サナエノミクスとは何かを分かりやすく解説!高市早苗総裁選出馬の国民の受け止めは?

政治・経済
高市早苗氏

高市早苗前総務大臣が8日の会見で自民党総裁選に出馬することを表明した。

高市早苗氏は自身の具体的な政策として日本を強靭化し、経済を立て直すことを主眼とした3本の矢を柱とするサナエノミクスを打ち出した。

安倍前首相のアベノミクスを連想させるネーミングのサナエノミクスとは何かを分かりやすく解説してみる。

また、高市早苗氏の総裁選出馬を国民はどう受け止めているかを調査しまとめた。

サナエノミクスを分かりやすく解説する!

サナエノミクスとはどういうものか?

サナエノミクスの最大の特徴は、インフレ2%・物価安定を目指した経済優先の政策であること。

そのために、お金を出し渋りせずに積極的なバラ撒き財政政策で国民を豊かにし、まずは経済を立て直すことを最優先している。

サナエノミクスの政策内容は3本の矢に集約される。

1 金融緩和

2 緊急時の機動的な財政出動

3 大胆な危機管理投資・成長投資

サナエノミクスの3本の矢:具体的政策

1 金融緩和

インフレ率2%を目標にして国と地方(財政)の黒字化をはかり、この面から経済の立て直しをはかること。

目標達成まではPB凍結も辞さず。

世界のインフレ率は中国3%、アメリカ2%、ドイツ・イギリス・フランス1%となっており、日本はオリンピック終了後の不況&コロナ不況を阻止しようと景気を良くする方向へ持っていく。

そのための手段としてお金をシャブシャブ刷りまくり、出し渋りせずにばら撒くという作戦になる。

2 緊急時の機動的な財政出動

これまでは財務省の出し渋りが原因で財政出動の不十分さが経済の活性化を妨げていたが、今後は必要に応じて定額給付金の回数を増やす。

ちなみに、定額給付金の回数はこれまでアメリカでは3回行われたのに対し、日本では1回だけとなっている。

必要に応じて機動的にタイムリーに財政出動させることで、分厚い中間層の再構築とコロナ禍における「経済困窮者」や「事業困難者」に対する救済処置を視野においている。

3 大胆な危機管理投資・成長投資

大胆な危機管理投資をコロナ対策や救済措置におきかえて考えると

「しっかりとした救急搬送体制の確立」や「ワクチン・治療薬・医療機器などの国産供給体制」
「全世帯に1個国産パルスオキシメーターを配布」といった構想が目をひく。

経済最優先ということで、成長のための具体的政策も次々打ち出されることが期待される。

サナエノミクスで高市早苗氏に期待できること

「国の究極の使命は、国民の皆さまの生命と財産を守り抜くこと、領土・領海・領空・陸資源を守り抜くこと、そして国家の主権と名誉を守り抜くことだと考えている」

上記の政治的信条を持っている高市早苗氏は、しばしばタカ派とか右翼というレッテルを貼られることもあるようだが、これまでの政治家のなかでは安倍前首相と近い理念を政策に生かしてくれそうな期待がもてる。

賛否両論が飛び交いそうだが、「原発を含むエネルギー政策」や「中国への技術流出を防ぐための法整備&体制強化」をも視野においているという。

この点、安倍首相ですら口にしてこなかったエネルギー政策や外交政策の選択肢が出てきそうな期待と予感を感じる。

高市早苗総裁選出馬の国民の受け止めは?

経済政策的にはアベノミクスを彷彿させるものであり、比較的景気刺激的な政策と言えます。「サナエノミクス」という名前を付けたのも海外投資家には受けそうな感じがあります。実際、アベノミクスは海外投資家からみて、顔が見える政策ということで、当初かなり評価されました。また経済安全保障にも踏み込んでいる点も時代をよくみているといえます。一方で財源については現時点はあまり明確化されていません。今後の論争の中で、財源と拡張的な政策をどう両立させるのか見ていく必要があります。

