木嶋 真優って港区女子?インスタ画像とwiki経歴を調査!

エンタメ
木嶋 真優

有名なヴァイオリニストでありながらモデル並みの美しい容姿で魅了する木嶋 真優さんは、最近テレビにもよく出演する。

特にバラエティ番組では活躍していて、旦那さんとの結婚発表も『今夜くらべてみました』(日本テレビ)が発表の舞台となったことは印象的だった。

喋ることで活躍するようになったきっかけは「港区女子」とのかかわりが大きく関係しているといわれ、本人自身も港区女子ではないかと思われたりする。

木嶋 真優さんって港区女子なのかどうか調査し、インスタ画像とwiki経歴をまとめてみた。

木嶋 真優って港区女子?

港区女子ってどんな女性?

木嶋 真優さんが港区女子かどうかを論ずる前に、港区女子の一般的な定義づけを行って、港区女子のビジュアルなイメージをはっきりさせよう。

港区女子の一般的な説明で出てくるのはおよそこんな女性だ。夜な夜な東京都港区の高級な歓楽街(例えば、赤坂や六本木)、お金持ちの男性と高級レストランやナイトクラブ、豪華なホームパーティーを楽しむセレブな女性のこと。

そのことをインスタグラムなどのSNSで発信している女性で、自身も忙しいキャリアウーマンタイプが多いが、そうした夜の歓楽街へは寸暇をみつけて上手に遊びに行くフットワークの軽さを併せ持つ。

ほとんどが東京都港区に在住している、自身の持ち物や趣味へのこだわりや意識が高く、彼氏となる男性への要求水準が高い。

およそ、こんなイメージとなる。港区女子を扱った小説や漫画もたくさんあるので、そうした作品にふれるのもわかりやすくて良い。

木嶋 真優って港区女子?

さて、前述した港区女子の定義やイメージにあてはめると、果たして木嶋 真優さんは港区女子になるのだろうか?

まず、木嶋 真優さんの出身地は兵庫県神戸市で育ったのも神戸で、その後大学はドイツケルンの音楽大学へ行くことになるので、それだけみても東京都港区との接点はない。

木嶋 真優さんは、海外にいたときに東カレの港区女子の小説を読んだら新鮮ではまったという。また、帰国後に「港区会」の食事に呼ばれたことからお付き合いが始まり、1年間は港区女子を観察してきたという。


港区女子との接点ができたことで視野が広がり喋ることに関心が深まり、テレビ番組の出演にもつながっていく。

港区女子との付き合いを通じて。グルメにも関心をもち、高級レストランんにもいくようになった。

仕事の大切なツールであるヴァイオリンをはじめとして衣服にも持ち物にも高級な趣味が出てきており、その美貌と相俟って、木嶋 真優さんのライフスタイルや趣味は港区女子のイメージとよくマッチするようになった。

自身のおしゃれな衣服や豪華な食事風景などを良くインスタグラムに投稿するところも、港区女子の行動パターンにあてはまる。

木嶋 真優さんのイメージとライフスタイルは限りなく港区女子に近いが、港区女子そのものではない、といえば性格になると思う。

木嶋 真優のインスタ画像とwiki経歴

木嶋 真優のインスタ画像

木嶋 真優さんはヴァイオリニストとしての演奏も優れているが、テレビ映えし、インスタ映えする華やかさを持った人であることは、インスタに投稿された写真をみるとよくわかる。

木嶋 真優のwiki経歴

木嶋 真優(きしま まゆ)

1286年12月13日生まれ(34歳)

兵庫県神戸市生まれのヴァイオリニスト

3歳半からヴァイオリンを始めた。1998年、第52回全日本学生音楽コンクール大阪大会小学生の部で第1位を獲得

小林聖心女子学院小学校より、そのまま同中学校へ進んだ。中学2年の時に宝塚市立中学校に転入学。1999年、日本クラシック音楽コンクール全国大会で最高位

中学時代にカーネギーホールでの演奏も経験している。

2001年10月、ドイツのケルン音楽大学ヤングコースへ留学し、同大学教授であるブロンに師事した。平成14年度文化庁海外派遣研究員。

ケルン大学への留学後はヨーロッパ各地での演奏活動も多くなり、室内演奏者としても演奏活動を行っている。

現在は、本業としては室内楽での演奏活動や、後進の指導にも力を入れている。その一方、テレビ番組、特にバラエティ番組の出演機械も増えてきている。

まとめ

ヴァイオリニストの木嶋 真優さんを扱った記事である。木嶋 真優さんは港区女子なのかどうか、港区女子の定義づけにもふれながら調査し真相をまとめてみた。

また、木嶋 真優さんのインスタ画像やwiki経歴もまとめた。

タイトルとURLをコピーしました