笹生優花は将来も二重国籍?ハーフでマルチリンガルの語学力が驚愕!

スポーツ
笹生優花

女子ゴルフの全米女子オープン選手権を制した19歳の笹生優花選手が「新ヒーロー」と大きな話題になっています。

笹生優花選手は日本とフィリピンのハーフとして知られ現在は二重国籍をもっていますが、将来も二重国籍のままなのか、それともどちらかに帰化するのかを調査しました。

また、笹生優花選手はハーフで語学堪能として知られていますが、日本語と英語だけのバイリンガルではなく、もっと多言語を話すマルチリンガルなのです。

笹生優花選手の語学力が驚愕であることも確認しましょう。

笹生優花は将来も二重国籍?

笹生優花選手は日本人の父とフィリピンインの母との間に生まれたハーフです。

フィリピンで生まれていますが、6歳でフィリピンから東京にいったん移住し、小学校3年からフィリピンに再び戻っています。

父の影響で8歳からゴルフを始め、高校は通信制のアスリートゴルフコースをもつ日本の代々木高校で学びました。

在学中からプロテストに合格し、現在もプロゴルファーとして日本とフィリピン両方で活躍しています。

国籍はフィリピンと日本の二重国籍をもっていますが、将来はこのままではありません。

2021年の東京五輪はフィリピン代表として出場しますが、将来的には日本国籍を選択するつもりと語っています。

ハーフの笹生優花はマルチリンガルで語学力が驚愕!

笹生優花選手は8歳からゴルフの英才教育を受け、ゴルフ環境の都合でも日本とフィリピンを「行ったり来たりしています。

幼少時から日本でもフィリピンでも長く生活した経験があります。

フィリピンに行ってみると分かりますが、日本に比べて若い人の人口が多く、地元のタガログ語に加えて英語を堪能に話す人が圧倒的に多くいます。

日本人からみれば驚異的に見える英語も笹生優花選手は英語ネイティブ並みに身のつけており、日本語より英語が得意だと本人も言っています。

それと、韓国語やタイ語もネイティブと同じほどではありませんが、かなり自由に話していますから、日本語、英語、タガログ語、韓国語、タイ語の5か国語を自在に使いこなすマルチリンガルということがわかります。

英語1つの習得にも苦労している日本人からみれば驚愕の語学力です。

笹生優花の二重国籍について、驚愕に語学力について(まとめ)

日本人とフィリピン人のハーフであるプロゴルファーの笹生優花選手について記事作成しました。

笹生優花選手がこのまま将来も二重国籍にままかという気になる話題を調査し、5か国語を使いこなす驚愕の語学力についてまとめました。

タイトルとURLをコピーしました