オンラインツアー 口コミで分かる多様な楽しみ方!在宅で90分!

暮らし・グルメ
オンラインツアー

コロナ渦で緊急事態宣言が延長され、旅行という従来型の楽しみが大きな制約を受けています。

不要不急の外出自粛が社会常識化してから1年に及びますね。

この間に旅行業界も生き残りをかけて開発してきたノウハウとアイデアの結集の成果がオンラインツアーです。

ただ、オンラインツアーと言葉で聞いただけでは良く分からなくても、実際に参加した人の口コミから内容を具体的に知ることができます。

ここでは、オンラインツアーというものが在宅で観光地のDVDや動画を見たりするのとどう違うかを参加者の口コミも交えながら分かりやすく解説します。

費用も安く2500円~3000円が中心で、在宅のまま90分あれば体験できてしまうオンラインツアーのメリットにもふれてみました。

オンラインツアーとは(在宅で90分)

オンラインツアーはどういうものか

従来パック旅行(パッケージツアー)を企画・販売してきた大手旅行会社のほとんど全てが、海外旅行の企画や商品づくりを止めています。

旅行業界最大手のJTBやHIS,クラブツーリズム、阪急交通社などの大手旅行会社は、この1年、在宅のまま参加できる旅行づくりのノウハウを磨いてきたのです。

在宅のまま参加する旅行とは、オンラインを使ったバーチャル旅行体験です。

多くの場合、ZOOMと呼ばれるインターネットを使ったコミュニケーションツールで、ZOOMを使えば異なる場所に在宅した人が何人いても同じ時間に同じ説明を聞いたり動画を見たりするだけでなく、質問したり対話したりもできるわけです。

ZOOMは企業間のミーティングやスクールの授業にも使われているツールです。

では、初心者には難しいかというと、そんなことはないように各社とも工夫していて、ZOOMのダウンロードの仕方から、当日の集合時間の参加の仕方まで至れり尽くせり解説し、参加中もアイコンをタップするだけでツアー参加中面倒なことは何もないよう工夫しています。

ガイドや案内人、講師の役割をする人が大抵ついてツアー中分かりやすく説明しますし、必要があればガイドに質問したり、参加者同士で話をすることも可能になっています。

自宅に居ながら、実際のツアーに行った時と同じように動画で案内される場面や景観が気に入ったら、自由に写真をとったり、保存したりできます。

オンラインツアーをもっと具体的に知る

ネット環境があれば、いつでも見られる動画サイトがあります。YouTubeがその最たるものです。

また、DVDで動画を視聴しても、本物と同じ画像を楽しみ、ヴァーチャルであってもそこそこ臨場感を感じることはできるでしょう。

それでは、オンラインツアーとそれらの動画サイトとは何が違うのでしょう。

いちばん大きな違いはオンラインツアーが主催者と視聴者で双方向のコミュニケーションがもてることです。一方通行にならない点が違うことになります。

インターネットを通じてではあっても、聞きたいことをを質問したり、現地の人との会話やコミュニケーションまでもてる点が大きく違います。

従来の旅行でもなかなか実現させられなかった企画がたてられています。

例えば、イタリアのローマ観光に従来型のバスツアーで行くとします。大型バスであれば市内の厳しい乗り入れ規制や渋滞による時間のロスなどを考慮に入れながら運営しますので、4~5時間かけても見学できる範囲は限られてきます。

しかし、オンラインツアーでは、広場の脇の細道を入ったブティックやカフェにこれから行きますと言えば、瞬時にその場面を訪れることができます。

それだけでなく、ブティックやカフェの店主と会話を交わしたりすることも可能です。

実際の海外旅行では少なく見積もっても10日はかかる「世界一周オンライン体験ツアー(HIS)」では、わずか在宅で90分に凝縮して体験できたりするわけです。

従来型の旅行では時間その他の制約からなかなか実施が難しかった「裏道」や「ふだんは入場が難しい場所」の見学が、短時間で効率良くできたりします。

ありきたりの観光や有名な観光地巡りだけでなく、あまり知られていないおすすめの場所を現地ガイドと共に回ることもできますし、見学するだけでなく珍しい体験ができる企画も続々生まれています。

例えば、ワイナリーの「ソムリエ親子が案内するカリフォルニアワインセミナー」という企画であれば、オンラインでも実際のアメリカのワイナリーツアーに行ったのと同質の情報が得られ、オンラインで質問もできることで臨場感も得られます。

口コミで分かるオンラインツアーの多様な楽しみ方

オンラインツアー参加者

このように、アメリカのクラフトビールの歴史と現在を学ぶツアーなどは、単なる物見遊山や見学だけに飽き足らない人の知的好奇心を満たす効果もあります。

旅行にエンタメ性だけでなく何か学びがあることを重視する人もこれから増えてくることでしょう。

これからのオンラインツアーとはどうなるか

オンラインツアーとは、インターネットにつながる環境があれば(パソコンやスマホを持っていれば)、いつでも在宅のまま楽しめるヴァーチャルトリップ(疑似旅行)なのです。

特に国内旅行では海外旅行よりもきめ細かい企画・手配が可能で珍しい旅行商品が続々出てくるでしょう。

オンライン上の旅先の名産品やモノづくりの道具が家に届いて、ツアー当日はそれを使って主催者と参加者が交流したりする「体験型」のツアーが出ています。

家に届いた地域の食材を使って、美味しい調理の仕方を教えてもらいながら食事を準備し、最後は参加者全員でそれを「いただきます!」というオンラインの体験とオフラインの飲食がワンセットになったツアーも出てきています。

各旅行会社のオンラインツアーを検索するときも、目的地や国別、都市名、出発日といった従来型の検索だけでなく、「目的から探す」ような項目がありますので、クリックしてみれば、工夫をこらした楽しそうで自分に合った企画が必ず見つかることでしょう。

音楽鑑賞・コンサート、スポーツ観戦、トレッキング・自然体験など目を見張る企画があります。

オンラインツアーの内容と多様な楽しみ方(在宅で90分)・オンラインツアーの口コミ(まとめ)

オンラインツアーとはいかなるものか、従来型の旅行とどう違うかにまずふれた。

それから、実際のオンラインツアー参加者の口コミから具体的に体験できる内容や雰囲気をかくにんし、これからのオンラインツアーがどういうものになるかについてもふれた。

タイトルとURLをコピーしました