うる星やつら アニメ化 声優は誰?絵柄・ストーリーはどうなるか調査!

テレビ
うる星やつら

『週刊少年サンデー』(小学館)連載の漫画『うる星やつら』が2022年に再びTVアニメ化されることが決定しました。

テレビアニメ放送は1986年3月以来、36年ぶりとなり、主人公・諸星あたる役を神谷浩史、ヒロイン・ラム役を上坂すみれが務めるなど、スタッフ情報も明らかにされています。

現在の関心事となっている声優が誰になるか、絵柄・ストーリーはどうなるかという点を調査してみた。

うる星やつら アニメ化 声優は誰?

今回のテレビアニメ化について、原作者の高橋留美子氏は「あけましておめでとうございます。寅年に『うる星やつら』を再びアニメ化していただくことになりました。40年前の『うる星やつら』も古川登志夫さん、平野文さん始め、最高の声優さんたちに演じていただき恵まれた作品でした。今回も、あたるの神谷浩史さん、ラムの上坂すみれさん、そして他のキャラ全員、主役級の声優さんたちで、豪華さに驚いています」と驚き。※約40年前、古川が諸星役、平野がラム役を担当。

引用元:ヤフーニュース

かつての声優も年数が経っていまは亡くなった人も引退した人もいるため、総体的な声優スタッフがどうなるかについてはこれからの大きな関心事になっています。

一期の平野史さんと古川登志夫の声でラムやあたるのイメージが定着している主人公の声優がいまの時代になじむには少し時間がかかるかも知れません。

うる星やつら 絵柄・ストーリーはどうなる?

高橋留美子作品は継続してアニメ化されてるし、原作の絵柄も変わらないのでキャラデザはこのままでよさそうです。

絵柄に関しては、いまのラムちゃんの絵柄が綺麗で満足が得られるものになると思われます。

今回のアニメは漫画を元ネタにするのか、それとも前回のアニメ版を元ネタにするのか、はたまた、全く新しいストーリーにするのか、昭和の作品のリメイクが令和の時代に合うのかが大きな課題になります。

地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラムのラブコメディーで、シナリオ自体は令和の時代の人が見ても面白く、元ネタとストーリーの関係をどうするかに関心が集まります。

高橋留美子作品は継続してアニメ化されてるし、原作の絵柄も変わらないのでキャラデザはこのままでよさそうです。

うる星やつら アニメ化 声優・絵柄・ストーリーはどうなる?(まとめ)

漫画『うる星やつら』のTVアニメ化が決定したことで、関心が集まっている声優・絵柄・ストーリーについて調べてみました。

タイトルとURLをコピーしました