ドクタースティックは体に悪い?成分と安全性と口コミを調査!

暮らし・グルメ
ドクタースティック

新型の電子タバコとして、このところ知名度をアップさせているドクタースティックですが、体に悪いというマイナスイメージや評判がネット上に存在します。

ドクタースティックの公式ページでは

ノドに「ガツン」
本物のような吸い心地
という刺激的なフレーズが目に留まりますが、肝心の健康への影響はどうなのでしょうか?
この観点から、ドクタースティックの成分、安全性に言及し、本当に体に悪いのかどうか調査しました。
それと関連して悪い口コミの信憑性を検証しています。

ドクタースティックは体に悪い?

結論から言うと、ドクタースティックに含まれる成分には体に有害な成分は見当たらないということです。

ドクタースティックの公式サイトでは、ニコチンフリー、タールフリー、タバコ臭フリーが明記されています。

ドクタースティック に害はある?安全性は確認されているが無害ではないこと理解して喫煙を!-リラゾ(relazo)-自称加熱式タバコマイスターパパ中西のブログ

また、日本食品分析センターの厳しい審査でも健康に有害な成分の検出は認められないため、ドクタースティックは体に悪いという情報に関しては事実に反すると言えます。

また、ドクタースティックの香りの元になっているフレーバーポッドに含まれている成分は食品添加物などにも見られる成分のみで、こちらに関しても安全性に問題はありません。

そもそも、ドクタースティックは電子タバコというジャンルで、ニコチン・タールが含まれた紙巻タバコのように火をつけて煙を吸い込む「喫煙アイテム」ではありません。

電子タバコは、香をつけたリキッドを加熱して発生した水蒸気をフレーバーポッドを通じて楽しむものです。

成分と安全性と口コミを調査!

ドクタースティックのフレーバーポッドに含まれている成分は

  1. 植物性グリセリン
  2. プロピレングリコール
  3. 香料

であり、これらの成分は、食品添加物を通じてふだんから摂取しています。

医薬品や化粧品にも含まれており、食品の中では甘味料として接種する機会が多いものです。

こうした成分の安全性については全く問題はないと言えるでしょう。

安全性に問題ない電子タバコも「自分に合わない」ことがしばしばあります。

自分に合わないことから出たアレルギー症状やふだんは感じない体の何らかの反応を感じたことで、ドクタースティック辞退の安全性に問題があると感じた場合に「悪い口コミ」になりがちです。

また、長時間の過剰摂取など、推奨されない使い方・使い方の誤りによって引き起こされた目まいや頭痛などの症状や気分の悪化などを「悪い口コミ」のネタにしているケースもあります。

いずれにしても、「悪い口コミ」の大半はドクタースティック自体の品質や成分の問題ではないと言えるでしょう。

ドクタースティックは体に悪い?/成分と安全性と口コミ(まとめ)

次世代の電子タバコとして注目されているドクタースティックの知名度が上がってきています。

その一方でドクタースティックが体に悪いという風評も広まっていますが、成分と安全性に問題はないことと、「悪い口コミ」の大半はユーザーに合わなかったか使い方の誤りが原因となっています。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました