野間 和香奈(湖池屋)のプロフィール・経歴は?ヒットを生む仕事術がすごい!

テレビ
野間 和香奈

いまや国民食というほどおなじみになったポテトチップスという商品をアッつく代表的な会社が湖池屋である。

業界の常識を覆す4か月で20億円を売り上げる大ヒット商品「プライドポテト」を手掛けた湖池屋・マーケティングの野間和加奈さんのプロフィール・経歴をとりあげる。

野間和加奈さんはいま最も注目すべき女性と位置付けられて、2月16日フジテレビの「セブンルール」で特集される。

ヒットメーカーと言われ、ヒット商品を生む野間和加奈さんの仕事術にもふれてみた。

野間 和香奈(湖池屋)のプロフィール・経歴は?

野間和加奈(湖池屋)のプロフィール

野間和加奈(のま わかな)さんの生年月日は非公開だが、年齢は39歳

広島県出身

18歳で上京し、東京農工大学に進学 大学では遺伝子工学を専攻し、主に植物などのDNAメカニズムを研究していた。

そこで初めて食べた東京発祥の湖池屋ポテトチップスに魅了され湖池屋に入社する。

結婚歴等は非公開

野間和加奈(湖池屋)の経歴

2004年湖池屋に入社 マーケティング部配属

現在湖池屋マーケティング部次長

社長から絶対的信頼を得て入社17年目の現在、湖池屋の商品全17ブランドの管理を任されている。
大学での専攻にこだわらず、「食」に携わる湖池屋入社で「転職」を得たといえる。

人と話す仕事が性格に合っており、大学で学んだ理論的な視点・手法をとりこみながら、マーケティングを懸命にに学んだことで、ヒットメーカーに成長を遂げた。

湖池屋はポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO」を2020年2月にリニューアルし、「湖池屋プライドポテト」に変更した。

手掛けた「プライドポテト」を4か月で20億円の大ヒット商品に育て注目を浴びる。

野間和加奈(湖池屋)のヒットを生む仕事術がすごい

プライドポテトのマーケティング手法

17年2月に発売した「KOIKEYA PRIDE POTATO」は発売初年度からヒット商品となったにも拘わらず、湖池屋はあえて商品をリニューアルした。

リニューアルした理由は商品の認知度に限界が見られ、売り上げも横ばいになっていたため、もう一度勢いを取り戻すためには全面的刷新が必要という決断だった。

マーケティング部でその大仕事の中枢を担ったのが野間和加奈さんだった。

第1に、パッケージをスタイリッシュで消費者にインパクトを与えるものに変えた。

第2に、4種類の発売商品のなかに「芋まるごと 食塩不使用」というほぼ味付けされてない商品を取り入れた。この商品化も消費者の声をキャッチし、ニーズを的確につかんだのが勝因だった。

第3にプロモーションのやり方を刷新し、4種類の商品個々にCMのキャラクターを変えた。

野間和加奈(湖池屋)のヒットを生む仕事術がすごい

野間和加奈さんのいまの仕事のベースになっているのは、大学での遺伝子工学専攻を生かした論理性を取り入れながらマーケティングを懸命に学んだことだろう。

マーケティングの間口は広く、商品開発、価格戦略、流通戦略、プロモーション戦略など、広い視野と深い知識が要求される。

また、1つのブランドのマネジメントを担当することすら容易ではないのに、前17ブランドを全て任されるのは非凡なマーケティングスキルである。

その蓄積が入社17年で湖池屋の商品全17ブランドを全て任されるようになったのだ。

社長から絶対的信頼を置かれ「彼女がダメと言ったものは(市場に)出せない」というところまで信頼を勝ち得ている。

新商品の味を決める試食会の試み、商品のパッケージデザインやネーミングのアイデア、アンテナショップの商品陳列などプロモーションのやり方の考案、こうしたマーケティングのアイデアと手法が集大成された結果が4か月20億円という実績である。

また、野間さんのアイデアの源泉は「消費者の声」でSNSの書き込みやツイートのさりげない一言も見逃さない。

こうした姿勢は若手社員の模範ともなっており、「背中を見ながらいつかはこうなりたいと思いながら仕事をしている」と慕われている。

野間和加奈(湖池屋)のプロフィール・経歴、ヒット商品を生む仕事術(まとめ)

湖池屋のマーケティング部次長として、リニューアル商品「プライドポテト」で4か月20億円の実績をあげた野間和加奈さんのプロフィール・経歴をとりあげた。

また、社長から全面的に信頼され湖池屋の全17ブランドを任される仕事術のすごさについてまとめた。

野間和加奈さんは2月16日フジテレビの「セブンルール」で特集される。

タイトルとURLをコピーしました