激レアさん 大西芳明(飛び込み営業304件)のwikiプロフ・経歴は?

テレビ
激レアさんを連れてきた

2021年4月19日(月)の「激レアさんを連れてきた」(テレビ朝日系)に伝説の営業マンが出演します。

1日に304件の飛び込み営業を行ったという大西芳明さんです。

大西芳明さんの仕事ぶりや営業の極意は番組で特集されるはずですが、ここでは大西芳明さんのwikiプロフや経歴で個人的な人物像を確認してみます。

大西芳明(飛び込み営業304件)のwikiプロフ

大西芳明 (@samurai_eigyou) | Twitter

名前:大西芳明(おおにし よしあき)

生年月日:1960年生まれ(60歳)

出身地:兵庫県神戸市

最終学歴:立命館大学 産業社会学部

職業:会社役員

大西芳明(飛び込み営業304件)の経歴

大学1年の頃から飛び込み営業を経験する

1984年 大学卒業後、湯浅商事株式会社に一旦就職するが、1年後にリクルート社に引き抜かれ転職

1985年 リクルートホールディングス所属

1992年 求人情報誌「ガテン」の大宮営業所長就任

1999年 リクルートを退社 し、コールセンター事業開始

2007年 楽天株式会社営業所長就任 楽天では三木谷社長の補佐を務めた

2015年 楽天退社

2015年株式会社セールスヴィガー設立 代表取締役 就任

大西芳明にとって営業という仕事は天職

伝説の飛び込み営業304件

大学時代から飛び込み営業でバイトながら営業所長をつとめ、営業で非凡な才能を発揮してきたが行動力も並外れたものがあった。

最初、湯浅商事の1年目の頃は転職するつもりは全くなかったのですが、引き抜かれてリクルート社にいっていますから、人をひきつける何か光ものをもっていたのでしょう。

飛び込み営業304件の経験はガテンの大宮営業所長時代で、終わりごろには意識朦朧となりながら、目標の「300件」を数え間違えるといけないので4件多く回ったようです。

7月の炎天下のため、ズボンは敗れて袴のようになり、スーツは汗で真っ白になりながら体得したのが「お客さまは追いかけたら逃げる。逆に、営業しなかったら追いかけてくる」という営業の極意です。

「サムライ営業 すぐ売れる技術より、売れ続ける極意」(出版 経済界)という著書には極意とノウハウが詰まっています。

現在の大西芳明

現在、大西芳明さんが代表取締役を務めている株式会社セールスヴィガーはこれまで大西芳明さんが蓄積してきた営業のノウハウと体験を資産として、世の中の営業の問題のサポート行う会社である。

若者のなかにもせっかく営業職と巡りあいながらその機会を生かせず、「営業は辛い」というネガティブ思考に陥ってる人が多い。そうした個人の問題に向き合うのはもちろんである。

また、管理者として組織として抱える営業の問題もサーベイと呼ばれる調査を行い、問題解決に向けてソリューションのノウハウを提供していく会社である。

大西芳明さんはこの会社を通じて、営業という職務の素晴らしさを伝えることをミッションと思っている。

激レアさん 大西芳明(飛び込み営業304件)のwikiプロフ・経歴(まとめ)

4月19日 バラエティ番組「激レアさんを連れてきた」に登場する伝説の営業マン大西芳明さんが面白い。

大西芳明さんのwikiプロフ・経歴をまとめ、伝説となった「飛び込み営業304件」のエピソードを紹介してみました。

タイトルとURLをコピーしました