じゅんや(TikToker)は中国人?プロフィール・経歴は?

エンタメ
じゅんや

TikTokのフォロワー数が国内最多の4320万人を超え、TikTok王と呼ばれるじゅんやが2023年1月9日にYoutubeチャンネル登録者数も2000万人を突破した。(2021年3月時点ではTikTokのフォロワー数2400万人、YouTubeのチャンネル登録者数613万人)

しかし、個人情報は意外と知られておらず、ネットでも「何者?」や「何人?」といった検索が目立つ。

ここでは、じゅんや(TikToker)が中国人かどうかを調べ、またじゅんやのプロフィールや経歴も気になり調べてみた。

じゅんや(TikToker)は中国人?

じゅんやが中国人か?とも言われるのは、じゅんや自身がNo,1になったTikTokというアプリがもともと中国発祥のものだからということもある。

それと、じゅんやの動画は日本語ネイティブでなく、言葉が分からない人が見ても十分面白さが伝わることもあり、言語の相違を超越したグローバルな性格をもつ。

また、言語に頼らず、ノンバーバルで動画のアクションやゼスチャーだけでシンプルに笑えるという独自の魅力をもつため、ファンも言語を超越して世界に広がる。

また、じゅんやの動画は日本人よりも外国人に親しまれ書きこまれるコメントも外国語(中国語みある)が多いことから、じゅんやも最近は動画の中で英語をしゃべっていることが多い。

そうした理由で中国人では?と思われることもあるようだが、国籍は非公開であるとしても日本国籍は疑いのないところ。

Wikipediaでも「日本のTikToker」として紹介されている。

出身地も非公開で不明だが、過去につけた動画タイトルに関西弁が多いことから関西出身と推定されている。

現在の住居は兵庫県神戸市。

じゅんや(TikToker)のプロフィール・経歴

じゅんや(TikToker)のプロフィール・経歴

じゅんや自身が個人情報を全く公開していないこともあって、年齢や出身地、誕生日などの個人情報は全く謎に包まれている。

ネットで公開されている個人情報は少ないながら、明らかになっている情報の1つは

生年月日:1994年11月28日(28歳)

ただ、過去の動画から分る情報もある。

その一つが、2019年12月「25歳フリーターのオレは女子高生とつきあいたい」とYoutubeの動画にアップしている。

これからも、2019年の時点で25歳だということ、どこかの芸能事務所に所属したり就職して本業をもつことはなく「フリーター」であることが読み取れる。

また、公開された動画タイトルでよく「〜やけど」「ほんまに」といった関西弁を使っていることから、出身地は関西であることが推定され、国籍も日本人では?と思われる。

2019年『tiktok王になる』と宣言してtiktokデビューしたことは衝撃的だった。

その後のフォロワー数の急伸ぶりは良く知られるところで、2023年現在4000万人を誇る国内フォロワー数ナンバーワンのTikTokerである。

純やダンスという独特のダンスや転んだりものにぶつかったりしても笑顔を絶やさないパフオ-マンスや独特のオーバーアクションで世界中から親しまれているTikTokerだ。

じゅんやの現在・最新情報

じゅんやがYouTubeチャンネルを開設したのは2020年9月。自身のTikTok動画を転載してYouTube動画を編集するという手法で爆発的に登録者数・再生数を増やしました。

開設からわずか394日で登録者数1000万人を達成しました。この1000万人達成のスピードの速さもNo.1です。

「HikakinTV」(登録者数1100万人)が1000万人を達成するのに10年以上かかったのと比較するとじゅんやは1年余りとまさに驚異的なスピードでYouTubeの王者よりも早い成長スピードでした。

じゅんやは、2020年10月には国内の登録者ランキング1位となり、2年以上にわたってトップの座をキープしており、今後もどこまで上昇するかが注目されています。

2023年1月9日、じゅんやはチャンネル登録者数2000万人を達成。2000万人達成は国内初で、開設から達成に要した日数は847日でした。

まとめ

TikTok王と呼ばれるフォロワー数2400万人を誇るじゅんやがTYoutubeでも好調だ。

じゅんやの国籍が中国人かどうか、またじゅんやのプロフィールや経歴についてまとめた。

じゅんやについての関連記事があります。よろしければこちらの記事も見に来て下さい。

「じゅんやの収入源と年収が驚愕なのはなぜ?じゅんやダンスと面白芸を動画で確認!」

タイトルとURLをコピーしました