プラスマイナス岩橋の嫁のかわいい顔画像!馴れ初めとでき婚のエピソードも

芸能

最近テレビの露出度もぐんと増し、知名度も急上昇の漫才コンビ、プラスマイナスの人気が凄い。

コンビの1人の岩橋良晶さんの嫁さんが美人と評判で、ここでは嫁さんとの馴れ初めやでき婚の話題にも触れてみた。

ちなみに2021年3月5日「東野・千鳥のうちのパパはお笑い芸人 家族で漫才GP」【日本一優しい漫才特番始動】番組に夫婦で出演、クセ全開のネタ披露をした。

プラスマイナス岩橋とはどんな芸人?

岩橋の性格とキャラ

プラスマイナスは吉本興業のお笑い芸人で、一般的に吉本といえば大阪のイメージが強いが、プラスマイナスの場合は東京本社所属だ。

2018年当時のプラスマイナスは世間からの知名度は低かったが、全国で500回以上の舞台に立ち、客席を爆笑の渦に巻き込んでいた。

粗削りではあるものの、迫力とネタの完成度は評価されていて、バズって大騒ぎされるものではないが、玄人受けするネタと手法で確実に出番が増えている。

岩橋さんはプラスマイナスのコンビの一人で、性格やキャラがそのまま「芸のタネ」になっている珍しい芸人だ。

本人によると「やってはいけないことをやってしまう」傷害をもっていて、病気みたいなものだという。それ自体が笑えるネタになるのが良いところだ。

例えば漫才で登場したばかりのときに「もうええわ」と突っ込んでしまったり、コーナー用に用意してあった風船を全部割ってしまって、後から自分でふくらませたり・・・

しかし、その障害がまた漫才やコントのネタになっていて、面白いエピソードを昔からたくさんもっている。

まさに「芸のタネ」なのだが、本人は自分の芸に不可欠なため「くせ芸」と呼んでいる。

嫁の結花さんのオフィシャルブログから

嫁の結花さんはもと保育士で、結花さんのオフィシャルブログを見るとカラフルで楽しい挿絵を多様していて、本当に保育士のセンスに溢れている。

出産のときのエピソードに触れたところがあって、かけつけてくれた義母さんに感謝の言葉が綴られている。

一方で、旦那の岩橋さんのことは「猛獣夫さん」と書かれていて、いまとなっては笑えるエピソードではあるが、その当時は十分なインパクトのある「ハラハラドキドキ」することを何かしでかしてくれたことが創造できる。

プラスマイナス岩橋の嫁さんと2人の結婚

2人の馴れ初め

岩橋さんの嫁さんがたいへんな美女と評判だ。

 

 

2人が結婚したのは2014年でもうプラスマイナスが世に出た後である。

馴れ初めはFacebookで知り合ったのがきっかけだというから現代っ子らしい。

奥さんが14歳年下で今年22歳、元保育士だから母性本能で岩橋を暖かく包み込むようにフォロ-しているのだろうか?

岩橋さんによると、「僕と結婚する」ということを「やってはいけないこと」にたとえて、「嫁が一番の癖もち」として似たもの夫婦を示唆している。

ちなみに奥さんは結花(ゆいか)さんで実家は鳥取の人である。

2人の間には娘さんが2人いてどちらもかわいくインスタの写真も公開されている。

結婚はデキ婚か?

2人は結婚したが、実は年齢差が14もあった。

岩橋さんが35歳、結花さんが21歳と言う若さであった。

年齢を考えると21歳の若さで将来どうなるかまだ不確定?の芸人と結婚するということは、覚悟も相当なものだったのか?

岩橋さんによると、「自分と結婚すること」はやってはいけないことの代名詞としてコントでも使われていた。

いずれにしても交際期間9ヶ月のスピード婚で、交際期間中に既にんん芯していたというから、一応「でき婚」ということになる。

プロポーズの日がエイプリルフールで4月1日だったところが岩橋さんらしいが、お笑い芸人らしくなくプロポーズのときは「真顔」で「仏頂面」だったという!

きっと、本人なりに命をかけた真剣勝負が顔に出たのだろう!

プラスマイナス岩橋についてTwitterの投稿から

まとめ

漫才コンビ、プラスマイナスの岩橋さんが結婚した一般女性が美人と評判になっている。

岩橋さん本人とともにその人物像について触れてみた。

プラスマイナスの関連記事があります。よろしければこちらも見に来て下さい。

プラスマイナス兼光の彼女は?結婚は?面白いものまねでモテる男!

タイトルとURLをコピーしました