モデルナ製ワクチン 異物混入の正体は何?体内への影響を調査!

暮らし・グルメ
モデルナワクチン

かねてからモデルナ製ワクチンの異物混入が問題となっていた。

異物の正体は何で、体内への影響や被害はどうなるのか?

気になる情報をまとめてみた。

モデルナ製ワクチン 異物混入の正体は何?

モデルナ製ワクチンに異物が混入しているという情報は様々な疑惑を呼んだ。

具体的に何が混入したのか、その正体は何か、どこの検査会場でいつの分が対象となるか、またワクチン接種時のロット番号は何かなど、大きな関心を呼んだ。

9月1日に大手メディアを通じて報道された情報が1つの1つの答えとなる。

厚生労働省は1日夜、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの未使用の容器内で見つかった異物について、製造機器の破片のステンレスだったと発表した。国内の流通を担う武田薬品工業が調べていた。機器の摩耗で混入したとみられる。仮に筋肉内に入ったとしても、医療上のリスクが増大する可能性は低いとしている。

混入していたロット番号「3004667」(出荷量約57万回分)と、製造時期が近接する「3004734」(同約52万回分)、「3004956」(同約54万回分)の計3ロット計約163万回分については使用を中止していたが、2日から回収を始める。

引用元:毎日ニュース

上記の報道によると、未使用の容器内で見つかった異物の正体は、製造機器の破片のステンレスだったことが分かった。

製造時期やロット番号についても明らかにされたが、さらに新しい情報が分かったら追記したい。

モデルナ製ワクチン 異物混入による体内への影響は?

また、上記報道によると、機器の摩耗で混入したステンレスの破片が正体であり、「仮に筋肉内に入ったとしても、医療上のリスクが増大する可能性は低い」としている。

このことから、異物混入による体内への影響は可能性が低い、というのが現時点での回答になる。

モデルナ製ワクチン 異物混入の正体と体内への影響(まとめ)

モデルナ製ワクチンの異物混入の正体が「製造機器の破片のステンレス」であり、体内への影響やリスクは可能性が低い、という情報が現時点での回答になる。

タイトルとURLをコピーしました