ゆたぼん YouTubeチャンネル収入・年収は?成功を続けられる要因を調査!

エンタメ
ゆたぼん

中学生のなりたい職業1位はYoutuberという結果が出ている。

確かに多くのチャンネル登録者数を誇り、華やかな話題が多いYoutuberは今の時代もてはやされるのはよく分かる。自由裁量で稼ぐのがかっこよくうらやましいのかもしれない。

少年革命家を自称し、トップユーチューバーでもあるゆたぼんのYouTubeチャンネルの収入・年収をまとめた。

また、ゆたぼんのようにYouTuberとして成功を続けられる要因についても調査してみた。

ゆたぼん YouTubeチャンネル収入・年収は?

『少年革命家ゆたぼんチャンネル』の収入を見ていきたい。

累計収入1631万9012円:1動画あたりの広告の数や単価によって変動があり、推定値となる。

2020年の年収:603万5227円(推定値)

平均年収:374万2538円

平均月収:30万7606円

平均日給:1万254円

(引用元:YouTuber世論調査)

『少年革命家ゆたぼんチャンネル』の実績を数値で見ていきたい。

再生回数:6499万9057回

チャンネル登録者数:14万6000人

動画投稿数:513本

1動画あたりの再生回数:12万6703回

チャンネル運用期間:2017年3月26日~

(引用元:Tuber town

『少年革命家ゆたぼんチャンネル』が成功を続けられる要因

中学生のなりたい職業1位にあがっているのが「ユーチューバー」である。

前項で見てきた『少年革命家ゆたぼんチャンネル』のような数字をあげられるのはほんの一握りのトップ・ユーチューバーに限られるという現実が見えてない中学生が多いのではないかという気がする。

まだ成長途上の中学生には厳しい現実よりも将来の夢を追うという事の方が大切かもしれないから、ユーチューバーに憧れること自体は悪いことではない。

むしろ、ユーチューバーで成功できるのは一握りだから、あきらめて何もしないという「思考停止」こそゆたぼんが最も嫌うところではないかと思う。

ただ、『少年革命家ゆたぼんチャンネル』もそれなりの努力と工夫があっていまの実績・数字を維持できていることは認識すべきだと思う。

ゆたぼんの父親で中村幸也氏が男子中学生の将来なりたい職業の1位にユーチューバーのアンケート結果に私見を述べている。

この結果に中村氏は「YouTubeをやる事でマーケティングやコピーライティング、企画力、マネジメント力も身につく」と指摘。不登校を宣言しているゆたぼんは、週2~3回ペースで、ユーチューブを投稿。バズるネタ探しや有名人とのコラボ企画で、日々、奮闘している。

続けて中村氏は「学校に行っていてもYouTuberとして結果出せるのは一握りだし、ゆたぼんアンチのほとんどが嫉妬でしょう」と投稿。誰でもユーチューバーを名乗れる時代だが、人気ユーチューバーとなって、維持するのは至難の業である現実も指摘した。

引用元:東スポWeb

中村氏が心理カウンセラーとしての立場から分析している通り、YouTubeを成功させていくためには、マーケティング、コピーライティング、企画力、マネージメント力を磨く必要がある。

それも一過性のものではなく、継続性が求められる。ということは、自由裁量が発揮できてカッコいいという側面ばかりではなく、実績が落ちないために日々求められる不断の努力が不可欠となる。

中学生が成長して、「自由裁量」という言葉は「孤独」「自己責任」と表裏一体という事実を認識できるようになると、自分が本当にYouTubeをやるべきかどうかが見えてくると思う。

そんなことは軽々と乗り越えてYouTuberとして成功できる資質を持った子も潜在的にはいるはずだ。

そういう子の将来を大人の常識でつぶすことはしてはいけないと思う。

ゆたぼん YouTubeチャンネルの収入・年収と成功要因(まとめ)

YouTuberのランキングサイト等から『少年革命家ゆたぼんチャンネル』の収入・年収や実績数値を引用した。

また、YouTubeで成功できているのはほんの一握りという現実に目を向け、マーケティング、コピーライティング、企画力、マネージメント力という成功要因があるという事実をまとめた。

ゆたぼん オンライン時代の不登校のおすすめは正論?世間の評価を分析!

 

タイトルとURLをコピーしました