黒ジャガーの生息地は? 赤ちゃんと親の画像・誕生の秘密まとめ!

ニュース
黒ジャガー 赤ちゃん

神戸市立王子動物園で8月に生まれた黒ジャガーの双子の赤ちゃんはすくすくと育って一般公開されました。

名前の募集も行われて関心を呼んでいます。

黒ジャガーを含めたジャガーの生息地や生態についてまとめました。

また、今回誕生した黒ジャガーの赤ちゃんと親ジャガーの画像、黒ジャガーが誕生した秘密について調査しまとめました。

黒ジャガーの生息地は?

黒ジャガーを含めたジャガーの生息地は中米・南米で、熱帯雨林、森林、沼地、草原が主な生息地となっています。

ジャガーの体色は淡黄色や黄褐色で、一般的には黄色い体色をしています。

黒ジャガーはジャガーの異変種で、ヒョウの異変種と同様にうっすらと斑紋が見えます。

体長1・8m、体重は100㎏にもなります。

黒ジャガーの赤ちゃんと親の画像・誕生の秘密まとめ!

黒ジャガーの赤ちゃんと親の画像

ホントにこの子の子?模様はいつ出る?ジャガー赤ちゃんの色めぐり疑問いろいろ。「黄✕黒=黒」神秘の法則(まいどなニュース) - Yahoo!ニュース

赤ちゃんはオスメスの双子で、8月18日に生まれました。

体重は8月25日にオス1.6kg、メス1.4kgでした。10月10日の測定ではオス5.2kg、メスは4.4kgで順調に増えています。

父親のアトスは全身が黒色、母親のネリアは黄褐色で黒い斑紋があり、典型的なジャガーの体色です。

 

ホントにこの子の子?模様はいつ出る?ジャガー赤ちゃんの色めぐり疑問いろいろ。「黄✕黒=黒」神秘の法則|まいどなニュース

黒ジャガー誕生の秘密

黄色の母親から真っ黒な赤ちゃんが生まれました。

体色の決定は『メンデルの法則』に従います。

ジャガーの場合、黒色になる遺伝子が優勢対立遺伝子になります。

黒ジャガーのアトスの両親は黒と黄なので、黒色も黄色も生まれる可能性がありました。

双子で二匹とも黒になったのは必然ではなく、可能性のうちの1つです。

いずれにしても、8月に生まれた2位弾きの赤ちゃんがすくすくと育って一般公開まできたのは喜ばしいことです。

黒ジャガーの生息地・親子の画像・黒いジャガーの誕生秘話 (まとめ)

黒ジャガーを含めたジャガーの生息地は中米・南米の熱帯雨林を中心としています。

神戸市立王子動物園で生まれた黒ジャガーの赤ちゃんと親ジャガーの画像、黒ジャガーの誕生秘話についてまとめました。

タイトルとURLをコピーしました