小室圭 眞子さまと結婚後の収入が厳しい現実!弁護士事務所就職は鬼門?

ニュース
小室圭さんと眞子さま

眞子さまと結婚を前提にニューヨークで弁護士資格取得を志す小室圭さんに厳しい現実が待ち構えているようだ。

既にアメリカで大手弁護士事務所への就職を打診して断られた事実があり、ニューヨーク州の弁護士としての活動、弁護士事務所への就職に黄信号が灯っている。

また、弁護士事務所で活動できたとしても、眞子さまと結婚後の収入を得ていくのは思いのほかハードルが高く、小室圭さんの収入だけではたしてやっていけるか疑問である状況を客観的にみてみたい。

小室圭さん  アメリカでの弁護士事務所就職は鬼門?

アメリカでビッグローへ入るための通常ルートとは?

全米で「トップ100」と呼ばれる大手弁護士事務所(ビッグロー)のパートナー弁護士のA氏は、小室圭さんが就職を希望して経歴書を送ってきた情報を公開した。

A氏は小室さんのレジュメ(経歴書)をみて小室さんがLLM(法学修士)のコースに入ったこと、しかも1年学んだ後に、JD(法務博士)コースに編入した経歴に首をかしげた。

普通、国の大学には法学部がなく、弁護士を目指す人は、大学卒業後にJDに入る。ここで3年間学び、事務所に入るのが一般的なパターンだという。

小室さんのようにビッグローを目指す人がこんな働き方をするのは聞いたことがない、というほど「特殊な経歴」を積んでいるようなのだ。

実力以前に経歴でビッグローを目指すのは限りなく遠回りになったというべきである。

ビッグローのインターンの募集は、ハーバードやエール、コロンビアといった有名大学で公募し、最初の書類選考で成績優秀者に絞り、次の面接で決まる。A氏が言う。 「採用された学生には、1年目から19万数千ドル(2千万円以上)の給与が支払われます。それも5年くらいは半人前で、彼らから利益は出ません。それでも欲しい人材ということなんです。だから相当厳選します。原則でいえば、ビッグローはインターン以外の方法では採用しないです」  チャンスをつかめる学生は、ほんの一握りだ。小室さんは、そもそもLLMに入った時点で、希望するビッグローへの道は閉ざされたといっていい。

引用元:ヤフーニュース

小室圭さんにとってアメリカ法律事務所が鬼門である理由

こう言っては何ですが、彼の経歴に目を見張るモノはありません。あるとすれば眞子さまのフィアンセという一点。それでも奨学金を取得できたり、JDへ編入したり、弁護士が出てきて仕事を探したり。知恵をつけている人がいるんでしょう

引用元:ヤフーニュース

日本をひとたび離れてアメリカで競争の激しい大手弁護士事務所を目指そうとすれば、皇室のフィアンセであるということがメリットにはならず、遠慮会釈なく実力主義で対応するということだ。

しかもA氏のように、小室さんがレジュメを送ってきた情報を流出させて、全く平気なメンタリティなのだ。

詳しいことは申し上げられませんが、彼の『経歴書』を見る限り、とても“権威”が好きなんだと思います。M&Aも彼からすれば格好良く見えるんでしょうけど、実際は相当厳しい世界です。パートナー弁護士になるのは10年後くらい。それまで生き残っているのはわずかです。彼がそもそも弁護士という職業に向いているのか……。野心家だと思うので、ベンチャーのような起業家とかが向いているような気がします

引用元:ヤフーニュース

こうはっきり言ったうえでA氏は「小室さんの実力では無理だと思います」と言い切り、もちろん小室さんからの就職の申し出は断っている。

小室さんがM&Aの案件を手掛けたいという希望をもち、ビッグローをこれからも志向するならば、同じような経緯で断られ続ける懸念がある。

小室圭さん 眞子さまと結婚後の収入が厳しい現実!

 TBSテレビ「ひるおび!」は9日、秋篠宮家の長女、眞子さま(29)が10月にも婚姻届を出し、結婚後に渡米する方向で宮内庁が調整していることについて特集し、レギュラー出演する弁護士、元裁判官の八代英輝さん(57)が現地の弁護士事情について解説した。  番組では眞子さまの婚約者、小室圭さん(29)が7月にNYで司法試験を受験したとみられ、12月中旬ごろの合否発表を経て現地の法律事務所へ就職する見込みと伝えた。この中でNY市の新人弁護士の年収を平均約1800万円と紹介。これに米国での弁護士経験がある八代さんは「人数も多く競争が激しい。1年後には半数の人が失職」と明かした。  MCの恵俊彰(56)が「えっ! 次の年には半分になってるんですか?」と驚くと、八代さんは「1800万もらえる場合、最低限事務所にその3倍の稼ぎを入れるのがノルマ」と指摘。さらに「3倍の稼ぎをするには大体3000時間、クライアントに請求できる時間が必要」とした上で、「1年生はリサーチとかいろいろしないといけないので、働いた時間全部を請求できるわけじゃない。大体請求可能時間の1・5倍は働かなければいけなくて、そうすると週90時間が平均」と厳しい労働条件を挙げた。  さらに「ある日事務所に行ったら自分の部屋がロックされて開かない。その瞬間にクビを知る」と突然の解雇が有り得ることも明かし、「パソコンを立ち上げることもできず、警備員立ち会いの下、私物だけ段ボールに入れて裏口から外に出される人が1年後に半分くらいいる」と当時を振り返った。

引用元:ヤフーニュース

上記のニュース報道を見る限り、小室圭さんと眞子さまの結婚後の収入が心もとなく極めて心配である。

皇室からの1億4千万の支援金なし、紀子さまが突き付けたという条件として「皇室出禁」「結婚後の経済的支援一切なし」という条件が重くのしかからないか?

徒手空拳で実力1本で生き馬の目を抜くアメリカで弁護士として生きていくつもりの小室さんはオーソドックスな経歴すらもっていない。

前途多難な船出と言わざるを得ない。

小室圭さんの弁護士事務所への就職・結婚後の収入(まとめ)

10月にも結婚届を出す予定である小室圭さんと眞子さまのアメリカでの生活を支える結婚後の収入に大きなハードルがある。

また、弁護士としての活動を可能にしビッグローに就職するための経歴の構築にも限りなく懸念材料があることが分かる。

タイトルとURLをコピーしました