伊藤健太郎 復帰を支援する芸能界の大物は誰? 復帰に対する世間の反応!

エンタメ

ひき逃げ事故を起こした俳優の伊藤健太郎が10月再始動し主演舞台で復帰するという。

本人よりも所属事務所の意向だと言われているが、それを可能にする芸能界の大物の支援が見込めるという。

その大物とは一体誰なのかを探ってみた。

伊藤健太郎の再始動の動きと世間の反応

伊藤健太郎の再始動の動き

昨年ひき逃げ事故を起こして逮捕されたが、不起訴処分となった俳優の伊藤健太郎の再始動の動きが見られる。

今年10月の再始動で主演舞台での復帰が予定されているという。

6月30日の誕生日に合わせてオフィシャルファンクラブと公式サイトも立ち上げている。

7月19日~25日は南青山で写真展もあるという。

もちろんこうした復帰に向けての全ての動きは本人が単独で進められるはずはなく、所属事務所の意向でしっかりマネジメントされていることだろう。

いささか早すぎる印象は否めないが案の定、SNS 投稿等で見る世間の反応は芳しいものではない。

伊藤健太郎復帰の動きへの世間の反応

やはり目立つのは、いきなり主演舞台はない! 暫く脇役や裏方を経験させるのが筋ではないかという意見である。

ひき逃げと言えば、一般人の場合なら懲戒解雇が当たり前で、その後更正しましたといっても社会復帰は困難であるのに、芸能界というところはなんと甘い世界だという論調も目を引いた。

インタビュー等で見る限り本人が反省しているとは感じられず、不起訴処分で前科はつかなかったかもしれないが世間の見る目は好転していないという意見も目立った。

こうした反応をみる限り、復帰に向けてのいばらの道が取り除かれた訳ではなさそうである。

伊藤健太郎を支援する芸能界の大物とは一体誰?

伊藤健太郎復帰はビジネスになる!

伊藤健太郎が負った慰謝料や違約金等の借金総額は、一部メディアが報じた8億円では収まらない見通しという。

プラスが何だかんだと生じて総額10億円になる見通しという。

現在、事務所が肩代わりしていても、伊藤健太郎本人も一刻も早く借金返済に向けて動きだしたいところである。

その観点からみると幸いなことに、視聴率9.9%を記録し、興行収入も「鬼滅の刃」に次ぐ50億円を稼ぎ出した「今は俺」がある。

伊藤健太郎復帰を支援する芸能界の大物とは誰?

「今の俺」をシリーズ化することでこれからも大きなビジネスになる。

そうなれば大物が支援に乗り出してくる。

サイゾーウーマン編集部の情報によると、大手芸能事務所幹部のX 氏がその大物だという。

X 氏は自社タレント以外に斎藤工、中島美喜、「新しい地図」の3人など多くの芸能人をバックアップしてきたという。

X 氏をよく知るからこそ、所属事務所も伊藤健太郎復帰に向けてグランドデザインを描けるようになった。

伊藤健太郎復帰を支援する大物芸能人/復帰に向けての世間の反応(まとめ)

俳優の伊藤健太郎が復帰に向けて動き出している。

所属事務所の意向もあるが、背景には大物芸能人の支援があると言われ、その大物芸能人とは誰かを探ってみた。

また、伊藤健太郎復帰に向けての動きを見る世間の反応はどうかについてまとめた。

タイトルとURLをコピーしました