日本総合研究所 調査部 マクロ経済研究センター所長

上記の指摘にもある通り、アベノミクスでも対外的な受けが良かったことを彷彿させるが、諸々の政策の財源をどこから持ってくるかがこれから問われるところになってくる。

高市さん、「NHKの受信料にメスを入れる」と宣言しましたね。

良いですねぇ。
さぁ、これからマスメディアの下げ記事、報道が展開されますよ。高市さん負けずに頑張って欲しいですね。

高市さん
マスコミの高市さん下げが醜くなると思いますが負けずに頑張って
玉川の右翼発言など気にせずに

普通は日本初の女性総理誕生か
と騒ぐならわかるが、高市さんが総理になるとマスコミはマズイのだろうな
マスコミが騒げば騒ぐほど、一般の日本人にとっては高市さんが良いのだな
と言う事がわかる

個人的には、私情でいえばかなり嫌いだがそういうのもマスメディアが流す情報に左右されているのかもしれない。マスメディアが敵視する人が政権取るぐらいの方が民主主義は健全と言えるだろう。マスメディアとベッタリなんて、最低。

大手メディアと高市氏とのバトルも日本を活性化させるための手段として期待する向きがあることは言える。

今出馬会見を見ていますが、高市さんが一番「何がやりたいか」をしっかり表明してくれていて、どういった政策を推進したいかがよく伝わってくるように感じます
暫定的ではありますが、今一番応援したい候補者です

高市氏のスピーチを聞いた。力強く、リーダーシップを発揮してくれる人だと直感的に思った。
もちろん、こういうスピーチでは良いことしか言わないが、ただ日本の弱点を的確に捉えていることが頼もしく思えた。
自民党も、今この人を担がないと、自民党自体が右肩下がりになっていくと思う。

どちらかというと菅首相の弱点だった「ものをはっきり言わない」「何が言いたいのか伝わらない」というキャラクターとは真逆の「明確なメッセージ」「発言力から見て取れるリーダーシップ」に期待を感じる国民も一定数出てくることと思う。

これまでの政治家が踏み込難かった領域にもズカズカ入り込んでいく頼もしさすら感じさせる。

菅総理と違い、確たる国家理念・歴史観を持ち自身の言葉でしゃべれ、実績もある高市さんに次期総裁になって貰いたい、青山繁晴さんが推薦人になっている点も強調すべきだろう。日本国を取り巻く情勢は刻一刻と厳しさを増す中、強い保守が求められることは言うまでもない。河野さんは国益を損なった親父さんの河野談話を否定することもなく、人の意見に聞く耳を持たず親中派とも思われ外交には不安が残る。

高市さんの中国に対する毅然とした姿勢は評価でき、外交面でも多いに期待が持て日本が求める総理として相応しいと思える。

河野さんや岸田さんと決戦投票になったとしても国民の支持が得られそうな見方も三権される。

医療
新型コロナウィルスの対策
・重症者数の極小化
自宅療養者数の減少化
治療薬投薬可能な範囲の拡大
管理施設の拡大
搬送移送の救急タブレット円滑化を図る
ワクチン接種の円滑化
海外生産に依存している治療薬
国内での生産体制の構築に向けて努力
緊急時に新薬を薬事承認制度の確率
一刻も早い承認
女性
生涯にかけてホルモンバランスの影響を受けやすい。
女性総合診療科の普及・医療人材の
痛みがなく・被爆することがないマンモグラフ
乳がん検診の検査の士やすさ
医療福祉・待遇改善
NHK受信料引き下げNHK改革

しっかり話されてますな。いいんじゃないかと思いました。

サナエノミクスの3本の矢を補完する具体的な政策を今の段階でここまで言える点も評価を高めている。

もちろん、高市氏待望論ばかりでなく、個人的好き嫌いが先行するようなネガティブな評価も見られた。

しかし、現在、総裁選に立候補している候補者たちと比べると最も比較優位にいるのが高市早苗氏という気がした。

サナエノミクスとは何かを分かりやすく解説/高市早苗 総裁選出馬の国民の受け止め(まとめ)

自民党総裁選出馬を明らかにした高市早苗氏の基本政策となるサナエノミクスとは何かを分かりやすく解説することに努めた。

また、高市氏の総裁選出馬を国民はどう受け止めているかを、実際にニュース記事に寄せられたコメントをもとに分析してみた。

安倍前首相が支援要請!高市前総務相の選挙戦の行方は?世間の反応を調査!

タイトルとURLをコピーしました