知床遊覧船 桂田精一社長の年齢・学歴・家族は?ホテル経営等の経歴を調査!

不幸な事故を起こした知床遊覧船の桂田精一社長個人に関する関心が高まっている。

桂田精一社長の年齢・学歴・家族(嫁・子供)についてまとめた。

また、桂田恵一社長の経歴を調査し、知床遊覧船以外にもホテル経営に関わりをもっていたことを調べてみた。

知床遊覧船 桂田精一社長の年齢・学歴・家族は?

知床観光船事故>事故後、初めて会見した「知床遊覧船」桂田精一社長(撮影・西川祐介)― スポニチ Sponichi Annex 社会

名前:桂田精一(かつらだ せいいち)

年齢:58歳

出身地:北海道斜里郡

出身高校は北海道網走南ヶ丘高校(桂田精一氏のFacebookより)

高卒後は大学ではなく、陶芸家の道を志し、
茨城県工業技術センター窯業指導所を卒業したことが明らかになっている(桂田精一氏のFacebookより)

元斜里町の町会議員を父にもつ。

結婚歴があるが、一度目に結婚した妻とは離婚し、現在は再婚した妻と同居し、
2人の子供がいる、という享保が出ている。

確定情報を入手し、詳細が分かったら追記したい。

桂田精一社長のホテル経営等の経歴を調査!

桂田精一社長は有名百貨店で個展を開催できるほどの有名な陶芸家であったことが知られている。

有名な実業家で株式会社武蔵野代表取締役社長でもある小山昇氏と人脈を築いていた。

小山昇氏は有名な経営コンサルタントでもあったが、桂田精一社長は小山昇氏からコンサル指導を受ける関係だった。

知床遊覧船の社長であり、「しれとこ村」の代表取締役でもあった桂田精一社長はしれとこ村グループとしては4か所の経営に携わっていた。

ホテル経営に関しては何もわからない桂田社長は小山昇氏の助言には忠実に従い、言われたことは進んで実行した。

知床観光船が売りに出されたときに、結果として桂田精一社長が値切らず「言い値で」購入に踏み切るのも小山昇氏のアドバイスがあったからだ。

小山昇氏のTwitterには知床遊覧船の船内で集客の勉強会を行ったとの記載があり、勝手を知らないホテル経営だけでなく、これまた未知の事業分野であった知床遊覧船の経営面でも小山昇氏から多大な影響を受けていたことがわかる。

タイトルとURLをコピーしました