10・17東京マラソン 開催・中止の最終決定はいつ?世間の反応を調査!

スポーツ
東京マラソン

緊急事態宣言が期限延長の方向で調整に入った結果、10月17日開催予定の東京マラソンの開催中止が決定的となった。

実際に開催か中止かの採集決定はいつになるか、開催の可否をめぐって世間の反応や意見はどうかを調査してみた。

10・17東京マラソン 開催・中止の最終決定はいつ?

報道されたニュースに沿って、東京マラソンの今後の見通しを展望してみる。

政府が東京都などに対する新型コロナウイルス緊急事態宣言の期限を延長する方向で調整に入ったことで、10月17日の東京マラソンの中止が6日、決定的になった。

21年大会の要項では開催可否について、「新型コロナウイルスの感染拡大により、大会開催1カ月前以降に緊急事態宣言が発せられている場合や自治体からの開催自粛要請が発せられている場合には、大会は中止となります」としている。12日が期限だった緊急事態宣言の延長幅は2~3週間程度とする案があり、大会1カ月前の17日時点での解除は見込めず、21年大会の開催は絶望的に。主催の東京マラソン財団は、今月中旬に理事会を開いて最終決定する。  21年大会は本来は3月7日に開催予定だったが、新型コロナの感染状況などを踏まえ、昨年10月の臨時理事会で今年10月17日への延期を決定。今年6月には海外在住の一般ランナーの受け入れ断念を発表していた。22年大会は3月6日に開催するとしている。

引用元:ヤフーニュース

主催者側の東京マラソン財団は、9月中旬に理事会を開いて中止かどうか最終決定する。

東京五輪・パラリンピックでも開催をめぐって、注視や延期を求める世論が主流となっていた。

しかし、政府や組織委員会主導で「強行実施」に近いかたちとなっていた。

また、愛知フェスでのクラスター発生等から、国民の目線は大きなイベント開催についてはナーバスになっており、容易なことでは賛同は得られないはずである。

スーパーソニック2021のように開催を決めた大きなイベントについても、感染対策を含めた運営側の方針・実施のやり方が問われる事態となっている。

10・17東京マラソン 開催・中止をめぐる世間の反応

主催の東京マラソン財団は、今月中旬に理事会を開いて最終決定する。

東京マラソンの参加費は開催予定日の1ヶ月前までに中止が決まれば2割が払い戻しされますが、それ以降に中止が決まったら返金されないことになっています。

もう規約に従って緊急事態宣言が延長されたら自動的に中止で良いのではないでしょうか。決定を今月中旬まで引っ張って、金を残らずむしり取ろうというつもりなのでしょうか。

もし、今月中旬まで、延期の決定が延びれば参加者は、前回に続いて2回連続て、参加費のみ徴収されることになります。。来年完走した際に、メダル2個いただけたり、Tシャツや記念グッズをお送りいただかなくても良いので、今回は、中止の場合は、参加料を返金していただきたいです。
前回分も踏まえて、かなりの利益を出してるはずです。

中止?ならば9/17までに決定してね。そこまでなら20%返金。それ以降はゼロ。スズメの涙程度だけどね。PCR検査代も含めて返金手数料を差し引くっていうのはやめようぜ。
それと、今回の収支報告書は早急に開示してください!

コロナ感染対策もさることながら、もっと大きな関心を呼んでいるのが返金や払い戻しのポリシーである。

期間を区切って払い戻し額が決まるというやり方なら、緊急事態宣言延長に伴って自動的に中止し、払い戻しに応じるべきだという意見は代表的である。

海外参加者は不可、荷物預けも全員無し、ゼッケン受付は全て時間予約、アプリで健康チェックさせて参加者全員にPCR。
効果もなくダラダラ延長され続ける緊急事態…コレでダメですと言うなら、日本は今後のスポーツイベントは出来ませんよね…。

手荷物預け無し、更衣室無しなど色々ランナーに不利な条件での募集しておいて結局?中止なら意味ないですね。
そこまでされても走りたいと真面目に考えてたランナーのことをどうおもってるのか?

東京マラソンに限らずの先の読めない状況で募集するのは辞めて欲しい
エントリー費用が大損
走ってもいないのにマラソン貧乏だ
出走権利を次年度に移せばとか軽い考えは辞めて欲しい!

参加者の募集の仕方、実施方法の無策をめぐる批判的な意見も目についた。

海外選手は来日しない、出場者にはワクチン接種とPCR検査を行い、感染防止策を充分に行った上で開催します、ではいけないのだろうか。期限のない緊急事態宣言が出続けている中、金かけて準備しては中止ということが続き社会は疲弊しきっている。

開催するためには実施方法や感染対策を工夫する必要があるというコメントも数多い。

現在よりも数倍もの新規感染者がいて、かつ緊急事態宣言下にオリンピックは開催できたというのに、これから1ケ月後のマラソン大会すら開催できないというのか。1ケ月後はオリンピック開催以上の感染者が見込まれているとでもいうのか?
検査数絞っているんだし、あの時以上の感染者にはならないのは東京都が一番知っているはずなのに、不思議な決断だ。
オリンピックはもろもろのしがらみもあり、やらざるを得なかった、ということですね。

オリンピックを強行開催した状況との比較論の観点から、東京マラソンの中止決定プロセスに異を唱えるコメントも多い。

10・17東京マラソン 開催・中止の最終決定はいつ?世間の反応 (まとめ)

緊急事態宣言の起源延長を受けて、10月17日に予定されていた東京マラソンの中止がほぼ決定的となった。

最終決定は理事会で9月中旬に決定される。

開催の可否をめぐって、世間の藩王や意見を調査してみた。

タイトルとURLをコピーしました