金本知憲 広島カープ監督待望論は現実化する?新井貴浩の招聘があるかも調査!

広島カープ
新井貴浩と金本知憲

広島カープがシーズン終盤に入っても低迷のまま浮上の兆しを見せない。

せめてAクラス入りを期待しても、現実は最下位争いでしかない。

広島カープの伝統から言って、シーズン途中の監督交代はありえず、シーズン終了後も佐々岡監督から辞意を表明しなければ、球団側から監督解任に動くことはない。

しかし、カープらしくない大味で勝負弱い闘いを見せられているファンのフラストレーションは限界に達しており、このまま最下位争いから脱出できずにシーズンを終えるようなら、監督を含めた首脳陣の刷新に動かないと納得を得られないだろう。

佐々岡監督のような「良い人」ではなく、「勝負師」の熱さと厳しさを兼ね備え、それにカープらしいチーム結束力と粘り強さを取り戻してくれる監督をファンは切望している。

そこで気になる金本知憲氏の広島カープ監督待望論は現実化するかを探ってみた。

また、阪神時代同じチームで闘った「師弟関係」と言ってもいい強固な信頼関係のある新井貴浩氏の監督招聘があるかも調査してみた。

金本知憲 広島カープ監督待望論は現実化する?

金本知憲氏の広島カープ監督待望論が起きる背景

広島カープの今年の戦力は充実していると言われ、実際、優勝争いしていて当然で、現在の位置に滞留して最下位争いするようなチームではない。

これは、広島OBやファンに共通した見方であるだけでなく、プロ野球関係者や専門家の間でも言われている見解である。

東京五輪の侍ジャパンには12球団最多の4選手が選ばれ(鈴木誠也、菊池、森下、栗林)、辞退した会澤が入れば5選手というスター揃いである。

ただ良い選手を揃えてもそれだけでは勝てないことはここ3年間のBクラス低迷で証明されている。

OBや専門家は佐々岡監督の采配や指導力に疑問符をつけ、3連覇達成時のような劣勢でもはね返す熱さと粘り強さ、一体感を取り戻してくれる指導者が必要であることを見抜いている。

広島ファンの間でも、「佐々岡監督の采配では勝てない」という見方が主流となり、チームに3連覇したときのような一体感と熱さをもたらしてくれる、低迷したチームを刷新して、結束力をもたらしてくれる「熱い」指導者を望んでいる。

そこで、阪神移籍後も中心選手として活躍し、監督になってからも梅野隆太郎、大山悠輔、糸原健斗を主力として一本立ちさせるなど、育成手腕に定評のある金本知憲氏の広島カープ監督就任を待望する声が強くなっている。

阪神で3年間監督を務めた金本知憲氏ならただ厳しいだけでなく、アメとムチを入れた指導で常勝軍団の輝きを取り戻すことが可能と考える人は多い。

金本知憲氏の広島カープ監督待望論は現実化するか?

金本知憲氏は阪神に移籍した後も「広島愛」のある人物として知られていた。

FAで阪神に出ていった過去があり広島一筋ではないことから広島の監督になる可能性は低いという定説もある。

しかし、金本氏自身が極めて親しい周辺人物に明かしたところによると、広島から監督就任のオファーがあったいうのだ。

その事の真偽は定かではないが、3年前の2018年に金本氏が阪神の監督を辞任したときに、古巣の広島の球団関係者からは気になるコメントが出ている。

ある球団幹部は「金本の人間性はいいと思っている。一度、他球団に行ってそこで引退して監督になったからといって関係が終わるわけではない」と力説し、さらに踏み込んだ発言を続けた。

現状、カープは緒方監督が球団初のリーグ3連覇を達成し、来季の続投も決定的。一方で「新井も戻ってきてくれたからね」と選手、監督の違いはあるものの“弟分”が阪神に移籍後、15年に広島へ復帰したことを引き合いに「今どうこうと言うことではないが、これからのことを考えると何があるか分からない。『一軍の監督をやっていたから二軍のコーチならやりません』となったら話にならないけど、今後は戻ってきてもらうこともあるかも」。

