微アルコールビール どんな味?酔える?ノンアルコールビールとどう違う?

暮らし・グルメ
微アルコールビール

ビール市場に新しいカテゴリーのビールが登場する。

アルコール分を0.5%含む「微アルコール」というビール飲料である。

0.5%という微量なアルコールを含むことでどんな味覚になるのか、それで酔うことができるのか、またよく似たイメージのノンアルコールビールとどう違うのかが気になり調べてみた。

微アルコールビール どんな味?酔える?

微アルコールビールってどんな味?

これまで日本になかった「微アルコール」というカテゴリーのビールがアサヒビールから発売される。

全国一斉ではなく、関信越エリアの1都9県で3月30日から市場に出る。

新製品はアサヒビアリー。

中身は綺麗な琥珀色。豊かな泡も含め、見た目はビールにしか見えない。さっそく一口目を飲んでみると……えっ、これ、ビールみたいだ!

この「アサヒ ビアリー」、ファーストインパクトは本格的なビールのよう。泡はきめ細やく、芳醇なホップ香もしっかり感じるうえに、ビール特有の喉越しもある。アルコールを感じないという点以外は、全体的にかなりビールに近いように思える。正直な話、普通に美味い。

                                        引用元 マイナビニュース

引用コメントから感じられることは、のど越し・泡立ちは普通のビールと変わらない。

「アルコールを感じない」という点に関しては、あらかじめ「0.5%」という先入観を持って飲むことが影響しているかもしれない。

見た目とのど越しに感じる味覚は普通のビールとほとんど変わらないことは伝わってくる。

微アルコールビールって酔える?

そして気になる「アルコール度数0.5%」。アルコール飲料をそこそこ嗜む人であれば、基本的に「酔っ払う」レベルにまでは達しないだろうが、1350mlを飲み切る頃には少しふわふわとした心地よさを感じた。わずか0.5%でもアルコール分をまったく楽しめないというわけでもない。ノンアルコールじゃ物足りない、ちょっと酔い心地気分になりたい時にちょうど良さそうだ。

                                         引用元 マイナビニュース

普通のビールと同じ量を飲んで比較してみた場合を想定すると、「酔っぱらう」レベルには足りないことがわかる。

しかし、350㎖1缶を飲み終える頃には、ほろ酔い気分を味わえることから、十分潜在ニーズにこたえているといえる。

なぜなら、この程度のアルコール度数で「酔っぱらう」ことは最初から期待指数に入っていないからだ。「ほろ酔い」で御の字なわけである。微

微アルコールビールはノンアルコールビールとどう違う?

微アルコールビールの定義はノンアルコールビール

先に市場に出ている「ノンアルコールビール」とは必ずしもアルコール分0%であるとは限らない。

ビールも含めて「ノンアルコール飲料」の定義は「含有アルコール量が1%未満の飲料」となっている。

つまり、アルコール度数0.9%までは「ノンアルコールビール」と名乗っても矛盾はない。

これからは、アルコール0.5%のもの微を「微アルコール」と特別に定義してカテゴリーを別にしていこうという製品戦略なのだ。

微アルコールビールとノンアルコールビールの市場ターゲットの違い

アサヒビールの中での製品ジャンルでいうと、ノンアルコールビールとして発売された「ドライゼロ」は調合技術によってビールに近い味を作っており、普通のビールと作り方は変わらない。

これから発売される微アルコールビールの「ビアリー」は、いちどビールとして醸造した後に、特殊な技術を使ってアルコール分を抜き取る製法である。

ノンアルコールビールがいかにアルコール分を含まないとしても、明らかに「飲める層」をこれまでターゲットにしてきた。

しかし、コロナ渦で飲食業界やビジネス需要が減り、普通のビールの需要が激減していくトレンドを踏まえて、これからは「ビールの飲み方の多様化」、「飲む人の多様化」を視野におかなければならない。

そこで、「飲めない人」や「飲まない人」の潜在ニーズを掘り起こすためにできたのが「微アルコールビール」ということになる。

微アルコールビールとノンアルコールビールの違い:味、酔い方、市場ターゲット(まとめ)

これまでのノンアルコールビールと似ているがカテゴリーが違う「微アルコールビール」がこれから市場に投入される。

飲んだ時の味覚、酔い方、市場ターゲットにおいて両者の違いをまとめてみた。

タイトルとURLをコピーしました