東京五輪 外国人観客なしでも日本の評価を高める方法はある!

政治・経済
東京五輪

開催が危ぶまれている東京五輪だが、大会組織委員会、政府、東京都、IOC、IPCの5者会談が20日行われ、海外からの観光客受け入れを断念したかたちで開催される方針が固まった。

世論的には中止と延期を要望する声が3分の2強を占めるなか、IOCがそもそも中止・延期という選択肢は認めず何としても開催しなくてはならないと菅首相は言う。

とにもかくにも、日本人観客のみで開催するという前提が覆らないのであれば、開催にあたって海外からの日本の評価を少しでも高める方法を考える必要があるはずである。

東京五輪 外国人観客なしでも日本の評価を高める方法は?

日本の観客の役割分担

海外からの観客を受け入れず、日本人観客のみで東京五輪を開催する前提で、脳科学者の茂木健一郎氏がツイッターを更新し、独自のアイデアを出している。

茂木氏のアイデアとネットを通じたアイデアについてのコメント(賛否両論)を一通り読ませていただいた。

中にはネガティブな反応もあったが、開催が決定したのであれば、日本人としてできる最善の道を探る義務と責任はやはりあるのではないだろうか。

茂木健一郎氏のアイデアの1つが

ぜひ考えたいのは、もし観客が入れるのならば、日本の観客で、分担して、それぞれの国を国旗を振って応援する工夫をすること

ということである。

その程度のアイデアはラグビーのワールドカップで経験済みとか、あまりポジティブとは言えない意見も多々あったが、高く評価する意見もあった。

工夫次第で効果を高められる方法だと思うので、実施を検討してもらいたいアイデアだと思う。

国内的にも国際的にも、スポーツの大会での上位入賞者のコメントで「皆さんの応援が力になりました」とか「観客の声援が背中を押してくれたから頑張れた」という選手の声は競技後のインタビューでよく出てくる。

とすれば、背中を押して応援する行為が「日本人観客」から「日本人選手」へという一面的なものだけであれば海外の選手に対して不公平である。

東京で開催されたことで必要以上に「日本人選手が有利だった」と言われないためには、ぜひ検討してもらいたいアイデアだと思う。

具体策が難しければ、実行委員会を専門にたちあげるとか、五輪関係者だけでなく民間から広く実施のためのアイデアを募集することも検討してほしい。

一般の観光客に対応するボランティアの人数は、海外からの観客が来ないことでかなり抑制できることから、「観客席に座って観戦すること専門のボランティア」を募集しても良いと思う。

「実施したところでどっちみち盛り上がりに欠ける」というネガティブな意見もあったが、わずかなことでもいいから日本人選手だけが有利にならないようにできることを工夫するのは大切ではないだろうか?

日本在住外国人の招待

日本のいたるところに海外各国の特定の国籍の人が集まって在住しているコミュニティが存在する。

そうしたコミュニティに何とかはたらきかけて、自分の国籍の選手の応援に来てもらうというのも1つの方法だと思う。

茂木健一郎氏のアイデアでも

あるいは日本在住のそれぞれの国出身の方を少人数でもご招待したい。いろいろできることはあるはず

これについても、アイデアを民間から募れば、妙案が色々と出てくる気がする。

そうした、海外の選手や母国の人たちの役にたつことで、結果として日本の評価を高めてもらいたい気持ちでいっぱいである。

東京五輪の安全対策を強化することで日本の評価を高める

ワクチン対策

海外からの懸念の声として、ワクチン接種の具体策と実施のスケジュールがうまくいっていない、その日本で開催して大丈夫かという反応がある。

これは、同時に日本国民の声でもある。

五輪直前の6月末までに約1億回分(約5千万人分)を供給できる目鼻を付けたと政府は言っている。

しかし、ワクチン生産拠点のあるEUの承認、IOCとの合意など前途用意でないハードルがあることは分かるが、医療従事者・高齢者以外の国民がいつワクチン接収を受けられるかを1日も早く道筋をつけて、見通しを示してもらいたい。

そこが明らかにされないために東京五輪開催にネガティブになっている国民も少なくないと思われる。

安全に五輪観戦するための対策

これまで実施された外国人入国者の2週間隔離の感染症防止対策を同様に実施するのかも問題となる。

海外からの観客受け入れを断念したことで、受け入れ人数は選手団や大会関係者や報道陣等に絞られたとはいえ、彼らを入国させ、一定期間日本に滞在させても、どんな方法で感染防止対策をとっていくのかは、日本人も外国人も注目して「見ていることと思う。

さらに、観客席でも「蜜」にならない方法、安全に観戦できる具体策を決めて実行していくことが信頼感につながると思う。

東京五輪 外国人観客なしでも日本の評価を高める方法(まとめ)

東京五輪開催にあたって、海外からの観客の受け入れを断念する方針が固まった。

脳科学者の茂木健一郎氏がツイッターで提案したアイデアを軸として、日本人観客のみで実施しても日本の評価を高められる方法を考えてみた。

また、五輪開催にあたっての安全対策を強化することで日本の評価を高めるという視点でも考えてみた。

タイトルとURLをコピーしました