ゆたぼんの親はおかしい?学校の代わりに学ぶ機会与えない父親はクズか?

エンタメ
ゆたぼんと両親・家族

少年革命家を自称し、登校しない自由を謳歌しているゆたぼんが小学校を卒業し、中学校にいくようになっても、相変わらず「学校には行かない」とせんげんする動画を公開して議論の的となっている。

義務教育である学校へ行かせないゆたぼんの親に対しては以前からかなり手厳しいい意見がリアルでもネットでも存在した。

特に、子供をYouTuberに仕立てて学校教育を受けさせず、それに代わる通信制などの「学機会」を与えない父親はクズだとおいう意見も出ている。

ゆたぼんが中学校にも不登校状態になっていることについて、有識者の意見を踏まえながら親、特に父親に対しての批判的な見かたとyたぼんは今後どうすべきかについてとりあげてみた。

ゆたぼんの親はおかしい?

ゆたぼんの両親とはどんな人物?

ゆたぼんの父親は中村幸也氏(なかむら ゆきや)

大阪府茨木市出身 中卒で元暴走族だったことはよく知られている。

独学で高等学校卒業程度検定試験(旧大検)に合格している。

その後、パソコンスキルも独学で学び、心理カウンセラーになった。

ゆたぼんの母親についてはあまり情報が出回っていない。

名前はきよみんさん。

17歳で長女を出産した後、子育てに追われ大阪から沖縄に移住したのをきっかけに夢だったデザイナーになるため現在勉強中。

デザインを作ろうと思ったとき家のパソコンが壊れてしまい、デザインに必要な最新のiMacを買うお金がなくてクラウドファンディングに挑戦したというエピソードも残っている。

ゆたぼんの親はおかしい?

そもそもネットやSNS等でゆたぼんのことや教育に対する考え方を発信しているのはほぼ100%父親なので、ゆたぼんが学校に行かないという考え方についても父親の責任を問う声が多い。

父親の幸也氏は学校に行くだけが学ぶ手段ではなく、学ためには学校に行かないという選択肢もあると主張し、学校に行かないで自分で学ぶという選択もゆたぼんが自分で行ったと言っている。

そこに世間一般との解釈のずれが生じており、まだ小学校に通う年代の子供に「学校に行くか行かないか」まで選択させるのは無理がある。

「学校に行かない」という判断に大人と同じレベルの合理性がなくても、子供の意見として尊重するのかという疑問がある。

また、子供が小学生の年齢だと親が何か言えば従ってしまうことだってあるはずで、その点に問題はないのかという批判もある。

もう1つ父親にたいしての批判要素になているのが、画工に行かない子供を使ってYouTubeで稼がせているという見方で、子供を食い物にしているという批判です。

大物YouTuberの中からこうした批判が登場し、また高須クリニックの高須克弥氏のような有識者も

試験もなんにもないお化けの世界で遊んでいると常識知らずになります。学校に行く発展途上国の子供に馬鹿にされます。 成人したら困窮します

とゆたぼんの現状を憂える発言をしています。

学校の代わりにゆたぼんに学ぶ機会を与えない父親はクズか?

父親の学識・見識は通信教育のおかげでは?

父親の幸也氏の学歴は中卒だが、その後の経歴では通信制を利用して高校卒業程度の学識を得ている。

幸也氏本人がいくら否定しても、そこで得た幅広い科目の知識やものの見方・考え方が現在の心理カウンセラーとしての仕事のベースになっているはずだ。

社会人として様々な問題に対応していくベースとなる知識や知恵を通信制で授かったと言える。

だとすれば、学校にも行かない、学校教育に代わる系統的・網羅的な教育システムも提供しない親は事実上子供を虐待していることにならないか、という意見が出てくる。

中学校に行かせない父親に対するひろゆき氏の批判

2ちゃんねる創設者のひろゆきこと西村博之さんは以前からゆたぼんの親に対する批判的な意見を述べていた。

学校の勉強は役に立たない」って意見も、役に立たない勉強はあるものの、例えば算数ができないとまともな仕事に就けないわけです。アメリカだと、自宅学習教材や支援するNPOとかがあったりするので、自宅学習はそれほど珍しくもないんですけど、日本にはそういうのが普及していないんですよね、、、  んで、10歳のユーチューバーも自宅学習をしているという話が出てこなかったりするんですけど、もし「学校に行かなくてもいい」というのであれば、「他の方法で勉強できる」ってことを示すべきじゃないかと。んでも、親がおかしな人だとそういうこともできないので、かわいそうな家庭に育っちゃってるなぁ、、、と思うのですよ。

また、今年の4月には、ゆたぼんの中学校に行かない宣言を受けて「親の義務違反」として罰則を与えるべきだという意見にエスカレートしている。

登校が嫌なら通信制の中学校で教育を受けることは可能。

子供に教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要だと思います。

教育の機会を捨てるのを是とする考えを広めるのは社会的に良くないしアホの再生産になります。

子供は被害者なので責めるべきではないです。

また、一見不要と思われる学校で学ぶ知識についてもこのように必要性を訴えている。

子供を学校に通わせないで、身の回りの出来事を学ぶことで生きる力を云々という頭の悪い親がいますが、身の回り生活からどうやって虚数の概念を学べるのか聞いてみたいです。

「虚数なんて知る必要がない」と考える人は知識が足りないし、子供の成長に制限をかけてることに気づかないならアホでしょ。

ネット上には「ゆたぼん 父親 クズ」という検索ワードがキーワードとして存在する。

中学にも行かない選択肢をとったゆたぼんは犠牲者でそうさせている父親はやはりクズだという見方をする人は今後増していくような気がする。

小学生のうちなら許されることでも、中学生から大人になりかかっていく成長過程で平均的な同年代の子供にはるかに劣る面が何か目に見えたときの世間は手厳しくなる気がする。

ゆたぼんの親はおかしいか? 学校に行かせない父親はクズk?(まとめ)

ゆたぼんが中学校に通う年齢になっても、相変わらず学校には行かない宣言をしていることに対し、親の責任を問う声が高まっている。

ゆたぼんの親はおかしいのか、学校に行く代わりに学ぶ機会を与えない父親はクズなのか、有識者の意見を踏まえながら考えてみた。

「ゆたぼん 現在(2021)少年革命家の成長と注目発言ウォッチ!」

「ゆたぼんのお父さんの経歴はなぜやばい?炎上理由と逮捕理由も調査!」

タイトルとURLをコピーしました