株式会社斎藤佑樹を設立した理由・目的を調査!事業内容と収益源はどうなる?

スポーツ
株式会社を設立した斎藤佑樹氏

今季限りで現役を引退し、日本ハムを退団したハンカチ王子・斎藤佑樹氏の引退後の進路が注目されていたが、自分の会社を設立したことが分かった。

「株式会社斎藤佑樹」を設立した理由と目的はどこにあるかを調査してみた。

また、この会社の公式HPを紹介するとともに、今後の事業内容や収益源をがどうなるかをまとめた。

タレント性があって、テレビ・ラジオの出演だけでも相当なオファーがありそうと言われたハンカチ王子が会社設立でどんな夢を実現するか、どんなことができるか注目される。

株式会社斎藤佑樹を設立した理由・目的を調査!

株式会社斎藤佑樹の公式HPに見る夢や理念

株式会社斎藤佑樹の公式HPはこちらから。

会社設立の日付は2021年12月10日となっており、会社設立の発表は斎藤佑樹氏のインスタグラムを通じてなされた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

斎藤佑樹(@yuki____saito)がシェアした投稿

公式HPが伝えていることは、現役を引退した後も野球界と接点を持ち続ける,という意思であり、また自分の感じてきた問題意識を通じて、野球界の問題解決に係わっていきたいという意向である。

株式会社斎藤佑樹氏の設立理由と目的

斎藤佑樹氏が日本ハムの現役を引退するまでは、とにかく投げられなくなるまで現役を続ける、という気持ちがあった。

会社設立という選択肢も引退してから考えたという。

「考えたのは引退を決めてからなので、正直、まだまだ決まりきっていない部分がたくさんありますし、これから社会勉強していきたいなと思っています。そういうなかで会社を立ち上げるなんて甘いんじゃないかというご指摘もあるかもしれませんが、どこかに所属して面倒を見てもらうというよりは、自分で自分の道を切り拓いていくんだという気持ちで、まずは会社をつくってみようと思いました」

引用元:ヤフーニュース

斎藤佑樹氏の構想の中で、引退後にどこかのチームや会社に所属するという選択肢はなく、自分の道は自分で切り開くために、会社設立を自分で行って自分で意思決定の責任を持とうとした。

タレント性があり、マスコミにも出演の意向があれば、「売れっ子」になる可能性を秘めていたとされる斎藤佑樹氏だが、これまでの本業であった「野球との係わり」の優先順位が高かった。

自分で会社を設立して自分が代表になるのが最も自分で意思決定しやすいというのが設立の理由として考えられる。

「ただ会社をつくってやりたいと思っていることはちょっと別にあって。野球人生のなかで感じてきた問題意識のようなものがいくつもあるので、それに対してなんらかできることがないかを考えて、カタチにしていきたいと思っています。あくまで例えばですが、野球をする選手やスタッフの働きやすさだったり。野球を見る人たちがもっと楽しめる場づくりだったり。怪我と向き合うときのメンタルの管理だったり。野球をする小中高生の育成だったり。選手のセカンドキャリアだったり。地域との関係性だったり。他にも僕がまだ気づいていない問題もたくさんあると思います。それらをより良くするためのアイデアを、さまざまな分野の人や企業の方々と組むことで見つけて、実現していくことを目指しています。それによって、自分を育ててくれた野球を、より素晴らしいものにしていきたいです」と意気込みを記した。

引用元:ヤフーニュース

斎藤佑樹氏は現役の選手時代から感じてきた様々な問題意識があった。

会社設立してやりたいと思ったことは、それらの問題意識をカタチにしながら、野球界に対して自分にできることはないかと模索していくことだった。

そこに会社設立の動機や目的があり、どのようにカタチにさせていくかはこれからアイデアが出てくるはずである。

株式会社斎藤佑樹の事業内容と収益源

株式会社斎藤佑樹の事業内容

「野球をする選手やスタッフの働きやすさ」との関連では、現役選手の球団との契約更改についての提案や選手やスタッフの労務管理・福利厚生面で感じたことを提案することもできると思われる。

「野球を見る人たちがもっと楽しめる場づくり」ではファンサービスについての意見の発信も有効である。

「怪我と向き合うときのメンタルの管理」というテーマは自身が切実に経験してきた問題であり、専門家や野球関係者と契約したり意見を取り入れる窓口を作ったりする中でビジネスチャンスが広がる可能性がある。

「野球をする小中学生の育成」についても、指導経験者の経験や人脈を活かせる事業機会を作れば、将来有望な事業に育つかもしれない。

「選手のセカンドキャリア」については、芸能人の中にも芸能界を引退した後、おすすめのキャリアプログラムを提供したり、進路や選択肢についてカウンセリングの事業チャンスを生かしている人がいるので、野球界の実情に合った内容でやればよいと思う。

株式会社斎藤佑樹の収益源

斎藤佑樹氏は入団したときから華々しい雰囲気と集客力があって、その人気を日本ハム球団も言葉は悪いが「利用して」収益源としてきたはずである。

株式会社斎藤佑樹のこれからの収益源を考えても、まず第一に斎藤佑樹氏の人気とブランド知名度を活用しない手はないと思う。

引退後はタレント性を活かして芸能界入りもささやかれた斎藤佑樹氏は、そのつもりならスポーツキャスターやタレントの道も開けたはずである。

また、これまで所属してきた日本ハムの広報担当のような職務も適任だったかもしれない。

斎藤佑樹氏が現在も持っている自身のブランド力を駆使すれば、野球界だけでなく、各種業界の窓口となる人物との人脈も築きやすいはずである。

ビジネス内容はどうであれ、斎藤佑樹氏と提携するという選択肢に魅力を感じる人物は各業界に広く存在すると思われる。

株式会社斎藤佑樹の設立理由・目的・事業内容・収益源(まとめ)

今シーズン限りで現役を引退した斎藤佑樹氏のこれからの進路が注目されていたが、自分の問題意識をカタチにして野球界と接点をもつために株式会社斎藤佑樹を設立した。

この会社の設立理由や目的、事業内容や収益源を分析・予測してみた。

タイトルとURLをコピーしました