東京電力 節電チャレンジのやり方は?ポイントがつかないという疑問解消!

暮らし・グルメ
東京電力節電チャレンジ

節電すればポイントがつくという画期的な国の省エネ・節電プログラムに関心を持つ人が増えてきている。

東京電力も節電チャレンジというプログラムを打ち出しており、その内容とやり方をまとめた。

また、やってみたけど、ポイントがつかないというぎもんが解消されるよう、情報をまとめてみた。

東京電力 節電チャレンジのやり方は?

TEPCO(東京電力エナジーパートナー)の公式ページに節電チャレンジに関する情報が掲載されている。

「節電チャレンジ2022」は消費者の節電行動に応じたポイントが付与されるシステムである。

実施機関は2023年3月31日までとなっている。

まず、エントリーでもらえる節電ポイントが2000ポイントあって、2022年12月31日までに申し込むと付与される。

また、対象の時間帯に節電するともらえるポイントがある。具体的には1kWh節電すると5節電ポイント以上プレゼントされるもの。

2022年7月1日(金)~2023年3月31日(金)が実施機関となっている。

さらに月々の電気使用量を節電するとそれに応じてもらえるポイントがある。

具体的には昨年よりも電気使用量を抑えるともらえるポイントであり、前年同月と比べて3%以上節電すると40ポイント以上付与されるもの。

2022年12月~2023年3月が実施機関となっている。

東京電力 節電チャレンジでポイントがつかないという疑問解消!

消費者の中には12月上旬に登録したものの、一向に2000ポイントが付与されないという疑問を持つ人がいる。

しかし、エントリーによってポイントがつくのは翌月につくもので、余裕のある時期は削減の依頼がありません。

「今週は節電チャレンジはありませんでした」のメールが来ることで節電の依頼がないことが分かる。

月の使用量kwhが前年同月比3%以上節電すると40ポイントつくという節電プログラムでは、12月・1月・2月・3月の4か月が対象期間となっている。

これでポイントが付与されるのは来年6月でそれまでのポイントはメールによるお知らせとなる。

 

まとめ

東京電力の節電チャレンジの内容とやり方についてまとめた。

また、ポイントがつかないという消費者の疑問に答える情報をまとめてみた。

タイトルとURLをコピーしました