阪神 佐藤輝明 三塁守備に高評価!打撃は既に三番スタメンの実力?

スポーツ
阪神 佐藤輝明

阪神タイガースのドラフト1位佐藤輝明選手の評価が日増しに上がっている。

昨年セリーグ2位で巨人を追う立場のチームにとって新戦力として機能しそうな期待は膨らむ一方だ。

佐藤輝明選手の魅力は何といっても打撃だが、守備面でも三塁を守る適性を指摘する評論家・関係者は多い。

近況として、三塁守備の高評価とスタメン三番が面白いとするOBの考え方にふれながら記事をまとめてみた。

阪神 佐藤輝明 三塁守備に高評価!

佐藤輝明のプロフィール

佐藤輝明は2020年のドラフト会議でソフトバンク、オリックス、巨人、阪神の4球団の競合の末阪神に入団した逸材である。

左の長距離砲として本塁打も期待できるパワフルな打撃が持ち味の選手でメディアからは「糸井2世」の呼び声が高い。

しかし、今年のキャンプ・練習試合でみせた三塁の守備面の評価の高まりも非常に楽しみである。

本名:佐藤輝明

出身地:兵庫県西宮市

生年月日:1999年3月13日(21歳)

身長・体重:187㎝ 94㎏

投球・打席:右投左打

ポジション:三塁手 外野手

出身校:仁川学院高等学校 近畿大学

プロ入り:2020年ドラフト1位 推定年俸1600万円(2021年)

阪神 佐藤輝明の三塁守備の高評価

佐藤輝明選手は高校・大学でも三塁とともに外野を守っていた。

プロ入りしてから今年の初キャンプ・練習試合でも状況に応じて三塁を守ったり外野を守ったりする併用が目立ち、球団としては可能性をいろいろ試す主旨があるようだ。

しかし、2月27日の中日との練習試合を終えた時点で、野球評論家の権藤博さんは佐藤選手の三塁の適性を確信し、三塁に固定すべきことを強く主張する。

前の試合では左翼で使ったが、佐藤輝は三塁で固定すべきですよ。20年に1人の逸材。ここまでの実戦でも、それだけの力は見せてきた。大学でも三塁を守ってきたし、外野をやらせる必要はない。いろいろと試すというのは、能力の分からない選手に対してやること。4回の平田のゴロも藤浪が果敢に前に出てきたが、佐藤輝が積極的に声を出して、さばいた。遊撃、二塁はクールに全体を見渡すが、三塁というポジションは長嶋さん、掛布のようにチーム全体を盛り上げる係。佐藤輝にはそうなれる雰囲気がプンプンと漂っている。大山は一塁や外野など他のポジションもこなせる。これだけの能力がある新人をつぶすわけにはいかない。監督は決断しなければならない。それだけの権限を与えられているわけですから。

引用元 日刊スポーツ

確かに昔から三塁はホットコーナーと呼ばれ、強くて難しい打球の処理を要求されるポジションで、そのチームの看板であり花形の選手がつとめてきた。

打球に飛びついたり派手なアクションで華麗に処理するかつての巨人長嶋が代表的な存在だった。

佐藤選手を20年に1人の逸材t認めたからこその権藤さんの評価だと考えられる。

また、練習試合全てをトータルして考えても、外野手としてよりも三塁手として出場した時のほうが好成績というデータも出ている。

阪神 佐藤輝明の打撃は既に三番スタメンの実力?

阪神 佐藤輝明の練習試合で見せた潜在能力と実績

やはり、看板通りの規格外のパワーは本物だった。それと多くの関係者が指摘するのは新人離れした風格である。

平凡だと思えた打球が外野手の頭上を越えたり、しかもそれが逆方向のレフト方面にも伸びるというところを存分にみせてくれている。

2月28日のヤクルトとの練習試合では、ヤクルト先発木沢尚文投手とのドラフト1位対決だったが、やはりふらふらと上がったかと思ったらレフト方向へぐんぐん伸びてフェンス手前まで達する打球を放った。

本塁打については、かつての田淵幸一選手のように対空時間の長い本塁打が打てる。しかも佐藤の場合それがレフト方向にも伸びるという特徴がある。

左投手に14打数4安打で2割8分6厘と左腕を苦にしないというデータも残した。

阪神 佐藤輝明の打撃は既に三番スタメンの実力?

野球評論家の権藤博さんは三塁で固定化することを強く推奨しているが、試合では三番サードで使うことを強く推しているのが元阪神監督の岡田彰布さんだ。

佐藤輝明選手が既にプロの体つきになっており、特に下半身の大きさがいいと指摘している。

まだ気になる点はあるが、絶対にいじることなく長所を伸ばすやり方で三番で起用する価値があると言っているのだ。

守備についても、外野手のときのスローイングよりも三塁のほうがずっといいという。

三塁で大山と競わせるだけの実力を備えているとみている。だから、三番サードで固定化が良いという。

佐藤選手を指導した「守備の職人」川相昌弘氏も三塁の守備が実践向きでセンスが良いと高く評価している。

いずれにしても、これから3月末の開幕までのオープン戦でどのような活躍を見せるか楽しみで目が離せなくなってきた。

阪神 佐藤輝明 三塁守備に高評価!打撃は既に三番スタメンの実力?(まとめ)

阪神タイガースのゴールデンルーキー佐藤輝明選手の打撃が看板通りのパワフルで勝負強いことが高く評価されている。それに加えて三塁の守備の評価の高まりも決定的になってきた。

既に打撃はスタメンで三番を打つだけの実力があるという見方もあり、これからの実践段階での活躍が楽しみになってきた。

タイトルとURLをコピーしました