小園健太(市立和歌山) 出身中学&プロフィールは?成績・球速・球種にプロ注目!

スポーツ
小園健太

いまプロ野球のスカウトがこぞって注目する超高校級右腕の投手がいる。

市立和歌山の小園健太投手で、巨人筆頭に12球団が注目し、2021年のドラフトでは1位指名確実と言われる逸材である。

小園健太投手の出身中学や身長・体重といったプロフィールや、プロモ注目する成績・球速・球種、投球スタイルやスキルについてまとめた。

小園健太(市立和歌山) 出身中学&プロフィールは?

小園健太(市立和歌山)のプロフィール

名前:小園健太(こぞの けんた)

出身地:大阪府貝塚市

生年月日:2003年4月9日(18歳)

身長・体重:185㎝ 85㎏

ポジション:投手

投打:右投・右打

在学校:市立和歌山高校

小園健太(市立和歌山)の出身中学

小園健太投手の出身中学は大阪府の貝塚市立第一中学校

中学時代は学校の部活ではなく、地元の中学生の硬式野球クラブである「貝塚ヤング」に所属して野球をやっていた。

中学生で硬式野球というところが凄い!

貝塚ヤングの出身者は数多く甲子園大会にも出場している子供の野球エリート集団だ。

中学生のヤングリーグがあり、全国大会で貝塚ヤングが優勝した原動力として小園健太投手が早くも注目された。

中学3年で全国大会優勝経験があることから、高校進学時からプロ並みにスカウトからの勧誘があったはずだが、小園健太投手の進学先は和歌山県の市立和歌山高校だった。

同じ和歌山の智弁学園の強さと知名度が際立っているため、和歌山ならなぜ智弁学園に行かなかったのかという疑問もわいてくるが、貝塚ヤングからは6名が市立和歌山に進学し野球部に入部している。

かつては阪神の藤田平や広島の正田耕三などの名選手を生んでいる。

小園健太(市立和歌山)の成績・球速・球種・投球スタイル

小園健太(市立和歌山)の成績

2018年ヤングリーグ選手権大会 優勝

市立和歌山高校では、1年春からベンチ入りし2年夏の独自大会では智弁和歌山との3回戦で敗退
同年秋では準決勝で智辯和歌山に雪辱、県大会を制している。

今春のセンバツでは1回戦で県岐阜商(岐阜)を完封。

2回戦では明豊に5回1失点で敗れたが、プロスカウト陣は絶賛。

ストレートだけでも空振りが取れる。

2021年の高校野球和歌山大会で小園健太投手は最速152キロを記録し、「剛腕進化」を遂げたことでプロのスカウトの熱い視線を浴びた。

市和歌山11-1県和歌山と圧倒した1回戦では、9球団21人のスカウトが視察するなか、速球で押しまくる姿が高評価だった。5回8奪三振1失点で初戦を6回コールド勝ち。

4か月前とは腕の振り、パワーいずれもレベルアップし、速球で押す投球スタイルでプロへの可能性を広げた。

小園健太(市立和歌山)の球速・球種・投球スタイル

癖の少ないフォームから投げ込む最速152キロんのストレートは威力充分で、ストレートだけでも空振りが取れる。

変化球も多彩でスライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ、ツーシームをストレートと組み合わせて打ち取ることもできる高校生としては完成度の高い投手だ。

小園健太(市立和歌山)の出身中学&プロフィール/成績・球速・球種(まとめ)

今年最速152キロのストレートを投げ剛腕進化を遂げた小園健太(市立和歌山)が注目されている。

小園健太の出身中学・高校を野球の経歴と関連づけてまとめた。

また、成績・球速・球種を概観し、プロのスカウトに注目される要因をまとめた。

タイトルとURLをコピーしました