ペナルティ・ワッキー 癌治療から復帰! 現在の体調は?

エンタメ
ペナルティ・ワッキー

お笑いコンビ ペナルティのワッキーが中咽頭がんの治療後の休養から復帰し、4月25日(日)放送の「爆笑!ターンテーブル」に満を持して出演することになり、注目が集まっている。

多彩な一発ギャグで人気芸人となっていたワッキーだが、仕事をするにあたって問題はないところまで本当に回復したのか、復帰後の現在の体調はどうなのか気になり調べてみた。

ペナルティ・ワッキー 癌治療から復帰!

2020年6月の癌告知と療養生活

イケメンだったが「変顔」のネタでも知られていた一発芸多彩なワッキーの休養は本当に残念だったが、闘病生活は突然やってきた。

昨年3月末から首にしこりを感じるという異変があったため、都内の病院で精密検査を受けたところ、中咽頭がんが発見されたのだ。

自分ではなかなか現実を受け入れることができず、何度も聞き返し確認したそうだが初期の中咽頭がん(ステージ1)だとはっきり告知された。

初期といっても、のどから首に転移していたため外科手術ではなく放射線化学療法で治療を受けるkとになった。

自身が家族に癌を告知された経験のある方なら痛いほどわかるが、告知された直後は茫然とし、それからしばらくは前途に対してとめどない不安がこみあげてくる。

ワッキーもおそらく同じような思いと経験をしていたはずである。

家族とのテレビ電話とYouTubeで耐えた闘病生活

入院中の家族との連絡手段はテレビ電話だった。

家族と話をして家族の元気な姿を見るのが励みだった。自分の戻る場所があることが分かるから。

闘病生活や癌のことをよく理解できていない小6と小1のお子さんが、屈託なく「パパ!」と話しかけてくるのがかわいかったし、無邪気さに救われたという。

「Jリーグ」と「芸人のYouTube」も心の支えになったという。

特に大好きなチョコプラのYouTubeを見ていると、自分もいつしか再びお客さんの前で芸をするんだという気持ちになれて励みになったという。

同期の芸人・ロンドンブーツ1号2号の田村淳とはこまめに連絡を取っていた。

仕事のことだけでなく、メンタル面までフォローしてもらって大きな力になったようだ。

入院期間は6月8日から7月下旬までで、8月末まで休養をとっていた。

下記の動画は昨年11月の自宅療養期間中に公表された近況報告である。


その後幸いにして、2021年2月14日に公式YouTubeチャンネル『ペナルティちゃんねる』にて、復帰を発表することができた。

ワッキーの復帰後の様子と現在の体調は?

2月14日 公式YouTubeチャンネルで復帰発表

とにもかくにも、今年の2月14日には公式のYouTubeチャンネル『ペナルティちゃんねる』で復帰の発表ができるところまで回復したのは幸いで、ホッと胸をなでおろした人も多かったのではないか。

相方のヒデとの10か月ぶりの再開はドッキリが仕掛けられた。

「祝ペナルティ・ワッキー復帰!ヒデに10ヶ月ぶりの再会ドッキリで涙」という題名で投稿された動画である。

ワッキーの現在の体調は?

放射線化学療法が体に与える影響はとてもハードなもので治療後1週間は吐きっぱなしだったという。

コロナ渦で誰にも会えなかったこともあり、笑いたくなるとチョコプラの動画をみたという。

現在は仕事に復帰できる状態にはなったが、まだエンジン全開とはいかず、本人によると85%の状態だという。

後遺症も残っており、唾液が4割ぐらいしか出ないことで、こまめにミネラルウォーターで水分補給をしないと、すぐのどがからからになる状態だという。

休養中に一気に頭角をあらわしてきたのが、お笑い第7世代で霜降り明星なども気になるらしく、第7世代の前でネタを披露したらどういう風になるのかも気になっている。

4月25日の「爆笑!ターンテーブル」は決して体調万全ではないなか、今後を考える上での見切り発車的な出演にはなると思うが、ワッキーは「お客さんから爆笑をとる」ということを全力で考える駆け出し芸人のようなフレッシュな気持ちで頑張る決意をもっている。

ペナルティ・ワッキーの復帰と現在の体調(まとめ)

中咽頭がんの治療後、自宅療養していたペナルティ・ワッキーが10か月ぶりに復帰した。

2月14日には公式YouTubeチャンネルで復帰を発表したばかりだが、ワッキーの現在の体調が気になり調査した結果をまとめた。

タイトルとURLをコピーしました