大阪なおみ 休養いつまで? 引退の可能性はこんなに現実的!

スポーツ
大阪なおみ

大阪なおみ選手が全仏オープン2回戦の棄権を表明したことで、その後の去就に注目が集まっています。

コートから少し離れると発言しただけですが、少しではなく「永久に」離れることはないのか?

休養するのはいつまでで復帰はいつになるのか気になります。

一方で、うつ病という事実から「このまま引退」に限りない現実性を嗅ぎとる専門家もいます。

コレから先予見できる可能性を探ってみました。

大阪なおみ 休養いつまで?

大阪なおみ選手は1回戦後の会見を欠席したことで1万5千ドル(165万円)の罰金が課せられました。

この措置の後で棄権表明をしたのは大会に出続けることは困難と判断したためでしょう。

「今はコートから少し離れます」というのが現在の意思表示です。

休養をはっきり表明したわけではありません。

「少しコートから離れる」を現実的に解釈すれば、全仏オープンをやってる間はコートから離れることだと考えられます。

2021年6月13日を過ぎても復帰しない場合は、いつまでと区切らずに「しばらく休養」と発表するでしょう。

大阪なおみ 引退の可能性はこんなに現実的!

一方で気になるのはインスタグラムのストーリーで「さようなら、せいせいした」というコメントもあります。

スポーツ心理学者の児玉光雄氏は経験豊富なスポーツ選手として嫌な質問をジョークでかわすといったことができない大阪なおみ選手のストレスを心配します。

テニスジャーナリストの塚越亘氏は、1983年に26才の若さで突然引退したB .ボルグの記憶に大阪なおみ選手を重ね合わせます。

トーナメント日程の過密さに耐えられなくなったボルグは予想外に突然引退してしまったのです。

想定外の行動、自分でも抑制が効かない感情の起伏、落ち込んだらなかなか回復の効かないメンタルヘルスの障害、そうした試練と闘わなくてはならないのがうつ病の特徴です。

数ヶ月先の感情と行動をきちんとコントロールできるのか、突然突飛な行動をとることはないのか、限りない不安と同居しているのが、いまの大阪なおみ選手なのです。

大阪なおみの休養はいつまで? 引退の可能性について(まとめ)

大阪なおみ選手の全仏オープン2回戦棄権から関心が高まっている休養期間、引退の可能性について考えてみました。

タイトルとURLをコピーしました