陽岱鋼 退団後の現在 日ハムが移籍有力候補か?獲得に動く意外な球団がいた!

スポーツ
陽岱鋼

11月中に一度は巨人が自由契約にする意向だった陽岱鋼が新たなステージに挑戦するという本人の希望で巨人を退団することになった。

退団後の現在、陽岱鋼の移籍先は古巣の日本ハムが有力候補とされているが、入団の可能性はどの程度か調べてみた。

また、日本ハム以外にも獲得に動く意外な球団があるというが、それはどこの球団かを探ってみた。

陽岱鋼 退団後の現在 日ハムが移籍有力候補か?

陽岱鋼は小学生のときからナショナルチームに所属した台湾のスーパースターだ。

今年まで所属した巨人でも5年契約の最終年にあたるが、満足した成績を残した年はなく、台湾メディアも来季以降の見方は悲観的だという。

陽岱鋼はメジャーリーグも視野において移籍先を探しているとみられるが、ケガが多く、現在満足に走れる状態ではない。したがって、セールスポイントの「守り」でアピールすることもできない。

また、巨人の2軍でも結果を残せず、一時3軍降格まで体験した打撃でも残念ながら見どころはない。

そんな状態の陽岱鋼はメジャーが獲得に動くとは考えにくく、同一リーグのセリーグでも外野手というポジションで必要とするチームはなさそうだ。

もし、獲得に動くとすれば陽岱鋼のことをよく知る古巣・日本ハムだという。

日ハムはクリーンアップの役割を果たすべき中田翔や大田泰示が絶不調のため、若手を起用しているが、リーグ最下位と低迷している。

若手と競合させて、外野というポジションでも抜擢の可能性がある球団として、日本ハムが第一の候補に上がっている。

ケガさえ良くなれば日本ハムが強かった時代にレギュラーで走攻守三拍子揃った活躍を見せた陽岱鋼は、日本ハムが再度目を向けてもおかしくない。

陽岱鋼獲得に動く意外な球団はここ!

ニッポンハムが陽岱鋼の移籍先の候補として注目されているが、意外な球団が獲得に動く可能性があるという。

それは、ソフトバンクである。

ソフトバンクは毎年優勝を狙う常勝チームの位置づけでありながら、今季は8年ぶりにBクラスと低迷した。

13年の首位打者・長谷川勇也の引退などで、補強ポイントの一つの外野手としてターゲットになり得る。

ケガから回復すれば再生させられると首脳陣が考えれば、獲得に動くかもしれない。

また、プロ入りの頃にさかのぼれば、福岡第一高校出身だった陽岱鋼はソフトバンクを意中の球団としていた。

つまり、相思相愛の仲であり得るし、ホークスには兄の陽耀勳も過去に在籍していて、パイプもある。

陽岱鋼 退団後の現在 日ハムが移籍有力候補か?獲得に動く意外な球団 (まとめ)

新たなステージを求めて巨人を退団した陽岱鋼の移籍先が注目されている。

退団後の現在、日本ハが移籍先の有力候補と見られているが、意外な球団が獲得に動く可能性があり、その球団はソフトバンクと見られる。

タイトルとURLをコピーしました