会食恐怖症の症状とは? 診断チェック方法と治し方·市販薬を調査!

暮らし・グルメ

会食恐怖症という言葉がツィッターのトレンド入りしています。

新型コロナウイルス感染症対策から、現在「悪者」の代名詞のようになった会食(特に大人数での会食)ですが、会食恐怖症自体は前からあった病名です。

会食恐怖症はどのようなものか症状か、会食恐怖症かどうかの診断チェック方法、治し方、市販薬について調査しまとめました。

会食恐怖症の症状

会食恐怖症とは人前でご飯を食べること(会食行為)に対して耐えがたい不安や恐怖を引き起こす心の疾患です。

ただ病名としてはマイナーで精神科医ですらその名を知らないこともあるようです。

症状としては、めまい、胃痛、動悸、飲み込み障害、口の乾き、身体(首·手足)の震え、発汗、顔面蒼白、お腹の張り、黙りこみといった症状が会食に伴って起きること、若しくは会食を想定しただけでそうした症状が出でます。

会食恐怖症かどうかの診断チェック方法

会食恐怖症はあがり症(社交不安障害)の一種で対人恐怖やスピーチ恐怖と共通点があります。

人前で食事することに極端な恐怖感をおぼえたり、食事が怖くて相手に会えないといった症状があるときは会食恐怖症を疑ってみた方が良いでしょう。

会食恐怖症になる原因の62.5%は会食指導によるもので、ストレスや恐怖感の蓄積によるのでしょう。

会食恐怖症の治しかたと市販薬

第1に、正しい手順で会食の練習をすること、ときには人前で残す練習をすることです。

第2に前向きな考え方を身につけることです。

気持ち悪くなったけど会食の練習ができてまた一歩前進したといったプラス志向の考え方をすることが友好です。

第3には日常生活を整えて、リラックスしスッキリした気分になることも大切です。

以上の3つでも、自己流よりも専門医のケアを受けながら行うと効果的です。

心療内科や精神科医に見てもらうことです。

市販薬もありますが、医師から処方してもらうのが但しやり方です。

まとめ(会食恐怖症の症状、診断チェック方法、治しかた、市販薬)

会食恐怖症とは何か、症状について、診断チェック方法、治しかたや市販薬についてまとめました。

タイトルとURLをコピーしました