新浪剛史が45歳定年制導入を主張する根拠は? 社会的影響と世間の反応を調査!

政治・経済
新浪剛史

サントリーは4代ビールメーカーとしてまた、飲料メーカーとしてビールの『プレミアムモルツ』や、お茶の『伊右衛門』などの代表的ブランドをもっている。

従業員数4万人超の日本を代表する大企業の1つである。

そのサントリーを率いる新浪剛史社長が45歳定年制の導入を提唱したことが大きな反響を引き起こしている。

新浪剛史社長が45歳定年制を主張する根拠は何か、また実際に導入された場合の社会的影響はどうなるかについて調査してみた。

また、45歳定年制導入の記事に対して寄せられたコメントから代表的な世間の反応を見てみたい。

新浪剛史が45歳定年制導入を主張する根拠は?

新浪剛史社長の発言が出たのは経済同友会の夏季セミナーにオンラインで出席したときである。

このセミナーでウィズコロナの時代に必要な経済社会変革について「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と主張した。

新浪氏は政府の経済財政諮問会議(議長・義偉首相)の民間議員を務めるなど論客として知られ、他の人がなかなか言えない耳の痛い発言と斬新なアイデアで知られている。

その大胆な発想と斬新な提案力が買われ、これまでローソンやサントリーといった企業の革新を任されてきた人物である。

政府は、社会保障の支え手拡大の観点から、企業に定年の引き上げなどを求めている。

新浪氏は真逆の発想で、社会経済を活性化し新たな成長につなげるには、従来型の雇用モデルから脱却した活発な人材流動が必要との考えを示し、政府の意向とは180度異なる定年年齢の引き下げを主張している。

45歳定年制導入の社会的影響と世間の反応

45歳定年制導入の社会的影響

既に高齢化率3割にならんとする日本において、むしろ逆に、いかに中高年者の労働力を発揮させていくかが特に大企業の経営者には問われる時代だと思います。もちろん、それは従来型の年功序列の賃金体系ではないかもしれませんが、「45歳までしか面倒みないのであとは自己責任で」と放り出される社会に安心があるとは思えない。
それでなくとも晩婚化で、男性の平均初婚年齢は31歳。たとえば3年後の34歳で第二子が生まれたとして、その子がまだ11歳の時に定年を迎えるわけです。一番金のかかる高校から大学にかけての部分の見通しがないのだとしたら、そもそも子育てどころか結婚する意欲すら失われることでしょう。一方で3組に1組が離婚する現代、ひとり親世帯のボリュームが多いのも40代の層です。
世界的に中間層の充実が叫ばれる中、まさに中間層の大部分がその年代でもあり、ここを切り捨てては未来がなくなるのではないでしょうか。

上記はコラムニスト、マーケティングディレクターの荒川和久氏の見解である。

45歳定年制には、高齢化率3割をにらんで中高年をいかに労働力としてとり込み、有効活用していくかの視点が決定的にかけており、この意味で時代に逆行する案だと言える。

晩婚化の影響で一番子育てや子供の教育に金がかかる40代半ばから雇用の保証がなくなり自己責任が問われる体制は社会不安を一気に増すリスクがあり、この点にもふれた卓越した見解である。

時代に逆行する考えである。

雇用の流動化を図り経済成長につなげる方策の一つとして早期の定年制の導入を打ち出しのであろう。
コロナに乗じて述べているが、結びつける話ではない。これまでも労働市場の規制緩和により正規雇用を減らし、パート、派遣など非正規雇用を増やしてきた。その結果、格差が広がり、働いても生活が維持できない多数の労働者を生み出してきた。45歳定年制の導入は、それに拍車をかけることになる。

人口減少社会が進行するなかで、中高年の経験や能力を活かす、また雇用を守り、労働者の生活の安定・向上に努めるような方策が求められているのである。この考えには、それが出されていない。企業利益の追求はあるが、労働者の利益に資する姿勢がみられない。

これは、単に早期の定年制導入の問題にとどまらない。労働者の雇用と生活を守る企業のあり方、そして国民・住民の生活を支える社会保障に密接に関わる問題である。

明治大学公共政策大学院専任教授/社会福祉研究者 岡部卓氏の見解である。

45歳定年制の導入は非正規雇用を増やすことによって社会格差を広げ、働いても生活が維持できない労働者層をこれからも生み出すことに拍車をかけることになる。

45歳定年制については、まずサントリーだけでやってみるとしても、従業員4万人超の大企業であり、社会的悪影響と雇用の不安定化に直結することは避けられないだろう。

ましてや政府主導で提唱できる雇用システムにはなりえない。

45歳定年制タイする世間の反応

老後の生活が最低限以上の水準で保障されるくらいの給料や退職金を出してるなら45歳定年なんてむしろありがたいけど、「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」って、要は年齢上がって給料高くなられても困るから、どんどん若い人入れて安い給料で働かせて頃合い見て足切りしたいってことでしょ?現時点で定年間近の社員さんはまだいいけど、新卒で入ったばっかの子はこんな話が出てきた時点で、やる気なくなるよなぁ。

45歳とは大胆な発言だけど、ライフステージと合っているのか?

そりゃ貴殿の年収ほど貰っている会社員であれば、将来設計も描けるかもしれないが、殆どの会社員は、子息の教育費をはじめ、住宅購入など、多くの支出を伴う。

貴殿の日常生活を軸に言われては困るし、良く考えて発言してもらいたい。

45歳定年制によって得をするのは企業側だけで、人員削減によるリストラ効果しか感じず、社員のモチベ―syンアップや生活の安定に寄り添う視点が欠落している。

こういうこと言ってる上層部のおっさんたちは育児を妻に全面的に任せて自分は完全に仕事だけ。
すべての男性が40代が脂がのってて意欲的に働けると思うなよ。
生まれた子供たちに障害があったり、妻が病気になったり、仕事がバリバリできない男性だっているんだよ。
もっと視野を広く、柔軟になるべき。

新浪剛史社長は自身が有能で若い頃から嘱望されて他の企業の立て直しに、以前より優れた待遇で招かれた経験しかない。

よって、大多数の被雇用者にとって切実な雇用不安を肌で感じたり、バリバリ働けない諸事情に寄り添う視点が欠落するようになるのだろう。

嘘でも本当でも
これを聞いた社員はやる気をなくしサントリーに応募しようとしてる
学生は考え直すだろうな
工場は殆ど無人だし
飲食店他で顧客を取ってる営業が
リストラ最有力候補だろうな
この社長の発言は嘘でも問題だろうな

これだけでなく、もっと過激な意見になるとサントリーの製品の不買運動をよびかけたりする、「ネット炎上」につながるコメントも散見された。

新浪剛史の45歳定年制提唱の根拠/社会的影響と世間の反応(まとめ)

新浪剛史氏の提唱した45歳定年制が大きな反響を呼んでいる。

新浪剛史氏の45歳定年制主張の根拠をまとめた。

さらに、45歳定年制のもたらす社会的影響と世間の反応について調査してみた。

タイトルとURLをコピーしました