中野正貴のプロフ・経歴と使用カメラは?結婚歴と子供は?〔情熱大陸〕

テレビ
中野正貴

9月27日(日)  23時15分~NHKのドキュメンタリー番組「情熱大陸」に個性豊かで素晴らしい実績をもつ写真家の中野正貴さんが出演する。

写真家としての実績と素晴らしい写真画像・景観は番組で堪能することにして、ここでは中野正貴さんのプロフ・経歴と使用カメラ、気になる結婚歴と子供についても調べてみた。

9月27日(日)「情熱大陸」を見逃すな!

中野正貴の名を一躍有名にしたのは、2000年に発表された「TOKYO NOBODY」だ。

文字通り誰もいない東京の街、水辺から見上げた東京。窓から見た生活の中にある東京を自分の感性だけでとり続けたのが、コロナ禍の影響で2020年に現実の光景になってしまった。

今年も汗だくになって取り続けた写真を通じて中野正貴さんが訴えたかったものは何か、見どころは尽きない。

「この中に風景を閉じ込める。そして、どこを見るかはその人に委ねる」

そのシャッターを切る瞬間の取材が中心だ。

中野正貴のプロフ・経歴と使用カメラは?

中野正貴のプロフ

中野正貴(なかの まさたか)

1955年8月2日生まれ(65歳)

1歳になった1956年からは東京在住

最終学歴は武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒 写真家、秋元茂に師事

都市を独自の視点でとらえた作風が定評の写真家

中野正貴の経歴と使用カメラは?

1980年独立 雑誌表紙、各種広告撮影を手掛ける

2001年 写真集「TOKYO NOBODY」で日本写真協会賞新人賞を受賞。
人の姿が全くない東京の風景が有名

2005年 写真集「東京窓景」で第30回木村伊兵衛写真賞を受賞。

2008年 「MY LOST AMERICA」でさがみはら写真賞を受賞。

2019年 東京都写真美術館で大型写真展「東京」を開催。

2020年 コロナ禍で人がいなくなった東京の風景を汗だくになって取り続けた。

使用カメラについては中野正貴さんのTwitterを引用する。

ちなみに2020年の無人の東京をとり続けたのもメインのデジカメではなく大型のカメラだった。

中野正貴の結婚歴と子供は?

ネット上で公開された情報中心に探したが、中野正貴さんが結婚歴をお持ちかどうか不明だった。

従って、現在も結婚されているか、お子さんがいるかについては、本人が情報を公開していないことが分かり、不明のままだった。

新しい情報が入り次第追記したい。

まとめ

人の姿が全くない東京の写真を20年前に予言者のように撮り続け発表した写真かの中野正貴さんが、奇しくも20年後の同じような東京の風景を夢中になって摂ることななった。

9月27日の「情熱大陸」で明らかになる中野正貴さんの仕事ぶりに対し、プロフ・経歴や使用カメラについて、結婚歴や子供などの個人的な情報を調べてみた。

タイトルとURLをコピーしました