藤岡真威人 wikiプロフ&経歴・高校! 仮面ライダー1号で父・藤岡弘とどう違う?

エンタメ
藤岡真威人

藤岡弘の長男で俳優の藤岡真威人が仮面ライダー1号として登場すると話題になっている。

イケメンで美少年と定評のある藤岡真威人のwikiプロフや経歴、高校などの上皮うをまとめてみた。

また、世代を超えて演じる仮面ライダーが父と子でどう違うかも興味深く、この点を分析してみた。

藤岡真威人 wikiプロフ&経歴・高校!

藤岡真威人のwikiプロフ

名前:藤岡真威人(ふじおか まいと)

出身地:東京都世田谷区野毛

生年月日:2003年12月28日(17歳)

身長:180㎝

血液型:B型

趣味:ギター

特技:柔道・歌

藤岡真威人 イケメンのインスタ顔画像

藤岡真威人さんのインスタグラム - (藤岡真威人@maito_fujioka_official)

 

藤岡真威人さんのインスタグラム写真 - (藤岡真威人Instagram)「本日発売の「ViVi」12月号にも登場させてもらってます! 是非ご覧下さい😊 #ViVi #model」10月23日 19時44分 - maito_fujioka_official

藤岡真威人さんのインスタグラム写真 - (藤岡真威人Instagram)「明日、午後夜9時台 TBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に兄弟4人で出演しました✨ 沸騰ワード10の放送後、チャンネルを変えて、続けてご覧下さい😊 #金スマ #めちゃ楽しい撮影でした📸」7月 ...

藤岡真威人の学歴:小学校~高校

藤岡真威人の学歴は
玉川学園小学部(東京都町田市)→ 玉川学園中等部(東京都町田市) → 玉川学園高等部(神奈川県横浜市)

現在は高校3年生である。

玉川学園は幼稚部~高等部まで一貫教育を行っている学園で、高等部の偏差値は59と高く、有名大学への進学も目立つ。

芸能活動を容認していることから芸能人の子弟も多く、タレントのDAIGO、演出家の宮本亜門、女優の池上季実子など、芸能界でも多岐に渡って人材を送り込んでいる。

藤岡真威人の経歴

2019年9月バラエティー番組に父藤岡弘、の長男として初出演後、容姿端麗とWEBで大きな反響を得た。

その後、雑誌やテレビでの出演を重ね、2020年3月のCM出演が実質的な俳優デビューとなる。

そのときのCM出演は、セガ創立60周年プロジェクトアンバサダー就任:せが四郎としてCMで俳優デビュー

  • 2021年8月28日「ILOVEみんなのどうぶつ園」(日本テレビ)
  • 2021年6月30日オリンピック公式番組「くりーむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人」(日本テレビ)
  • 2021年6月18日「東北ココからハレばれ親子旅~「おかえりモネ」の舞台を行く~」(NHK)
  • 2021年6月5日「有吉反省会」(日本テレビ)

など、2021年も多数のテレビ・ラジオ番組に出演している。

藤岡真威人は仮面ライダー1号で父・藤岡弘とどう違う?

父・藤岡弘のwikiプロフ

藤岡弘、と『仮面ライダー』の50年 若いヒーローたちへ「ドラマチックな歴史を知ってほしい」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

名前:藤岡弘(ふじおか ひろし)

出身地:愛媛県上浮穴郡久万高原町

生年月日:1946年2月19日(75歳)

身長:180㎝(藤岡真威人と奇しくも同じ)

血液型:O型

職業:俳優、武道家、声優、歌手、タレント、探検と幅広い肩書

1971年から1973年にかけて放送された特撮テレビドラマ『仮面ライダー』の主演で一躍人気俳優となる。

藤岡真威人が仮面ライダー1号/本郷猛役に挑戦

まさに一子相伝!

藤岡真威人が、仮面ライダー50周年記念映画「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」に登場する仮面ライダー1号/本郷猛役を演じることが決定。

本作では、仮面ライダー誕生の1971年、現代の2021年、そして仮面ライダー誕生から100年後の2071年という、3つの時代が戦いの舞台に。1971年、悪の秘密結社・ショッカーは、最強の改造人間を生み出すべく、スポーツ万能、頭脳明晰の青年・本郷猛を捕らえ、改造手術を行った。そうして生まれたのが仮面ライダー1号だ。この手術当日の“もう一つ”のエピソードが、今回の劇場版で描かれることになった。

1971年当時、藤岡弘、が演じた仮面ライダー1号/本郷猛役。50年という時を超え、その役どころは、藤岡家の長男・真威人に託されることになった。映像では、ブルー系のダブルのジャケットに白いパンツという、50年前の本郷猛の装いを彷彿とさせる衣装を身にまとった真威人が、ショッカーに立ち向かう姿が確認できる。

引用元:映画.com

父の演じた仮面ライダーを彷彿させる衣装や父から直伝のアクションは、世代を超えた共通点となっている。

藤岡真威人は仮面ライダー1号で父・藤岡弘とどう違う?

1971年、藤岡弘が25歳のとき、特撮テレビドラマ『仮面ライダー』に、主人公・本郷猛 / 仮面ライダー1号役で出演。最高視聴率30%の大ヒットとなり、一躍人気スター俳優となった。

当初、藤岡は本郷猛役だけでなく仮面ライダーのコスチュームも着用し、スーツアクターを兼任していた。

年齢的にもアクションスターの魅力全開だった頃で、トランポリンを使ったアクションやオートバイで会談を登る、スリルとサスペンスたっぷりのアクションが大きな魅力だった。

ただ、良いことばかりではなく、下り坂をバイクで降りるシーンでは事故になったこともあり、よくも悪しくも藤岡弘と言えば「過激なアクション」と切っても切り離せない俳優だった。

藤岡真威人は父から指導を受け、直々にアドバイスをもらい、父の時代の放送を見直して自分なりの研究を重ねた。

この結果、父と共通点も多い、2世代にわたる「直伝の変身」も見られる。

藤岡真威人はアクションスターとしてのレベルで父の域に達するのはまだしばらく先となることだろう。

父に見られない「優雅」にも見えるスマートで素早い身のこなしとともに、「言葉の力」でも見せてくれそうなのだ。

「父や仮面ライダーファンからも真威人に『仮面ライダーになってほしい』との声も寄せられていたそうで、父から継承した技に自分のセンスが付加されてクォリティ-の高い演技を見せてくれそうだ。

藤岡真威人 wikiプロフ&経歴・高校/ 仮面ライダー1号での父・藤岡弘との違い(まとめ)

アクション俳優として名を馳せた藤岡弘の息子・藤岡真威人のwikiプロフや小学校~高校までの学歴&経歴をまとめた。

親子で仮面ライダー1号を演じることになり、藤岡真威人の仮面ライダー1号は父・藤岡弘のそれとどう違うかも分析してみた。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました