アベノマスク どこで入手できる? 欲しい人の連絡方法・ノウハウ!

暮らし・グルメ
安倍前首相とアベノマスク

不良品率や保管費用などで大量在庫が問題視されているアベノマスクですが、岸田首相の「希望者へ配布、年内をめどに廃棄を行うように指示」といったニュースが流れたことが大きな反響を呼んでいます。

そもそも大量在庫の現実と、使い勝手の悪さ・品質のバラつき等の問題から、いまとなっては、さほど需要がないと思われていたアベノマスクにまさかの争奪戦が起きているのです。

そこで、アベノマスクはどこで入手できるのか、欲しい人の連絡方法やノウハウは?といった観点から情報をまとめてみました。

アベノマスク どこで入手できる?

介護施設等への布製マスクの配布希望の申出について

介護施設等への配布については、厚生労働省から下記の通り発表されています。

 介護施設等への布製マスクの配布については、介護施設等の利用者や職員の方の感染拡大を防止する観点から、令和2年3月中旬以降、国で買い上げて配布してきたところです。

現在、既に配布を行った施設にも希望に応じて配布を行っております。また、「毎月配送」も選択できるようにしましたので、必要に応じてご利用ください。「介護施設等への布製マスクの配布希望の申出について」
(令和2年12月3日厚生労働省医政局経済課(マスク等物資対策班)ほか連名事務連絡)
(令和3年11月4日厚生労働省医政局経済課(マスク等物資対策班)ほか連名事務連絡)布製マスク配布に関する介護施設等向けリーフレットはこちら

配布を希望する介護施設等への配布方法は以下のとおりです。

○募集時期:令和2年12月4日(金)~当面の間

○募集の方法・配布の流れ

申込様式(EXCEL)に必要項目を入力の上、専用メールアドレス
maskhaifukibou@mhlw.go.jp」へ様式を添付の上送付。
申込様式(EXCEL)はこちら

布製マスクの配布に関する電話相談窓口
0120-829-178(9~18時:土日祝日も実施)へ

申出から配布までは概ね3週間程度の見込みです。

○配布対象施設:介護施設、障害者施設、児童福祉施設、福祉事務所等
配布対象となる施設・サービス等の種類については、(上記の事務連絡「介護施設等への布製マスクの配布希望の申出について」の4ページ「配布対象となる施設・サービス等の種類」を参照してください。
介護事業所のうち訪問・通所系サービス、介護予防サービス及び介護予防・日常生活支援総合事業(介護予防・生活支援サービス事業に限る。)の利用者分については、ケアマネジャー・地域包括支援センターからの申出となります。介護施設・事業所等における具体的な配布方法については以下の事務連絡を参照してください。

「介護施設・事業所等に対する布製マスクの具体的な配布方法について」
(令和2年12月3日厚生労働省医政局経済課(マスク等物資対策班)ほか連名事務連絡)
(令和3年11月4日厚生労働省医政局経済課(マスク等物資対策班)ほか連名事務連絡)

○配布枚数:原則として100枚単位で各施設等で必要な枚数を配布。

※ 100枚未満でご希望の場合には、コールセンター宛てにお電話にてご相談いただきますようお願いします。

引用元:厚生労働省HP

 個人でアベノマスクを希望する人はどこでもらえる?

その他、厚生労働省には、岸田首相の発表を受けて、「アベノマスクはもらえるのか」という問い合わせが相次いでおり、担当者が多忙を極めている。

厚生労働省のHPに「布製マスクの配布を希望される場合、申し出をお願いします。」というページがあり、ページを開くと、配布対象が「介護施設」や「福祉施設」に限られていて、個人対象の問い合わせページは未だ設立されていないことが分かります。

その部署の電話番号やメールアドレスがHPに載っていて、個人対応はどうなるのか直接問い合わせする方法しか、いまのところなさそうです。

厚生労働省 布製マスク配布のお知らせページ

アベノマスクが欲しい人の連絡方法・ノウハウ

これからの政府の動きはこのようにニュースで報道されています。

アベノマスク「希望する自治体、個人に配布」 大量在庫で官房長官

 

松野博一官房長官は15日午前の記者会見で、新型コロナウイルス対策で政府が調達した「アベノマスク」などの布マスクが大量の在庫となっている問題で「希望する自治体、個人に配布するなどの取り組みを進める」と述べた。  布マスクは2020年4月、安倍晋三首相(当時)が全世帯配布を表明。現在、介護施設向けに調達した別のマスクなどと合わせて8000万枚余りが備蓄され、保管費用は今年3月までで約6億円に上っている。松野氏は「今後とも厚生労働省で在庫解消に向けた取り組みを検討していく」と述べた。

引用元:毎日新聞

岸田首相の指示が「希望者に配布、年内を目途に廃棄」であるため、個人対応の方法・連絡先がネットで流れるのはマジかと思われます。

松野博一官房長官は22日の記者会見で、岸田文雄首相が希望者に配布した上で廃棄を指示した政府調達の布製の「アベノマスク」を巡り、厚生労働省が個人からの配布希望の準備を進めていると明らかにしています。

アベノマスク 入手方法・個人で欲しい人の連絡先(まとめ)

大量在庫のまま保管されているアベノマスクについて、岸田首相から「希望者へ配布・年内廃棄」を支持したため、厚生労働省が個人からの希望者へ対応の準備を進めている。

タイトルとURLをコピーしました