悪石島で地震多発は何故?いつまで続くかを調査!

ニュース

鹿児島 トカラ列島近海で地震が相次ぎ、悪石島では震度4レベルの地震が頻発しています。

震度1~3の地震は87回に及び、今後に対する不安は増すばかりです。

悪石島の状態多発の原因は何か、またいつまで続くのかの情報を調べてみた。

悪石島の地震多発は何故?

トカラ列島近海を震源とする地震が相次ぎ、震度1~3の地震は延べ90回に達しています。

トカラ列島近海では過去にも同じレベルの地震がつづいたことがあって過去のデータが参考になります。

鹿児島大学南西島弧地震火山観測所の仲谷幸浩特任教授によると、「この領域では、『トカラギャップ』と呼ばれる海底地形のくぼ地がおおむね東西に延びていると考えられている。

こうした境界があることで横ずれ断層型の地震がしばしば起きており、今回の地震活動もこの構造線を背景に起きている可能性がある」と指摘している。

悪石島の地震にはいつまで続く?

かつて2000年にマグニチュード5.9クラスの地震が続いたときの状況に似ている。

福岡管区気象台は、地震は数日間続く可能性があると予報している。

神々が集う島、悪石島ではこれまで津波に見舞われてはいないものの、今後の地震予報に注意が必要だ。

悪石島で地震多発の理由といつまで続くか?(まとめ)

悪石島で地震が多発する理由について、また今後いつまで続くかについて、現段階での情報をまとめた。

タイトルとURLをコピーしました