「勤労感謝の日」はなぜ11月23日?日本の暦から由来を考え海外と対比!

イベント・行事
勤労感謝の日

日本の祝日の中でも「勤労感謝の日」はずっと11月23日に行われる固定の祝日です。

勤労感謝の日は、1948年(昭和23年)から毎年11月23日に制定されていて変わりません。

「成人の日」や「海の日」のようにハッピーマンデー制度が適用されて「移動祝日」にならないのはなぜでしょうか。

また、「勤労感謝の日」は「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」という意味があるとすれば、なぜ11月23日に行われるでしょうか?

その由来を日本の暦から考えて、海外の同じ趣旨の祝日と対比してみることにします。

「勤労感謝の日」はなぜ11月23日?日本の暦から由来を考える

日本の暦からみた「勤労感謝の日」の由来

勤労感謝の日は、もともと新嘗祭(にいなめさい)と呼ばれる皇室の行事を行う祭日でした。

今年の収穫物を喜び、神々に捧げる「神嘗祭」(かんなめさい)という祭日がありますが、それと関連して奉納した新穀を天皇や神に仕える者が神と共に食する新嘗祭(にいなめさい)があります。

「奉納した新穀」を神とともに頂くことで「勤労」に対する「感謝」や「喜び」が一体化しています。

明治初、新嘗祭は旧暦11月の2度目の「卯の日」に行われていました。

明治5年に太陽暦が採用された際、新嘗祭は新暦11月の2度目の卯の日に行おうとしたのですが、その日が偶然11月23日であるとから、それ以降11月23日が新嘗祭の日となりました。

新嘗祭が勤労感謝の日になったのは、1948年のことです。第二次世界大戦後、GHQは宮中行事としての新嘗祭を残しつつ、国民の祝日から切り離す政策をとったため、宮中行事であった「新嘗祭」の日は、「勤労感謝の日」に装いを改めて国民の祝日になりました。

日本の「勤労感謝の日」にあたる海外の祝日は?

祝日法という日本の法律で、「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」と制定されている勤労感謝の日。

この「勤労を尊び(たっとび・とうとび)」とは、仕事に励むことを敬うという意味があります。

つまり、勤労感謝の日とは「仕事を大切にし、働くことによって得られた成果を喜び、国民がお互いに労いと礼の気持ちを持つ」ことを目的とした祝日なのです。

では、海外では「勤労感謝の日」にあたる祭日にあたる非はどれになるかを見ていきましょう。

アメリカには「Lavor Day」と呼ばれる連邦政府の祝日があります。

毎年、9月の第1月曜日と定められています。

この日は朗度五社をねぎらうための祭日で様々なイベントが各地で実施されます。

「Thanksgiving Day」と呼ばれる祭日もあり、「感謝祭」と訳されます。

アメリカとカナダの祭日でアメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日と決まっています。

アメリカは歴史的にヨーロッパから移民がやってきて、先住民(インディアン)から狩猟や農耕を学び、食料を得て生き残るために必死で働きました。

収穫の秋がやってきた頃、恩人である先住民たちを招き、収穫を神に感謝する宴を開いて喜びを分かち合い、七面鳥やかぼちゃなどを食べてお祝いをしました。これが現在のサンクスギビングデーに通じています。

「勤労感謝の日」はなぜ11月23日か?日本と海外の対比(まとめ)

「勤労感謝の日」はなぜ11月23日か、日本の暦から由来を明らかにしました。

「勤労感謝の日」にあたる海外の祝日は何か、日本と対比させてまとめました。

タイトルとURLをコピーしました