ウエンツ瑛士のwikiプロフと経歴!英語はペラペラになった?

テレビ
ウエンツ瑛士

8月20日(木)日テレのダウンタウンDXにウエンツ瑛士がゲスト出演して、事務所に愛されている自分をテーマに近況を語る。

ここではウエンツ瑛士をよく知るためにwikiプロフと経歴をまとめ、また英語力が度々話題に上ってきたが現在は英語がペラペラになっているというのは本当かを調べてみた。

ウエンツ瑛士のwikiプロフと経歴

ウエンツ瑛士のwikiプロフ

イケメンであることからイケメン枠でゲストに呼ばれるウエンツ瑛士はイジられやすく誰とでも話を合わせられる貴重な才能でイジられ系イケメンキャラとしてバラエティ番組で活躍している、。

8月20日(木)も「事務所を愛して事務所に愛された男」という話題でダウンタウンDXへの出演が楽しみだ。

ウエンツ瑛士のwikiプロフをまとめみる。

ウエンツ瑛士はバラエティタレント、シンガーソングライター、俳優と活躍の分野は幅広い。

生年月日1985年10月8日生まれで34歳

東京都武蔵野市出身

身長170㎝ 血液型はO型

父はドイツ系アメリカ人、母は日本人のハーフ

最終学歴は日本大学櫻ヶ丘高等学校卒

映画に、テレビドラマ、アニメ、演劇と異色なジャンルで活躍しており、バラエティタレントという強みが生きてテレビのバラエティ番組からは引っ張りだこである。

ウエンツ瑛士の経歴

ウエンツ瑛士は4才のときからモデルとして芸能活動を開始している。

NHK教育テレビで「天才てれびくん」⇒「天才てれびくんワイド」にレギュラー出演

2001年日大櫻丘高校入学後、2002年にテレビドラマ「利家とまつ」で森蘭丸を演じた。

そしてこのころからバラエティ番組も出演するようになった。

俳優としてテレビドラマなどに出演する一方、小池徹平とのデュオ「WaT」として歌手活動も行っていたが、2016年解散。

2018年には演劇を学ぶ目的でイギリスに留学し、芸能活動は休止

2020年3月、1年半のブランクを経て「火曜サプライズ」で芸能界復帰

どんな芸人とも違和感なく絡み、そつなくトークを繰り広げるスキルでバラエティタレントとして活躍している。

ウエンツ瑛士が英語はペラペラになった?

ロンドンで舞台に立つ夢をかなえるため

以前から家族のなかでも英語を話せないのはウエンツ瑛士だけだと言われ、英語ができない、話せないということでイジられてきた本人自身が英語が話せないことを認めていた。

「英語を話せる遺伝子がどこにあるのかわからない」と言っていた。

しかし、そこから大きな変革をもたらしたのは「ロンドンのウェストエンドの舞台に立つ」という夢の実現だった。

2018年ロンドンに留学した ウエンツ瑛士はニューヨークのブロードウェイと並ぶミュージカルの本場で語学の壁と格闘しながら歌や演技の修行を行った。

ロンドン滞在中は演劇のレッスンに通う傍ら語学学校に通ったが、割り当てられたのは下から2番目のクラスでときには鬱になりそうになりながら勉強したという。

現地のスタッフとは細かいニュアンスの打合せができ、自身でも舞台に立って90分は話し通すスキルが求められることから、ネイティブと同じとまではいかなくても、イギリス留学前と比べたら別人のような英語力が身についたことは間違いない。

帰国後に分かったウエンツ瑛士の格段の英語力向上

帰国後、3月10日の「火曜サプライズ2時間スペシャル」(日テレ系)で、親交のあるヒロミがロンドンにいるウエンツ瑛士をサプライズ訪問した。

合流後、現地のレストランを巡る場面ではウエンツ瑛士が流ちょうな英語を話し、アポなしの取材交渉で店員とコミュニケーションを取る場面などが放送された。

ネット上でも、ウエンツ瑛士がハーフの顔にふさわしい英語力がついたのは間違いないという評価が出ていた。

まとめ

バラエティタレントとしてテレビで大活躍のウエンツ瑛士が8月20日(木)のダウンタウンDXに出演する。

ウエンツ瑛士を良く知るためのwikiプロフと経歴、英語はペラペラになったという話しは本当かなど、気になる話題をまとめてみた。

タイトルとURLをコピーしました