栗山監督 辞任確定?後任候補の日本ハム監督は誰かを徹底踏査!

スポーツ
日本ハム栗山監督

前半戦を終えたところで首位から10ゲーム差も離され、最下位に低迷する日本ハムの監督の去就問題が関心を呼んでいる。

4月早々から不振をかこっていた栗山監督の辞任を望む声はネット上でも盛んに出ていたが、辞任は確定なのか、事情を調べてみた。

また、栗谷監督の後任候補の日本ハム監督は誰になるのかを、具体的に名前をあげて徹底調査してみた。

栗山監督の辞任は確定か?

今季の日本ハムはシーズン当初からつまづき、4月末の時点で再開に低迷し、チーム打率、得点、チーム防御率いづれもリーグワーストという惨状だった。

当然、栗山監督の責任を問う声も大きく、「即刻辞めてくれ!」「いつまで我慢させる気だ!」という類のコメントがSNS上で飛び交っていた。

この低迷状態はシーズン半ばになっても改善されず、前半戦を終えたところで首位オリックスに10ゲーム差をつけられ、チームは最下位。

ネット上だけでなく、当事者としての日本ハム球団としても監督を交代させるかどうかの結論を急ぐべき緊急の事態になってきている。

チームの雰囲気も決して良くないところで起きた、8月11日の中田翔の暴力行為による出場停止処分がでてきたことで、監督の手腕やチーム状態の悪さと紐づける考え方が浮上してきている。

栗山監督はたしかに日本一1回、リーグ優勝2回と実績を残しているが、既に監督歴は9年に及んでいた。

2020年、栗山監督は2年連続Bクラスの5位に終わったが、球団は続投要請を出した

しかし、2021年の今季はこのまま最下位で終えるようなら栗山監督辞任、後任監督への交代は誰が考えても確定的で既定路線と言われている。

栗山監督の後任候補の日本ハム監督は誰か?

栗山監督の後任は稲葉篤紀氏という説

元々、稲葉篤紀氏は日本ハムOBで、現役を退いた後も日本ハムファイターズのスポーツ・コミュニティ・オフィサーとしてチームに貢献してきた。

1年前から稲葉監督就任の話題は出ていたが、結果としては日本ハム球団は栗山監督に続投を要請した。

チームのOBで人気も高く、今年は、侍ジャパンの監督の大役を全うし、金メダル取得の実績もあげた稲葉篤紀氏の監督待望論は必ず燃え上がり、日本ハムとしても真剣に考えざるを得なくなるだろうという見方が野球関係者の間で出ている。

栗山野球に嫌気がさしたり見飽きたりして離れていったファンが、稲葉監督誕生をきっかけに戻ってきてくれることで、観客動員数の大幅改善が期待できる。

また、万が一、出場停止処分中の中田が再度日本ハムでプレーするという選択肢があったとしても、中田翔との関係が良好で「中田再生」ができるのは稲葉氏しかいないという意見もある。

公認候補の日本ハム監督の1番手は稲葉篤紀氏であることは間違いない。

栗山監督の後任候補はまだまだこれだけいる!

一度は栗山監督の有力な後任候補と言われた人物が小笠原道大ヘッド兼任打撃コーチである。

しかし、2021年の前半を通して打撃低迷から脱することができず、責任をとることになれば既定路線からは外れるという。

日本ハムは現在新球場を建設中で、そのことも監督就任の人選に影響を与えるという。

それと関連して意外な人物の名前が取り沙汰されている。それは元巨人監督の原辰徳氏である。

日ハムは現在、札幌市の隣の北広島市に2023年春に完成予定の開閉式ドーム『エスコンフィールドHOKKAIDO』を建築中で、新球場移転に合わせて集客力の高い原監督を就任させる意向を持っているという。

その意向が本物であれば、栗山監督の後任は1年契約の「ワンポイント監督」であることが期待される。

その前座のワンポイントとして球団は原田豊・二軍監督を就任させることも検討しているという。原田二軍監督は東海大時代、原監督と同期で、三遊間を組んでいた間柄で異色だが、1年契約には適任と考えられている。

監督の打診に対して原監督の感触は悪くないのだというが、本当に実現するかどうかはあくまで未知数である。

本来なら侍ジャパンで実績のOB稲葉篤紀氏に託したいところだが、2023年春の新球場オープンに照準を合わせた場合の「1年契約」というわけにはいかない。

そこで、いま急浮上している名前が日本ハムOBの新庄剛志氏だという。

札幌ドームスタート成功の立役者で常に興行を考え、観客動員を心がけていた点を日本ハムが高く評価していることから次期監督候補に名前があがっているという。

大谷ロス以来観客動員が減少の一途をたどり、いかに観客を呼び戻して新球場移転につなげるか。それができるのが新庄氏という判断だという。

栗山監督辞任は確定か?/後任候補の監督は誰か?(まとめ)

シーズン当初から出ていた栗山監督の辞任を望む意見は、シーズン前半を終わったところで最下位に低迷していることから確定的になってきている現実をまとめた。

公認候補の日本ハム監督についても、侍ジャパンで実績をあげた稲葉篤紀氏を筆頭に、野球関係者の間であがっている名前を徹底調査してみた。

 

タイトルとURLをコピーしました