唐田えりか 女優業復帰の現在は?世間の反応を調査!

エンタメ
唐田えりか

約1年半ぶりに女優業の活動を再開した唐田えりかに注目が集まっている。

エールを送る声もあれば、批判的な見方や厳しい見解を1年半たってもぶつけてくる人は絶えない。

ともかく女優業に復帰し役者の仕事を再スタートさせた唐田えりかの現在についてまとめてみた。

また、唐田えりかの女優業復帰が世間にとってどのようなインパクトをもち、世間ではどのように受けとめられているか、反応を調査しまとめた。

唐田えりか 女優業復帰の現在は?

約1年半ぶりに、役者として活動を再開した唐田えりかは現在23歳。

現在、YouTubeでも配信されている、約20分の短編映画『something in the air』に出演している。

東出昌大(33)との不倫が昨年1月に報じられた直後、唐田の所属事務所は本人に代わるコメントを発表したものの、唐田本人は表舞台に出てくることはなかった。

昨年5月、唐田さんが出演したドラマ『凪のお暇』(TBS系)が再放送されたときも、幼い子供が3人もいる家庭をこわした張本人として扱われ、唐田の登場シーンをカットしてほしいという要望が上がった。

それから1年半近くたった2021年9月になっても、厳しい見方をする視聴者は厳然として残っていた。

東出が主演の映画「寝ても覚めても」(2018年)で、唐田はヒロインを務めた。同作を通し、2人の距離はプライベートでも縮まり、一線を越えたことは事実だ。

しかし、「寝ても覚めても」を当時見て女優として印象に残ったスタッフが唐田えりかをよく記憶しており、そのことが今回の『something in the air』のキャスティングにも生かされている。

『something in the air』の制作責任者の一人は、唐田に思い入れがあったという。

唐田えりかの女優業復帰には賛否両論あるものの、不倫関係をアプローチした側の東出昌大が自粛せず俳優に復帰しているのに、唐田えりかだけ復帰が許されないのは不公平という見方があるという報道だが、この報道内容に対する読者のコメントは想像以上に唐田エリカに対し厳しいものが多かった。

唐田えりかの女優業復帰についての世間の反応

ファムファタール、男性を誘惑する魔性の女とか言われるが、魔性の男とか聞いたことがない。どうも、男性中心社会が都合がいいように作り出した、男性は浮気するもの、女性の浮気は許さない風潮がまだあるからでは。さらに、女性もそれに賛同して同性を叩いてきた。布袋寅泰、岡田准一、内村光良とかより、その相手が叩かれる。女性が意識を変えないと女性が叩かれる傾向は続く

上記のコメントは唐田エリカ批判をしていない数少ないコメントの1つだが、男女差別をなくす観点からなされた表現で唐田えりか養護ではない。

このような報道を見ていつも思いますが、芸能活動をするのに不倫したか否かなんて関係ないと思います。
不倫は法律違反ではないし、当事者の問題であって他人は関係ないと思います。
只、芸能人はその人自身が商品なので、他人がすることは不倫した芸能人の出演するテレビやイベントは見ない、広告になった商品を買わないとか、です。
これは経済原理の則ったその大勢の他人の自由です。
つまり、活動するかどうかは芸能人本人の自由であり、結果、需要があればお金を稼げるし、需要がなければお金は稼げないなら他の食い扶持探すしかないという経済原理に従うだけの話だと思います。

こちらも唐田えりか復帰に対する個人的な賛否はなく、経済原理に沿った行動を視聴者が取り、唐田えりかが女優として再スタートするできるかどうかも需要と供給の関係で決まり、不倫は直接関係ないという、ある意味正論である。

公平、不平等っていうけど東出はとりあえず謝罪会見したわけで謝罪してないのにしれっと復帰したら避難されるでしょう。なんだか韓国でニーズがあるとか言ってるけどまずは人としてまともな行動をとってからだと思う

唐田にしても東出にしても勝手に活動すればいいが先ずは杏さんに謝罪するべき。
唐田にしては完全無視を貫いているし人間としてどうかなと思う。

活動するならそれからだし地上波では絶対見たくはないですね。

コメントで圧倒的に多かったのは、東出は良い悪いは別として謝罪会見を開いた市、失うものは失った。

それに対して唐田は雲隠れしたままで謝罪していない、また復帰したければ人の道としてまず杏さんに謝罪しなければ許されないでしょうという見方が圧倒的に多く、1年半たっても変わりはなかった。

タイトルとURLをコピーしました