将来的に何らかの形でオファーする可能性もゼロではないようだ。

引用元:東スポWeb

あくまでも複数ある可能性の1つでしかないが、広島の球団内部から金本に監督のオファーを打診する可能性は大いにあると言って良い。

首脳人を刷新して金本さんの元で新たなカープを作ってほしいという声は広島でも聞かれる、ということは広島のテレビ関係者の間でも聞かれるという。

新井貴浩氏の監督招聘はあるか?

新井貴浩氏の監督招聘についてのネガティブな見解

広島の不文律としていつも言われることだが、広島一筋の生え抜きでない監督になれない、という見解で、FAで阪神に移籍した新井貴浩氏は監督になれないという。

しかし、同じようにFAで阪神に移籍している金本知憲氏を再評価したり、今後の復帰もあり得ることを伺わせる球団関係者の見方を考えると、新井貴浩氏の監督招聘も絶対にない話ではないと思われる。

それと、新井貴浩氏の指導者経験がないことから、監督・コーチとしての指導力や手腕が全く未知数であることも良く言われる。

つまり、監督としていきなり招聘するのではなく、コーチや2軍監督として経験を積ませて、力量を見極めてからでないとリスクが高いという、まさに正論である。

しかし、正論が覆る可能性があるのは、「この人物なら劇的にチームを変えることができる」という評価が高まったとき、即ち「感性が論理に勝ったとき」かもしれない。

そういうときに待望される人物の支持はあっという間に広がる可能性を秘めている。

五輪解説で評価急上昇の新井貴浩氏に出てきた監督待望論

野球日本代表「侍ジャパン」が金メダルを獲得した東京五輪で、新井貴浩氏の解説が高い評価を得ている。

韓国戦の試合中にSNSのトレンドワードとして、新井氏の解説が話題になるほどだった。

意外な方向からだが、新井が評価されるのは嬉しい。こんな人柄だからベテランにも後輩にも慕われるし、可愛がられるんだよね。解説者もいいけど、いつか広島の一軍コーチやってほしい。新井がチームにいるだけで、雰囲気がグッと良くなる

新井さん広島を助けてください。侍ジャパンにはたくさん選ばれているのにチームは全く機能していません。あなたが監督になって戦う意識を取り戻させてください

引用元:Aera dot  Gooニュース

上記の引用コメントはSNS上での勝算の声の一部だが、2016年~2018年に3連覇したときに、チームが1つにまとまった強さをみせたこと、その中心に新井貴浩氏がいたことをファンんは忘れていない。

指導歴のない新井氏がいきなり監督に就任するのは賛否両論の意見があるかもしれない。

だが、前監督の野村謙二郎氏も指導者経験がないところから5年間監督をつとめ、18年間Bクラスが指定席だったカープをAクラスに導いた。

監督やコーチ陣を刷新することで劇的にチームが変わる可能性を秘めているのが広島だとすれば、人選でセオリー無視の「ヒーロー待望論」が現実化し、新井貴浩氏ならチームのモチベーションを最大化して強いカープにしてくれるという期待を背負う根拠は十分ある。

金本知憲の 広島カープ監督はあるか?/新井貴浩の招聘は? (まとめ)

シーズン終盤に入っても低迷したまま最下位争いを繰り返す広島カープのシーズンオフの新監督待望論が話題になることが多くなってきた。

次期監督候補の中で、広島次期監督待望論が出ている金本知憲氏の監督就任は現実化するか、また金本氏の弟のような存在で阪神時代も師弟関係を構築していた新井貴浩氏の監督招聘はあり得るかを調査し、まとめてみた。

広島カープ次期監督2022は誰? 黒田博樹氏ではない3つの理由!

佐々岡監督辞任は決定的?後任候補の広島監督は誰かを調査!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました