冠城亘(反町隆史 )相棒 降板の理由は?5代目ポスト反町は誰かをリサーチ!

エンタメ
反町隆史

水谷豊さん主演の刑事ドラマ『相棒』に出演している冠城亘こと反町隆史さんが降板し、『相棒』を卒業すると話題になっています。

反町隆史さんの降板の理由を調査してみました。

また、反町隆史さんが卒業した後、ポスト反町で5代目を担うのは誰になるかも気になりリサーチしてみました。

冠城亘(反町隆史 )相棒 降板の理由は?

主人公の「4代目相棒」として出演している冠城亘こと反町隆史さんは歴代最多の出演本数を更新しましたが、現在放送中のシーズン20の最終回をもって卒業することが正式発表されました。

テレビ朝日によれば、反町隆史さんは2015年10月スタートのシーズン14で初登場し、水谷豊さん演じる杉下右京の相棒として、歴代最多の出演本数を更新する今シーズンの撮影開始前に、反町さんサイドと番組サイドが話し合いをする中で、反町さんの方から相棒として歴代最多出演本数を更新することもあり、今シーズンをもって卒業したいという趣旨の意向を示し、双方が納得した上で卒業が決定したとのことです。

反町隆史さんは今年12月で48歳となり、50代を迎えるにあたって新たな出発を切りたいとの気持ちもあり、このタイミングでの卒業を決意したようです。

引用元:芸トピ

つまり、番組降板のことを切り出したのは反町さんの方だったようです。

歴代相棒の出演数

上記画像を見ても、7年間にわたる冠城亘こと反町隆史さんの最長記録は際立っています。

反町隆史さん自身のコメントを引用すると、水谷豊さんとの間に「相棒」という言葉を超えた暗黙の理解があったことも分かります。

「ここまでやってこられたのは水谷さんがいたから。卒業について直接話した時、水谷さんが仰ったのは、『分かった』の一言でした。それでも、同じ俳優として、察してくださっていることを強く感じました。僕自身、40代の頭から相棒をやらせてもらって、今年で48歳になるのですが、『50代を迎えるにあたって、新しい出発を切ろうとしている気持ちは、よく分かる』と。実際、そんな話はしていないのですが(笑)、これだけ長く一緒にいますから、僕には分かるんです。」

引用元:芸トピ

番組初期の頃、ただ水谷豊さんの背中を追いかけていた印象で「格差」すら感じていたこともありました。

それが、年数が経つうちに俳優としての反町隆史さんのポテンシャルの高さだけでなく、人間性の素晴らしさに水谷さんが魅かれていたことも水谷さんがコメントしています。

最終的には多くを語らずともお互いに分かり合える真の「相棒」となって卒業していくのだと納得できます。

しかし、ここまでの反町さん降板の背景は「表向き」と捉え、実際には「ネタ切れ」「マンネリ」というネット上での視聴者の意見を踏まえてテレビ局側が「仕切り直し」に出たという見方も出ています。そうなると、形の上では番組降板は反町さんが切り出したのであっても、「卒業」を示唆し、きっかけを与えるサジェスチョンをしたのはテレビ局側という見方も成り立つのです。

5代目ポスト反町は誰かをリサーチ!

5代目相棒となるポスト反町の俳優は誰が務めるか、関係者の間でもネット上でも何名かの人物が取り沙汰されています。

いちばん多く名前が上がているのは、田中圭さんです。

「キワどい2人」や「死神さん」などの刑事ドラマでも主演を務めた経験があり、役柄も多岐にわたっており、水谷豊さんの相棒として不足はないという評価が高いようです。

向井理さんも39歳という年齢と役者としての円熟味から名前を多くの人が挙げています。

その他、ネット上では、藤原竜也さん、佐藤健さん、鈴木亮平さんらの名前もあがっています。

冠城亘(反町隆史 )相棒 降板の理由/5代目ポスト反町は誰?(まとめ)

『相棒』で冠城亘こと反町隆史さんが降板し、番組を卒業すると話題になっています。

降板の理由を調査し、4代目反町隆史さんの後、5代目ポスト反町は誰か、候補者として名前が上がっている人物をリサーチしました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました