西村経済再生大臣(経済破壊大臣)の出身高校・大学・経歴/辞任は不可避?

政治・経済
西村大臣

西村経済再生大臣が発した「問題発言」への批判が収まらず、「経済破壊大臣」というニックネームがトレンド入りする始末である。

菅首相はじめ政府は必死に火消しにつとめているが、このまま進退問題に発展した末に辞任は不可避との見方もあり、その可能性を探ってみた。

また、問題発言をめぐって、改めて西村大臣の出身高校や大学などのプロフィール情報や経歴にも注目が集まっているため、まとめてみた。

西村経済再生大臣(経済破壊大臣)の出身高校・大学・経歴

西村経済再生大臣(経済破壊大臣)の出身高校・大学

西村経済再生大臣の学歴を含めたプロフィール情報をまとめた。

西村康稔(にしむら やすとし)

出身地:兵庫県明石市

生年月日:1962年10月15日(58歳)

血液型:B型

神戸大学附属明石中学校、灘高等学校を経て東京大学法学部卒業

西村経済再生大臣(経済破壊大臣)の経歴

西村経済再生大臣は日本標準時を表す子午線が通っている兵庫県明石市の出身。

灘高から東大という絵に描いたようなエリートコースを歩んでいるが、高校時代は野球部でサードを守り、大学時代はボクシング部という体育会系出身でもある。

1985年、通商産業省入省(資源エネルギー庁石油部計画課配属)。

通産省へ入省後、アメリカ合衆国メリーランド大学大学院で国際政治経済学を専攻し、1992年5月に修士号を取得。:

通産省時代、風力発電の導入促進、アルミ缶のリサイクル制度の制定に尽力、ブラジルの「地球環境サミット」に出席するなど、エネルギー・環境分野で活躍。中小企業の新分野進出・IT化など支援。石川県商工課長も経験し、地方主導のまちづくりを実践。

1999年、通商産業省環境立地局調査官を最後に退官:官僚の仕事に限界を感じ、以後政治を目指す

  • 2003年衆議院議員総選挙において初当選、2005年、2期目の当選。
  • 2009年3期目の当選、自民党総裁選立候補。
  • この間、外務大臣政務官、党改革実行本部副本部長などを務めるとともに、議員立法で「海洋基本法」「宇宙基本法」「安全水域法」「地理空間情報活用推進基本法」等を制定。
  • 主な活動としては、新世紀の安全保障体制を確立する議員の会事務局長(超党派)、日本インド友好議員連盟事務局長(超党派)、日本アフリカ連合(AU)友好議員連盟事務局長、日本・オマーン友好議員連盟事務局長、日本ロシア友好議員連盟事務局次長(超党派)、自民党総合エネルギー政策特命委員会委員長代理、経済・財政・金融政策調査会事務局長など。
    また、東京グルジア倶楽部名誉会長、日本・オマーン協会会長などに加えて、地元では、兵庫県土地改良事業団体連合会(水土里ネット兵庫)会長、兵庫県ビーチバレーボール連盟会長、兵庫県サッカー協会顧問、兵庫県ハンドボール協会顧問など。
  • 家庭では3人の娘の子育て実践中。(趣味:秘境巡り、映画、俳句、茶道、カラオケ、観劇、写真、マラソン)
  • 2012年12月、4期目の当選。内閣府副大臣を拝命。
  • 2014年12月、5期目の当選。引き続き、内閣府副大臣を務める。(2015年10月まで)
  • 2016年1月、衆議院内閣委員長に就任。(2016年8月まで)
  • 2016年8月、自由民主党総裁当別補佐、筆頭副幹事長、選対副委員長に就任。(2017年8月まで)
  • 2017年8月、内閣官房副長官を拝命。
  • 2017年10月、6期目の当選。引き続き、内閣官房副長官を務める。引用元:西村やすとしオフィシャルサイト

西村経済再生大臣(経済破壊大臣)の辞任は不可避か?

西村経済再生大臣が経済破壊大臣と言われた事情

同大臣は9日、「酒の提供を続ける飲食店に対して金融機関への働きかけを要請する」として波紋を広げた8日の発言について釈明。「金融機関は多くの事業者と接点があり、日頃からコミュニケーションをとる一環として、感染防止を働きかけてもらいたいという趣旨だった」「融資を制限するということではなく、優越的地位の濫用には当たらない」などと説明した。

引用元:東スポweb

西村経済再生大臣のこの発言が「問題発言」とされ、「金融機関にはたらきかける」とのひょい源が、酒類の提供を続けるい飲食店への「融資制限」をちらつかせた「優越的地位の濫用」にあたると多くの有識者の指摘を受けた。

社会学者の古市憲寿氏は「酒類販売業や、金融機関への圧力は、強権的に言うことを聞かせるのが目的になっていて、もはや肝心の感染症対策が置き去りになっている。一大臣のスタンドプレーだとしても、馬鹿すぎる。いや、違うな。危険すぎる」と指摘。

ホリエモンこと堀江貴文氏も、「マジ厳しすぎるでしょそれ」とつぶやくと、古市氏のツイートに「コントロールが効かなくなってるのだろうか」と反応した。

当然、当事者である飲食業界からも大反発を招いている。

大阪府の吉村知事らも批判の声をあげ、ネット上では「経済破壊担当大臣」のニックネームがトレンド入り。一気に責任問題へ発展しそうな雲行きになってきた。

西村経済再生大臣(経済破壊大臣)の辞任は不可避か?

インターネット上での拡散力はものすごく、西村経済再生大臣の問題発言に対する関心は高い。

以前からくすぶっていた“西村経済破壊大臣”の異名がトレンド入りした背景には、政府の無策への不満と飲食業界を壊滅に追い込む政策に対する蓄積した反発がある。

飲食店などに、酒類を販売する酒屋の業界団体である全国小売酒販組合中央会も9日、正式に西村大臣らに対して抗議した。

立憲民主党などの野党も週明けから追求を強める構えで、政府の火消しに限界がある場合に来週中にも西村大臣辞任の可能性は出てくるという見方もある。

西村経済再生大臣(経済破壊大臣)の出身高校・大学・経歴/辞任は不可避?<まとめ>

西村経済再生大臣の出身高校・大学を含めたプロフィール情報と経歴をまとめた。

また、西村経済再生大臣が「経済破壊大臣」と呼ばれるようになった背景、辞任は不可避とされる見方が何故出てくるのかの事情をまとめた。

タイトルとURLをコピーしました