千と千尋の神隠し カオナシの意味と正体は何?千尋を必要とした理由を解明

エンタメ
千と千尋の神隠し カオナシ

スタジオジプリのアニメ代表作品『千と千尋の神隠し』には個性的なキャラクターがたくさん出てきます。

そのキャラクターの1種類であるカオナシについては謎が多く、意味や正体について不明なままになっています。

ここでは、カオナシの意味や正体を解明してみたいと思います。

その過程でモデルや声優についても分析してみます。

千と千尋の神隠し カオナシの意味と正体は何?

カオナシはいつも孤独で居場所のない寂しいキャラクターとして登場しています。

まるで人間世界から疎外されたようなイメージですが、人間と同じ「欲」を持った存在として描かれています。

カオナシの初登場は物語り後半で千尋がハクと一緒に湯婆婆の元に向かっている時です。

「千と千尋の神隠し」の中では、お湯屋は様々な神様たちが疲れを取りに来る場所で、そのお湯屋で全く正体不明だったカオナシが本性をさらけ出す場面がやってきます。

それは、「千と千尋の神隠し」の世界では貴重なものとして扱われている砂金をばらまくことによって、受け取った人間たちを次々飲み込むというプロセスです。

つまり、砂金=欲望 と考えれば、カオナシという存在の意味は「欲望のかたまり」であり、若しくは、金という手段でしか人間関係を築けない「拝金主義的な人間の象徴」であると考えられます。

カオナシの正体と千尋を必要とした理由

カオナシが砂金をばらまくことで得られるものは何かというと、人間と同じ言葉を話したり、感情を表現できたりしてコミュニケーションをとれるようになります。

そうして、カオナシが望んでいた「人間世界に中での居場所や存在感」を手に入れることができます。

一方、人間はお金そのものとしての「砂金」を与えてくれるカオナシの意向に沿うようにもてなすことで、欲望を手に入れようとします。

つまり、カオナシの正体は自分にとっても人間にとっても切り離すことのできない「欲望そのもの」であり、人間でも生き物でもない抽象的な概念だからこそ、「カオナシ」として描かれているはずです。

ただ、普通の人間のように、カオナシが与えようとする砂金には全く興味を示さず、普通の人間を超越した居場所や、砂金をちらつかせても動じない次元の高い包容力や優しさに気づいたのでしょう。

そうした欲望のかたまりとしての人間とは次元の違った理念や世界観をもつ千尋のいる世界に関心をもち、カオナシはその意味で千尋を必要とする自分に気づいたのでしょう。

スタジオジプリによると、「千と千尋の神隠し」の公開前の作画打合せの中で、根拠となるツイートがあります。

この意味では、カオナシ=欲望そのもの、とも言えると同時に、カオナシ=全ての人間の一面

ともいえるのです。

千と千尋の神隠し カオナシの意味と正体・千尋を必要とした理由 (まとめ)

「千と千尋の神隠し」の中で得意なしかし、もの寂しいキャラクターとして現れてくるカオナシの意味と正体について考察してみました。

カオナシ=欲望、カオナシ=全ての人間の一面、と考えられ、欲望そのものに支配されない、超越した感情や優しさをもつ千尋の世界観や居場所に憧れたのが千尋を必要とした理由です。

タイトルとURLをコピーしました