堤礼実の結婚相手は球界No1イケメン?神里和毅と自宅デート!

スポーツ
堤礼実アナ

フジテレビの堤礼実アナと球界No1のイケメンと評判の横浜DeNAベイスターズ神里和毅選手と自宅デートがフライデーで報じられた。

2人の交際が熱愛の段階なら、堤礼実アナの結婚相手は球界No1のイケメン選手となり久しぶりのビッグカップル誕生となり、神里和毅選手と自宅デートの真相を調べてみた。

堤礼実アナと神里和毅選手が自宅デート

フライデーの報道によると、8月24日の夜7時、横浜のベイエリアにあるマンション街の一角に高級車『レンジローバーヴェラール』が停まったのを発見したのが発端。

出てきたのは、フジテレビの堤礼実アナと横浜DeNAベイスターズ神里和毅選手だった。

神里和毅選手は先にマンションの部屋に向かい、堤礼実アナはスーパーで食料品を買ってから部屋に向かうと言った具合に時間差をつけていたが、一緒に「お泊り」したのは間違いないところ。

翌朝10:30頃再び姿を現した2人は、再び車に乗りこんだという一部始終を「目撃」されていた。

神里選手が試合前に堤礼実アナを自宅まで送り届けるところだったようである。

堤礼実アナの結婚相手は球界No1イケメンで決まり!

堤礼実アナと神里選手のプロフィール

堤礼実(つつみ れいみ) フジテレビアナウンサー

1993年11月23日生まれ(26歳) 163㎝ 血液型O型

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ生まれ(2歳半まで) その後は埼玉県志木市育ち

2016年フジテレビ入社

神里和毅(かみざと かずき) 横浜DeNAベイスターズ外野手

沖縄県出身 179㎝ 81㎏ 血液型A型

1994年1月17日生まれ(26歳)

沖縄県立糸満高校から中央大学に進学し、日本生命から横浜DeNAに入団した。

2017年入団で走攻守3拍子そろったレギュラーの外野手

球界No1のイケメンとして有名

フジテレビの女子アナと球界No1のイケメンのビッグカップル誕生か?

フライデーが報道し、2人の交際が既に結婚を前提とした「熱愛」まで達している根拠を、自宅デートの前からの2人の行動に沿ってフライデーが明らかいしている。

堤アナといえば、大妻女子大在学中にファッション誌『non-no』の読者モデルとして活動していた経歴を持つ美女。現在は『みんなのKEIBA』『めざましテレビ』などでキャスターを務め、フジテレビの次期エースアナウンサーとして期待されている。 一方の横浜DeNAベイスターズの神里は走攻守三拍子そろった外野手として、昨季は123試合に出場しブレイク。端正なルックスで〝ハマジョ〟たちを熱狂させるイケメン選手だ。 「二人は昨年夏ごろから交際をスタートさせました。同じブランドで礼実の『R』と和毅の『K』のイニシャルのネックレスをしているのを見たこともあります。神里選手は昨年11月に横須賀にあるベイスターズの寮を出て、いまのマンションに引っ越しました。それも、堤アナと過ごす時間を作るためではないでしょうか」(二人の知人) かつてはアナウンサーの結婚相手と言えば、プロ野球選手が定番だった。球界イチのイケメンとフジテレビエースアナ候補という、久々に誕生したビッグカップルに、事の真相を確かめるべく、後日、本誌はマンションから出てきた神里を直撃した。 ――昨年の夏からお付き合いされていると伺っていますが、交際は順調ですか。 「詳しくは球団を通してください」 ――結婚については考えていますか。 「それは……。すみません、ノーコメントでお願いします」 取材後、記者に一礼してマンションへと入っていった神里。この実直さに堤アナも惚ほれたのだろう。 後日、フジテレビにも事実関係を問い合わせたところ「プライベートに関しましては、お答えできません」との返答があった。 毎週のように神里選手の家にお泊まりしている堤アナの姿を見る限り、現在、二人は幸せいっぱいの様子。それぞれの仕事で期待される両者だけに、プライベートの充実をさらなる活躍につなげ頑張ってほしい。 9月4日発売の『FRIDAY』最新号では、自宅デートを繰り返す2人の様子を写真とともに詳報している。

          引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/329dd064eb3508cab1c67b0dd29c3444d9e276d6

まとめ

フジテレビの堤礼実アナと横浜DeNAベイスターズの神里和毅選手の自宅デートをフライデーが報じてから、2人のデートは一度きりではなく、何度も繰り返されていることも一緒に報じられた。

もし、交際が熱愛に達して結婚を前提としていれば、女子アナと球界No1のイケメンプロ野球選手の話題性あるビッグカップルの誕生となり、その可能性が高いことをまとめてみた。

タイトルとURLをコピーしました