ベリッシモ・フランチェスコ ハーフでイケメンの結婚歴・経歴は?クリスマスのティラミス おすすめはコレ!

テレビ
ベリッシモ・フランチェスコ

12月21日(火)TBSの『マツコの知らない世界』はクリスマス企画で、1000種類以上のティラミスを食べてきたハーフでイケメンのイタリア料理研究家、ベリッシモ・フランチェスコが登場します。

ベリッシモ・フランチェスコのクリスマスのおすすめティラミスには、日本人と視点が違った日本の優れたところが反映されています。

ベリッシモ・フランチェスコさんはハーフでイケメンですが、結婚してるのかどうかが気になります。

ベリッシモ・フランチェスコさんの結婚歴と、イタリア・日本両国を股にかけた独特の経歴についてもふれていきます。

ベリッシモ・フランチェスコ ハーフでイケメンの結婚歴・経歴は?

ベリッシモ・フランチェスコのwikiプロフィール

本名:BELLISSIMO Francesco(ベリッシモ・フランチェスコ)

出身地:イタリア ラツィオ州 ローマ

生年月日:1979年1月3日(42歳)

身長・体重:183㎝ 83㎏

血液型:A型

職業:料理研究家、イタリア料理コンサルタント、タレント

ハーフでイケメン ベリッシモ・フランチェスコの結婚歴

ベリッシモは母親が秋田生まれの日本人のため、イタリア人の父との間のハーフです。

日本でも秋田美人を称賛し、「女性には目がない」というイメージのベリッシモ・フランチェスコですが、自身では独身だと言っています。

数年前、女優の深田恭子さんと結婚間近と噂がたったこともありましたが、どうやら結婚歴はないようです。

しかし、空手師範を務めるほど「強い男」のイメージがあって仕事ができて、ハーフでイケメンのベリッシモ・フランチェスコが本当に独身とはにわかに信じ難いのも事実です。

それでも、これまでベリッシモの結婚や嫁、子供について確定情報を提供した人はいません。

ベリッシモ・フランチェスコの経歴

家族の影響で幼い頃から料理に親しむ。

2001年に来日。東京YMCA日本語学校卒。日本語弁論大会第一位受賞

2005年にイタリア料理研究会を設立し、会長を務める:高級ホテルでディナーショー、特別メニュー監修など。レストランのコンサルティングやスーパーバイザーをこなします。

堪能な日本語と興味深い話し方で料理教室や講演をやると満席、テレビ番組でも全国ネットで引っ張りだこ。

イタリアと日本の架け橋的な役割でイタリア料理の専門家として活躍する一方で、俳優、演出家、実業家、空手師範など、多彩な顔をもちます。

ベリッシモ・フランチェスコ クリスマスのティラミス おすすめはコレ!

ベリッシモ・フランチェスコ 日本でのティラミス体験

ベリッシモは、イタリア料理研究家として生まれ故郷のラツィオ料理、南イタリアのカラブリア料理の紹介をしながら、日本料理とイタリア料理の交流にも力を入れてきました。

留学生の頃からベリッシモが日本に来て驚いたのは、日本全国どこに行ってもイタリア料理店があること、コンビニ・ファミレス・洋菓子店、いたるところでティラミスが販売されていることでした。

日本で体験したイタリア料理には3つの種類がアルトベリッシモは言います。

1つは、本場イタリアの味覚を再現させようとして深化したもの、2つ目は日本風にアレンジしたもの、3つ目は日本でしかお目にかかれない「創作イタリアン」でした。

3つ目の「創作イタリアン」に日本人特有のセンスとオリジナリティを感じたベリッシモはティラミスの世界でも、同じ体験をします。

ベリッシモ・フランチェスコ 『マツコの知らない世界』でクリスマスにおすすめのティラミスを紹介

日本で独自に進化したティラミスとして、苦味と甘さが見事に融合した抹茶のティラミスがあげられます。

豆腐や日本酒の風味・味覚を活かしたティラミスも、「こんなの食べたことない」とマツコの舌をうならせます。

ローマ生まれのベリッシモが故郷を思い出す、本格ティラミスの名店も紹介し、世界のトップブランドが作ったティラミスも登場します。

またベリッシモ流!自宅で簡単に作れる究極のクリスマスティラミスのレシピも大公開番組で大公開しています。

ベリッシモ・フランチェスコの結婚歴・経歴/クリスマスおすすめのティラミス(まとめ)

ハーフでイケメンのイタリア料理研究家、ベリッシモ・フランチェスコの結婚歴・経歴中心にプロフィールをまとめました。

イタリアと日本で1000種類以上のティラミスを賞味してきたベリッシモ・フランチェスコがクリスマスにおすすめするティラミスは日本の食材・味覚がブレンドされていた、マツコを驚愕させるものでした。

 

ベリッシモ・フランチェスコ ハーフでイケメンの女たらしエピソードとは?

タイトルとURLをコピーしました