はほとんど生理的反応の場合も多いからだ。

ただ、次章でもう少し具体的に「嫌われる理由」と「消えた理由」をみていく。

May Jが消えた理由も現在の劣化もルーツは同じ?

May Jが嫌われる理由を深掘り!

May Jが嫌われる理由をネット上のコメント等で見ていくと、いくつかに集約できます。

1つ目が、「大ヒット映画の主題歌を歌ったことでヒットした」ことの過大評価

自分では意識がないかもしれないが、アンチから見ると「大スター気取り」と「自分はうまいでしょう感」が鼻につくということ。

2つ目が「歌い方」に対する反感。

上手に歌えば歌うほどうまさが好感を持って受け止められず、「自惚れ」ばかりが鼻につくという結果になっている。

3つ目が「帰国子女」然とした発言や態度に対する拒否反応

音楽教育については相当幅広いジャンルで教育を受けて、歌唱力も抜群、外国育ちで語学も抜群、といった普通メリットになり、本人のアピールポイントになる長所が、アンチから見れば、嫌悪感を増幅させるマイナス要因となっている不幸な面がある。

May Jが消えた理由も現在の劣化もルーツは同じ?

May Jさんがテレビの露出もなくてほとんど見ることもなく「消えた」状態になっているのも原因(理由)がいくつかにまとめることができる。

1つ目が、「歌うま」で終わってしまって、オリジナルの代表曲で名前が残ったことがない。

「アナ雪」の人気に乗っただけで本人の人気・実力ではないと思われていること。

2つ目がコメントへのバッシング・炎上

2014年の年末「NHK紅白歌合戦」について「スケジュールは今から空けています。手帳には”仮”で紅白と書いています」というコメントに本来のアンチばかりでなく、相当幅広い芸能関係のファン層から反感を買ってしまった。

それ以外にもあるかもしれないが、「アナと雪の女王」から7年を経ても、称賛の声がり、擁護する人も一定数いる反面、アンチも一定数いて全然減っていない、という厳しい現実がある。

May JについてのTwitterの投稿から

May Jが嫌われる本当の理由/消えた理由(まとめ)

May Jは歌唱力抜群で歌はうまいのに一定数のアンチが存在し、しかも数年間事情が変わっていない。

May Jが嫌われる本当の理由と消えた理由を深掘りしてみて、現在の劣化を生み出しているルーツは同じであることをまとめた。

タイトルとURLをコピーしました