白杖SOSシグナルとは何?見たときの声のかけ方や対応方法!

暮らし・グルメ
白杖SOSシグナル

都内でアパレルショップを経営する人物が「白杖SOS」に気づいて人助けをしたことがTwitterで投稿されてから、一気に拡散されました。

白杖SOSシグナルとは何かについて、また見かけたときの声のかけ方や対応方法をまとめました。

白杖SOSシグナルとは何?

白杖SOSシグナルとは、視覚に障害のある人が困ったときに助けを求める合図です。

視覚障碍者は杖をもって、点字ブロックをたどって独り歩きは問題なくできることが多いですが、時折、困った状況に遭遇して人に助けを求めることがあります。

白杖を頭上50センチメートル程度掲げて合図をすることによって、人がこえうぃかけてくれるのを待つのが白杖SOSシグナルです。

道に迷ったり、方角がわからなくなったり、何らかのトラブルを抱えているサインです。

内閣府でも、白杖SOSシグナルを見かけたら、積極的に超えをかけてあげることを呼び掛けています。

白杖SOSシグナルを見たときの声のかけ方や対応方法

白杖SOSシグナルを見かけたら、まずは「どうかなさいましたか?」「何かお困りですか?」などと積極的に声をかけることが大切です。

そのうえで、何で困っているのか話をじっくり聞いてから対応を考えましょう。

必要であれば、自分の方やひじに手をかけてもらったりして、少しでも楽に話せるように配慮しましょう。

そのときに、白杖をもつ手にふれることはNGですので気をつけたいところです。

助けて欲しい内容が理解できたら、口頭による説明だけでいいか、さらにフォローが必要か考えます。

迷っているような場合は、途中まで案内を務めるかどうか考え、自分にできるサポートをしましょう。

それと重要なことは、SOSシグナルを出していなくても、視覚に障害をもった人が困っている様子があったら積極的に超えをかけ、自分にできることは何かを考えることです。

必要なら、さらに他の方の助力を仰ぐことがあっても良いはずです。

白杖SOSシグナルとは何か?/見かけたときの声のかけ方・対応方法 (まとめ)

「白杖SOSシグナル」という言葉が最近のツイッターの投稿によって拡散され、知られることとなった。

白杖SOSシグナルとは何かのエッセンスをまとめ、見かけたときの声のかけ方や対応方法をまとめました。

タイトルとURLをコピーしました