佐々岡監督辞任は決定的?後任候補の広島監督は誰かを調査!

スポーツ

シーズンの出だし好調かに見えた広島カープが苦境にあえいでいる。

いつの間にか借金が増え、カープファンからも佐々岡監督の采配についての批判が増えている。

このまま低迷が続くようならの辞任は決定的との情報もある。

それは現実に考えられることかどうかを探ってみた。

とすれば、後任候補の広島監督は誰になるかを調査してみた。

佐々岡監督辞任は決定的?

ファンの間で強まる佐々岡監督辞任待望

佐々岡監督1年目の2020年からずっと佐々岡監督に対するカープファンからの不満で継続していることは、負けたときや結果が思わしくなかったときに選手を批判することである。

結果については監督が責任をとるべきという考え方がファンの間に浸透しているせいか、試合後佐々岡監督が選手を批判する発言をよくすることにとても手厳しい。

投手がKO されたときに、腕がふれてない、同じ失敗を繰り返すというコメントをすれば、その状況を事前につかんで策を練っていればコメントも違ったものになるはずだと手厳しい。

打線がつながらない、打てないという打線の批判についても、チーム打率は上位のことが多く、点が入らないのはベンチの責任として、選手に結果責任を押しつけるのは筋が違うという見方をされる。

このままB クラスに低迷し借金が増え続けるのなら、早めに監督を交代させてほしいという論調が目立ってきている。

戦力そのものはAクラスに十分入り、優勝争いしてもおかしくない戦力だと「考えているカープファンは多い。

今シーズン始まる前の下馬評も悪くなかっただけに、Bクラスに沈んだままAクラスに上がる兆しが見えないということは間違いなく(ベンチ)監督・コーチの責任と多くの人が捉えている。

専門家の間でも強まる佐々岡采配への疑問・監督手腕への疑念

気になるのはファンだけでなく、佐々岡監督の采配に疑問符をつける見方が広島OBや解説者の間でも見られることである。

例えば広島OBの川端順氏は佐々岡監督が気配りの男で人柄の良さは認めながらも、「采配に動きがなく自分のカラーが出せていない」「勝負師としての厳しさがまだ見えない」と、現在のままの采配では問題があるという見方をしている。

解説者の中でも、中継しながら「今の采配は理解できない」という主旨の発言をする人が増えている。

まだ球団から監督交代について情報が出てくる段階ではもちろんなく、監督辞任説が出ているのはネットやメディアとのことに限られている。

1975年のルーツ監督から古葉監督に変わった時以外、シーズン途中の監督交代もなかった広島カープだから、シーズン途中の監督解任や交代は考えにくい。

しかし、観客動員数を含めた営業収入面、球団に寄せられる批判的な意見が集積すれば水面下の監督交代構想が進展するかもしれない。

佐々岡監督のプロフィール

佐々岡真司 - Wikipedia

佐々岡監督の簡単なプロフィールにもふれておく。

氏名:佐々岡真司

生年月日:1967年8月26日(54歳)

出身地:島根県那賀郡金城町(現・浜田市)

身長・体重:185㎝ 90㎏

プロ入り:島根県立浜田商業高校から1989年ドラフト1位でカープへ

通算成績は138勝153敗106セーブ 通算防御率3.58

先発・リリーフどちらもフル回転した。

後任候補の広島監督は誰になる?

ファンの人気が高い黒田・新井は当面なしか?

広島の時期監督で誰になってほしいかのランキングで上位に顔を出す名前は、人気・カリスマ性とも兼ね備えた黒田と新井である。

3連覇のときにチームをまとめあげ精神的支柱となった功績を広島ファンは忘れることができない。

しかし、黒田の場合は、メジャーから広島カープに戻ってきてくれた心意気でもレジェンド化しているところがあり、監督をやって実績が万一上がらなかった場合は容赦なく批判にさらされ、美名に傷がつくリスクがある。

従って、黒田はカープ次期監督として球団内部から名前が上がってくる存在ではないと考えられる。

黒田とともに、熱血プレーとカリスマ性でリーダーシップを発揮した新井も采配・作戦面の手腕に関しては全く未知数で、まずはコーチとして入閣させ経験を積ませることは考えられても、いきなり監督は考えにくいと思われる。

それならばカープ次期監督候補は誰になる?

広島には伝統的にカープ一筋の生え抜きしか監督になれないという不文律がある。

しかし、古葉監督はカープ一筋だったが、最後の1年は南海で過ごした。

この観点から、元阪神監督の金本知憲氏に立て直しを期待する声がある。

金本に交代した後を継ぐのは新井貴浩氏や黒田博樹氏という見方がある。

また、監督経験者として広島OBの達川を推す声もあるという。

人望、カリスマ性、人気、リーダーシップというところがファンからの期待因子にもなる。

球団は元監督の野村謙二郎氏に依頼して断られたために急遽佐々岡監督誕生となったという。

それでも球団はFA の会沢、菊池涼、野村を残留させたとして佐々岡監督の手腕は高く評価しているという。

昨シーズン、球団としては珍しく投手出身の監督として佐々岡監督を誕生させた背景には3連覇で勤続疲労がたまりパフォーマンスが低下していた投手陣の再建があった。

しかし、自分の専門分野でもある投手陣の再建に関しては2020年に続いて2021年もいまのところうまくいっているとは言えない。

前任の緒方監督のような野球に関しては一切妥協しない求道者タイプならば、佐々岡監督は誰もが認める人格者で「お人良し」タイプである。

あまりにも結果がでなければ、性格的なものも次期監督を決める要因の一つになるかもしれない。

本当に、監督辞任·新監督就任の話がいつ出てくるかは今後シーズンの行方を見極めないとまだわからない。

しかし、シーズン途中の交代劇はほとんど考えられず、交流戦後後半の成績がさらにふるわなければ球団の水面下の動きも早くなってくると思われる。

佐々岡監督についてのネットの声

松田オーナーがシーズン途中で監督を辞任させるような真似はしないだろう。私も個人的にはシーズン途中での解任は望んではいない。佐々岡監督は現役時代から大好きだったので。ただ、負けを選手の比にしたり、わけのわからない采配を改めて直して欲しいだけ。佐々岡監督だけの責任ではなく他の首脳陣にも問題があると思う。河田コーチ含めしっかりと話し合いしながら試合に挑んでもらいたい。
今の現戦力なら間違いなくAクラスに入れるだけの力はあるはずです。
1人の鯉党より

選手の潜在能力はAクラスに入れる力をもっているのに結果が出ないのはベンチの責任という意見は大多数のカープファンの見方を集約しているような気がする。

佐々岡監督辞任について/後任候補の監督について(まとめ)

広島カープの不調から活発になってきた佐々岡監督辞任が決定的であるとの情報がどこまで現実的か探ってみた。

また、後任候補の広島監督として名前があがっている人も調べてみた。

 

 

タイトルとURLをコピーしました