アルゼンチン代表にタトゥーが多い理由はコレ!

スポーツ
アルゼンチン代表選手のタトゥー

ワールドカップのアルゼンチン代表チームにはタトゥーを入れている選手が多い。

これは本田圭佑が代表を務めた頃から変わっていない。

ファッションやおしゃれ、流行という見方もあるが、アルゼンチンの代表選手にタトゥーが多い理由を考えてみた。

アルゼンチン代表にタトゥーが多い理由はコレ!

タトゥーは本田圭佑が代表だったころからボディーアートとして流行していたし、首相メッシも体の複数にお個所に様々なタトゥーを刻んでいる。

他の選手にも見られるこの流行現象はファッションや芸術志向の感性からきている。

サッカーW杯カタール大会で頂点に立ったアルゼンチン代表の主将リオネル・メッシと優勝トロフィーの入れ墨を入れようと、首都ブエノスアイレスでファンが行列を成している。先日にはアンヘル・ファビアン・ディ・マリアが右脚にW杯のタトゥーを入れるなど、アルゼンチン代表メンバーのボディーアートに大勢のファンが刺激されている。

引用元:JIJI.com

アルゼンチンの代表選手のボディーアートは国民のアートとして広がりを見せている。

中でも最優秀選手に選出されたメッシのタトゥーは大人気で入れようという人が後を絶たない。

W杯優勝を狙うメッシ、体に刻んだタトゥーまとめ | Qoly | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA

MFアンヘル・ディ・マリアが、自身の右足にW杯トロフィーのタトゥーを入れ話題を呼んでから、他の代表選手たちの間にもブームとなっていった。

大会を終え、右足にW杯トロフィーのタトゥーを刻んだディ・マリアは自身の公式SNSで「永遠に肌の中に」と画像をアップし公開したことも流行に拍車をかけている。

今回の流行現象の理由は、ワールドカップ優勝の名誉を末永く残し楽しむためで、これは選手全体の共感を呼んだと言える。

36年ぶりの勝利でファンも選手も換気の頂点に達したアルゼンチン。トロフィーのタトゥーを施すことは自分たちのステータスを記録に残したいという強い想いとも考えられる。

これにファンも刺激されて国民的ブームになっている。

まとめ

ワールドカップのアルゼンチン代表にタトゥーが多い理由について分析してみた。

タイトルとURLをコピーしました