ジャンボ宝くじ 初心者向け 当たる買い方のコツを分かりやすく解説!

イベント・行事
初心者向け ジャンボ宝くじ買い方

宝くじを買ってみたいけれど、買い方が分からない、「バラ」や「連番」といった宝くじの用語を知りたいといった初めて購入する初心者向けの記事をまとめてみました。

宝くじの種類のなかで何故ジャンボ宝くじがおすすめなのか、「バラ」の中でも「縦バラ」と「特バラ」の違いやメリット・デメリット、「連番」の中でも「縦連」と「特連」はどう違い、どのようなメリット・デメリットがあるかを分かりやすく解説します。

読み終わったときには、初心者でも「当たる買い方のコツ」を自然とつかめるようになっています。

また、「西銀座チャンスセンター」のようによく当たる宝くじ売り場まで自分で行けない方に、購入代行してくれるサービスも紹介しています。

ジャンボ宝くじとは?初心者に何故おすすめか?

ジャンボ宝くじは、2月頃、4月頃、7月頃、10月頃、11月頃に発売開始されます

ジャンボ宝くじは「普通くじ」というジャンルで、季節に応じて年5回違った名前で発売されます。

ジャンボ宝くじ1等当せんで夢の億万長者

ジャンボ宝くじの場合、1等は7億円の当選金額となり、億万長者の夢が膨らみます。

(画像引用:宝くじ公式サイト

ジャンボ宝くじは当選金額も高くて買い方もシンプルなため初心者にも無理なく買えます。

窓口で金額(セット数)と買い方(「バラ」「連番」など)を指定するだけで買えるからです。

ジャンボ宝くじ以外にも「ロト系」「ナンバーズ系」「スクラッチ系」と呼ばれる他のジャンルの宝くじがありますが、手間がかかって初心者には向きません。

ジャンボ宝くじ 初心者向け 当たる買い方のコツ!

宝くじ売り場で何と言って買えば良い?

宝くじ売り場の窓口で購入するときの「伝え方」を心得ておきましょう。

(例)「ハロウィンジャンボを連番(もしくはバラ)で10枚(1セット)ください」
と言うだけです。
購入金額は1枚300円ですから、10枚で3,000円です。(以下、同枚数であれば同金額)
基本、1セット(10枚)単位で購入しますから、少額からスタートしたい方には、お手頃な金額ではないでしょうか?

基本中の基本は「バラ」と「連番」の意味

宝くじには、「71組 193808番」のように、それぞれ「組」と「番号」が表示されています。

「連番」とは

「連番」は「同じ組」で「連続した番号」の10枚1セットです。

番号は、上から5けた目まで同一です。末尾6けた目の番号(下1けた、一番右側の数字)が「0」~「9」まで10枚続く形です。

「連番」(例)「71組 112340番」~「70組 112349番」

【連番のメリット】「1等」と「1等の前後賞」、両方当選する可能性が高まる。
【連番のデメリット】「組」が同じため、抽選日には「組」を見ただけで「はずれ」が分かってし
まう。

「バラ」とは

「バラ」の場合、1枚1枚が違う「組」です。
「連番」とは異なり、「番号」は上から5けた目まで1枚ずつ異なります。
下1けた(一番右側の数字)の「番号」は、「0」~「9」まで10枚揃っています。ですから、「連番」同様、下1けたの数字で「末等」1枚(「年末ジャンボ」の場合、6等300円)は必ず当たります。

「バラ」(例)「15組 135160」、「26組 184372」・・・「38組 124739」

「バラ」
【バラのメリット】組が異なるので、1枚ずつ当落を確かめる楽しみがある
【バラのデメリット】連続した番号ではないため、「1等」と「1等の前後賞」の両方が当たる可能
性が低い。

「バラ」は、前後賞がない「ミニくじ」(併売宝くじの「年末ジャンボミニ1億円」など)でお薦めの買い方と言えます。

「連番」と「バラ」ではどちらがおすすめ?

宝くじが当たる確率としては「連番」「バラ」、ほぼ同じと言われています。

「連番」の場合、抽選日に「組」を見ただけで結果が分かってしまいますが、「バラ」は組がみんな違うため、1枚1枚にみんな異なる可能性があります。

「1等だけ」を狙う場合なら「バラ」でも「連番」でも当たる確率は変わらないため、自分の好きな方を選べば良いようです。

「1等」と併せて「1等の前後賞」も狙うのであれば、番号が並んでいる「連番」でなければなりません。

「1等」又は「1等の前後賞」を狙うのであれば、「バラ」で良いことになります。

これからさらに「連番」と「バラ」を組み合わせた買い方は応用編となり、それぞれメリットが異なりますので、関心がありましたら下記URLをクリックして応用編にお進みください。

「宝くじ」当たる買い方を一挙紹介! | 開運舎

宝くじの購入場所と購入代行サービス

ジャンボ宝くじは様々なところで販売されています。

宝くじを販売しているところは「売り場」と「ネット」の2種類です。

「売り場」は駅地下、モール(イオンなどの商業施設)、主要道路沿い、高速道路、郵便局、空港などに「窓口」を設けています。

「ネット」はみずほダイレクト宝くじサービス、宝くじ購入代行サービスが知られています。

「みずほダイレクト」はみずほ銀行のオンラインのシステムを利用してジャンボ宝くじを購入するシステムで、「登録した人は「ラッキーライン」にログインして購入できます。

「宝くじ購入代行サービス」は「西銀座チャンスセンター」のような良く当たることで有名な宝くじ売り場で購入したい人の代理で購入してくれるサービスのことです。

「西銀座サービスセンター」は東京にあるため界に行きたくても交通費やホテル第が高くつく方は一定の手数料を払っても購入したい希望者がいて、その需要にこたえてくれます。

DREAMWAY(ドリームウェイ)公式サイト

ジャンボ宝くじ 初心者向け 当たる買い方のコツを分かりやすく解説!(まとめ)

宝くじの中でジャンボ宝くじが何故初心者向きなのかを解説し、初めて購入する場合の窓口での伝え方、基本中の基本の用語である「連番」と「バラ」の特徴やメリット・デメリットを分かりやすく解説しました。

さらに詳しい購入方法については応用編のURLを紹介しました。

また、宝くじの購入場所と購入代行サービスについてもまとめました。

タイトルとURLをコピーしました